うつ病の克服はできるけど・・・体験談で語る!考え方が・・・危ない抗うつ薬、向精神薬を飲んでいませんか?

 

「うつ病を克服するにはどうすればいい?」

うつ病に苦しむ人に共通の悩みですね。

 

ここでは、そんな方々に参考になる体験談をご紹介していきます。

 

大切なのはうつ病に対する考え方。

あなたは危ない抗うつ薬、向精神薬を飲んでいませんか?

それこそがうつ病を悪化させるということを知っていますか?

 

薬では治らない…では、どうすればうつ病が治るのか?

誰もが知りたい、うつ病の克服方法。以下でご紹介していきます。

 

 

うつ病の克服方法はどうやって?克服した人が語る!抗うつ薬に睡眠薬、増えていませんか?実は治らないで克服する期間が長くなるだけ!

 

 

うつ病に悩む人が一番知りたいこと…それはうつ病の克服方法です。

うつ病を克服した人の体験談をネットなどで見ることが多いですね。

共通しているのは、精神科で処方された抗うつ薬や睡眠薬を減薬し、

最終的には断薬していることです。

「抗うつ薬を飲み続けているけれど、うつ病は治っている」

なんていう人はひとりもいません。

 

現在、うつ病がますます悪化している…と悩んでいるあなた。

処方されている抗うつ薬、睡眠薬の量が増えていませんか?

症状が悪化しているからといって、

薬を増やすことは、うつ病を治すどころか、

うつ病を克服するまでの期間を長引かせるという

恐ろしい結果を生んでいるのです。

 

では、抗うつ薬や睡眠薬を飲むと、

なぜうつ病が悪化するのでしょうか?

それは、薬のメカニズムに原因があります。

 

抗うつ薬は脳内神経伝達物質のセロトニンを増やす薬です。

セロトニンを増やすと

「元気になり、ハイな状態になる」ことが知られています。

しかし長期間にわたってこうした状態を薬によって作り出していると、

神経そのものに致命的な悪影響を与えるのです。

「うつ病を作り出す」薬です。

「脳そのものにメスを入れる」作用がある薬なので、当然ですね。

 

睡眠薬として、日本で最も使われているのは、

ベンゾジアゼピン系睡眠薬 (向精神薬の一種)です。

中枢神経系を抑制する作用があります。「単純に眠れるようにする薬」ではありません。

「脳に直接働きかける強い薬、飲み過ぎると二度と覚醒しない薬」なのです。

中枢神経系を抑制するということは、

もともとの明るく快活な性格を落ち込みやすい性格に変えてしまうということ。

「うつ病を作り出す」のです。

 

今すぐ抗うつ薬と睡眠薬の服用をやめて、

薬なしで、うつ病を克服する方法を探しましょう。

その具体的なやり方について、以下で説明していきます。

 

 

うつ病を克服するには?きっかけは抗うつ薬が原因でうつ病になるのがわかること。克服する方法は薬なしで!家族の支えも!10代は学校になんかいくのをやめよう!通信制や高卒認定試験がある!

 

最近、高校生など若い世代で、うつ病に悩む人が増えてきています。

そんな若者たちがうつ病を克服するには、どうすればいいのでしょうか?

 

うつ状態に悩み、解決法を見つけられず、

やむを得ず精神科の病院に行く若者が多いですね。

精神科でうつ状態であることを話すと、

まず間違いなく「うつ病」と診断され、

「抗うつ薬」を処方されます。

この「抗うつ薬」こそが問題なのです。

「抗うつ薬」がうつ状態を悪化させるのです。

 

ここまでで説明してきた通り、

「抗うつ薬」は「うつ病」を悪化させる恐ろしい薬です。抗うつ薬が原因でうつ病になることを知ることが、うつ病を克服するきっかけとなります。

 

10代の若者にお勧めするうつ病を克服する方法。

それは「薬なしで、自分の周りの環境を変える」ことです。

もちろん家族の支えも必要になってきます。

 

高校生の場合、学校での嫌な出来事がきっかけで

うつ状態に陥ることが非常に多いです。

「自分に合った高校」に入学できなかった場合、

高校生活自体が苦痛になるケースが多いので、

家族はよく様子を観察して、話を聞いてあげなければなりません。

 

では、どうすればいいのか?

