うつ病で言葉が出てこない。言葉がけは?薬物依存症で。

うつ病で言葉が出てこないのは薬害のひとつです。
抗うつ薬など向精神薬は麻薬と成分が同じです。

だからうつ病といった依存症になり
周囲からの言葉かけがあっても
言葉が出てこない。

元もとは?
気分が悪い。
ふさぎ込んでいる。
やる気がない。
疲れた。

こうしたのはストレスや疲労が溜まっていき
そしてでてくる嫌な感情です。

うつ病で言葉が出てこないのは治療が進んでいくとなります。

物忘れがひどいのも。

 

うつ病で言葉が出てこない。言葉がけは?詐欺にあってから始まる。

うつ病で言葉が出てこないのは詐欺にあっているからです。

ここで自分の抱えているさまざまな問題を直す(治す)

 

しかしすぐに解決したいと思ってしまう弱さ。

 

しかし精神科・心療内科のサイトやブログ
チェックリストをしてしまった。

うつ病かもしれない?

そして不安を煽られていった

精神科・心療内科で治るいわれて

そしたら薬物でらりって
気分が一時的にはよくても。

次には体に耐性ができる。

ヤクがきれる。

 

気分が低下する。

うつ病の発症。

 

うつ病の原因はこうした治る詐欺です。

言葉が出てこないのもです。

 

一度は薬害だと自覚をすることがあっても

その後もクスリを飲み続けている人たちがいますが。

薬物の過剰摂取で死亡していきました。

早死にでした。

 

うつ病で言葉が出てこない。言葉がけは?状況はらりって悪化へ。

周囲にしてみれば

 

うつ病の人か・・言葉の贈り物で何がいいのだろうか?
うつ病に言ってはいけない言葉か?
悩む。わからない。

 

うつ病という人への言葉のかけ方で困る。

 

しかし言われるほうにすれば

 

・うつ病だから言葉が理解できない。

・うつ病だから言葉がでない。

・うつ病で言葉を忘れる。

・うつ病で考えを言葉にできない。

 

こうした症状は
薬物依存症に陥っているからです。

 

精神科医に
うつ病で言葉が出てこないことを相談すると

 

「症状が進行しました。」

 

これでクスリの追加。
強さがさらに強い薬への変更。

しかし禁断症状がまたでます。

 

うつ病で言葉が出てこない。言葉がけは?無意識にやってしまう。

うつ病で言葉が出てこないのに加えて。

不安感が強い。
不安症
不安障害
パニック障害

の併発。

 

考えを言葉にできない状態にもなります。

被害妄想が強くなります。

他の人は励ますつもりでかけた言葉がけで

言葉の暴力をうけたと思ってしまうのです。

 

またこうした状況に陥ってしまうと
人は自分はかわいそうだから。
不幸だからといっては
アピールをして認めてもらおうとします。

 

そしてうつ病という人に言葉をかけると
傷ついたと言い出すのです。

急に暴れる、暴力をふるう、叫ぶなど。
無意識にしてしまう。
したのを覚えていない。

 

こういったのは薬物依存症に陥っているからです。

脳にダメージを負い。

認知症やパーキンソン病にもなります。

 

精神科医はうつ病という名称を用いて
言葉が出てこないのもうつ病として。

便利なのです。
何かあればうつ病。
言葉が出てこないのもうつ病。
精神疾患とすればいいのです。

 

こうしたクズたちとかかわるのはやめましょう。

 

まとめ うつ病で言葉が出てこない。言葉がけは?

完治は可能です。

 

周囲が間違えるのに

 

「鬱病だから言葉遣いがおかしい。」

これは

「薬物依存症だから言葉遣いがおかしい。」

 

周囲の人たちも大変なはずです。

もちろん被害者の本人もです。
うつ病も言葉が出てこないのも大変で辛いことです。

 

周囲はよく言われている
うつ病の人にしてはいけないことの一覧は無視することです。

 

薬害でうつ病を作り薬を売るだけのクズ話です。

 

うつ病という人への言葉のかけ方は
本人が薬物依存症に陥っていることを
自覚するようにすることです。

 

何度も言葉がけをしても、本人が理解できない。
この場合は多少きつく言うことがあっても仕方がありません。

 

自覚をすることが第一歩です。

そして実際にうつ病が治る方法を実行する。