うつ病で攻撃的。薬で。

うつ病で攻撃的なのは抗うつ薬(抗うつ剤)が原因です。
うつ病も抗うつ薬で発症します。
精神医療は詐欺なのです。

抗うつ薬の成分は覚せい剤・麻薬と同じものです。

ニュースで有名人が逮捕されるのをわたしは知ることがあります。
同じもので、同じ状態です。

うつ病とっても症状の出方が人ぞれによって違います。
うつ病で攻撃的な人も含まれますが
これは白い粉の常用者と同じです。

 

うつ病で攻撃的。精神病はつくられた病気。

攻撃的になる人もいれば
ふらふらになっている人もいます。
寝たきりになったり。
言葉がでなくなったり。
よだれを垂らしていたり。

薬物の依存症です。

仮面うつ病や未熟型という呼び方もそうです。
頭がらりっておかしくなるからです。
うつ病で攻撃的になるのです。

 

精神科医はそういった頭がおかしくなるのをしておいて

そうした被害を出したのに名前をつけているのです。

精神科・心療内科の受診前、治療前は
ストレスで疲れているといいましても
これは病気ではないです。
ネガティブ感情です。
精神病はつくられた病気で薬を売るだけのためにあるのです。

 

うつ病で攻撃的。差別や偏見があるのも仕方がない。

周囲の人たちも誤解をしています。
精神病で体調が悪いのではありません。
薬物中毒者です。
精神病や精神病障害に
差別や偏見があるのもあっても仕方がないことです。

 

誰でもが覚せい剤・麻薬をしている人とかかわりたくはありません。

就職ができない、仕事がない。
当たり前です。
こうした精神科医や臨床心理士と決別。
薬もやめる、断薬をする。
完治をする。
こうしないと誰にも相手にされません。
白い粉をした人が社会復帰をしても周囲は迷惑です。

それに急に暴れる、叫ぶ、暴力をふるう。
うつ病で攻撃的になる。

事件を起こす。

危険です。

完全に完治をして治った後です。
人生をやり直すのは。

 

うつ病と攻撃的な発言の関係は薬害です。

 

うつ病で攻撃的。接し方は慎重に。

接し方でどうしたらいいのか?

メールで距離をとりながら
本人が行動をするのか?
自覚をする段階が過ぎて。
実際にしているのか?

精神科医や臨床心理士や
職員たちのことを
先生と呼ばずにクズと話しているのか?

対応をするといっても無条件に
すればいいわけではありません。

 

かえって支援する考えがある人が危害を受けてしまうのです。

 

高齢者の被害者も多いです。
中高年に
子供もです。
学生、中学生、高校生、大学生
小学生に幼稚園児までも。

鬱病といっては攻撃的で態度がおかしい。
攻撃的になる。
廃人。
危ない人。
対処法ではサポートは
あくまでも本人が自覚をするのがあってからです。

そうしないと大変なことになる危険もあります。
巻き込まれてしまうのです。

自分も精神科医や臨床心理士に騙されてしまい
大変な目にあいました。
精神科・心療内科でみてきたことには
ひとつには
他人に攻撃的な人たち。
病気といっては朝からだらけている。

コンビニでケーキ、ジュースを買ってきては毎日食べている。
お金は生活保護費から。

イライラしては文句をいう。
なにかといえばうつ病だからというだけで。
病気だから休むのが仕事だからと言い訳の数々。
そして攻撃的。

双極性障害といってはおかしな行動をする。
うつ病の治療でイライラが止まらないのも
薬害です。
そして自分自身にもある問題も。

 

まとめ うつ病で攻撃的。

新型うつもやらせです。
まずはこうした精神病である、病気だということを
忘れることです。
存在しないのです。
そして実際に行動をするのか?
薬の過剰摂取で死亡するか
早死にするか
死ぬかです。