「嫌な学校に行くのはやめよう!」

これが一番の解決方法です。

定時制高校、通信制高校などに転校するという手段があります。

家から出たくないという場合は、自宅で勉強して、

高卒認定試験を受験してもいいですね。

 

うつ病に悩む高校生の中には

「人間関係には問題がないけれど、とにかく朝起きられない」

という人がいます。

そういったタイプの高校生には、

定時制高校への転校がお勧めです。

定時制高校の生徒は、年齢もバラバラ、

昼間は働いてそのお金で

なんとか高校に通っているという苦学生も多く、

誰かを差別しようとかいじめようという雰囲気が全くありません。

良い意味で皆自立しています。

毎日の登校が苦にならない人にはお勧めです。

 

通信制高校への転校もお勧めですね。

普段は家で勉強し、

ごくたまにスクーリングのために登校するという生活になります。

中には自由参加の部活動が盛んな高校もあるようです。

通信制高校の生徒にきいたところ、

不思議なもので

「スクーリングのために登校するのが、とても楽しみ」

なのだそうです。

いつも家にいると、人と会いたくなるようですね。

身体を動かす機会が少ないので、

運動系の部活動で、仲間と楽しく汗を流すことを楽しんでいる生徒も、

非常に多いようですよ。

 

いっさい家から出たくない場合は「高卒認定試験」の合格を目指し、

自宅で勉強することをお勧めします。

まったくの独学は難しいですから、

通信教育などの利用をお勧めします。

「高卒認定試験」合格後は、

ぜひ大学受験にチャレンジしてみてください。

大学での学びは厳しいですが、自由度が高く、

人間関係に悩まされることは少ないです。

就職よりは大学進学を考える方が良いでしょう。

 

 

うつ病の克服をすると強くなる!克服したいなら克服の仕方を変えよう!まずは考え方を変えよう!うつ病は自力で治るものなのです!克服後に結婚もできる!

 

「うつ病を克服すると強くなる」

うつ病を克服した人は皆、口を揃えてこう言います。

うつ病を克服すると、人としての魅力が増すのです。

一度落ちるところまで落ちてから復活を遂げたうつ経験者は、

うつに悩んだ時期に、物事の本質と向き合っているのです。

あらゆる物事を自分の言葉で語れるうつ経験者は、とても強いです。

 

もしうつ病を克服したいなら、克服の仕方を変えなければなりません。

まずは考え方を変えること。

うつ病は「抗うつ薬」で治すものではありません。

「自力で」治すものなのです。

うつ病だからと恋人との結婚を躊躇していませんか?

うつ病克服後、結婚することも十分可能なのです。

 

以下で、うつ病の克服の仕方について、説明していきます。

 

最も効果的なうつ病の克服方法は

「職場、学校などから離れて、家で休養すること」です。

簡単なようで、特に成人にとっては難しいことです。

うつ病患者自身が家計を支える立場の場合、

収入が無くなるのは、生死にかかわる問題ですね。

できれば1年間、家族に代わりに働いてもらうか、

貯金を取り崩して生活することをお勧めします。

その際大切なのは

「家族は患者を責めないこと。患者は自分自身を責めないこと。

小さなことでも進歩があれば、患者は自分自身をほめること」

です。

 

難しいことですが、これができれば、うつ病を克服することができます。

 

具体的には何をやればいいのか?

まず、規則正しい生活を送ること。

うつ病患者には難しいですが、

必ず朝決まった時間に起きること。

起きたら必ず日の光を浴びましょう。

うつ病を治す効果があります。

日中部屋でゴロゴロしていたら、夜眠れないし、

朝は寝不足で起きられないですよね。

日中は、気が進まなくても、

軽い運動をして、

心地よい疲れを感じるようにしましょう。

 

できないですか?

「抗うつ薬」なしで「うつ病」を治したいですよね?

少々心身に負荷がかかっても、

うつ病克服のための大切なプロセスです。

まずは一歩踏み出してみましょう。

 

 

まとめ

 

「うつ病を克服したい!」

これはすべてのうつ病患者の願いです。

 

抗うつ薬や睡眠薬の服用がうつ病を悪化させることが、

広く知られています。

うつ病を克服するには、薬を飲むのをやめ、自分自身の力で治す必要があります。

 

「環境を変えること」

これが一番です。

高校生であれば、定時制高校や通信制高校に転校する。

社会人であれば、今の職場から離れ、家で休養する。

うつ病の原因である環境から離れることが、一番の治療なのです。

 

患者は自分自身を責めずにほめるようにする、

規則正しい生活を送る、軽い運動を習慣にして夜眠れるよう努力する。

これもとても大切なことです。

 

うつ病は、自分自身の努力で必ず克服できる病気です。

あきらめず、病気と向かい合っていきましょう。