交際をうつ病の人とどうするべきか?麻薬をしている相手と。

交際する相手がうつ病だった。
しかしその交際をするうつ病をもつという相手は麻薬をしています。
あなたは知らないで交際をしています。
驚くのも無理はありません。
精神科医の治療というのは覚せい剤・麻薬を向精神薬として
処方するだけのクズなのです。
交際の相手は知らずにうつ病だと思い込まされて
覚せい剤・麻薬を飲み続けています。
精神病患者、精神病障害者とはないものです。
精神科医や臨床心理士の自己満足、金儲け、
薬を売るだけのためにつくられたものです。

 

交際をうつ病の人とどうするべきか?気分がすっきりとしないに「白い粉」。

最初に気分がすっきりとしない。
そこで精神科・心療内科の受診をすると。

気分がよくない。
気分の低下。
やる気がでない。
憂鬱だ。

 

ここまでは私たち誰にでもあることです。
何かあれば辛いですよね?
感情です。

これはこれで問題をなくすとなくなります。

 

そこで覚せい剤・麻薬の抗うつ薬など向精神薬で
気分を上げる、ハイにするのです。

次には体に耐性ができてきかなくなります。

ヤクがきれるのです。

そしてダウンしますよね?
気分のさらなる低下。

ここでうつ病というものの発症をします。

 

しかも覚せい剤・麻薬でありますから
薬物依存症にもなります。

そうしたことがあります。

自分の反省もこめて伝えています。

 

うつ病の人と交際をするには悩むものです。

 

交際をうつ病の人とどうするべきか?粉の使用者。

うつ病の彼氏と交際をしている。
うつ病の彼女と交際をしている。

 

うつ病の彼氏と別れたほうがいいのか?
うつ病の彼女と別れたほうがいいのか?

 

そうとは限らないです。

 

交際の相手がうつ病だからと思い込んでいますので
薬物依存症だと自覚をさせることです。

 

そしてわたしたちが辛いと思うのは
問題があるからです。

依存症とは別に

問題をなくす必要があります。

 

交際をうつ病の人とどうするべきか?らりっているので理解できないのが当たり前。

他には

 

「うつ病の彼女と連絡するけど・・・
うつ病やパニック障害の併発をしている彼女と交際がめんどくさい。
疲れた。
不安症、不安障害の併発もあって理解できない。」

 

交際をするうつ病のパートナーとの接し方がわからない。

 

交際するうつ病のパートナーをわからないのが当たり前です。

 

薬物中毒者を理解できる人はいません。

 

交際者がうつ病。
白い粉の所持者は
何をするのかわからない
危ない。

警察が逮捕をしますよね?

 

同じなのです。

危険な「白い粉」でらりっているのです。

 

交際をうつ病の人とどうするべきか?詐欺の被害には・・・

一方で

うつ病で恋愛ができない。

うつ病?薬物の抗うつ薬での症状の影響は
大変深刻です。

こうしたこと、考え方や思考能力、
感情、身体機能の低下など。
ヤクでなることです。

 

そして不安症、不安障害の併発も精神科医が原因です。

そこには臨床心理士も共犯者です。

よき理解者のふりをしては
高い支払いの請求をする。
精神科医、クスリへの誘導。
実際には何もできない。わからない。

あなたと同じ経験を臨床心理士もしていません。
傲慢なだけです。

お金の無駄遣いです。

いくら支払いをしましたか?
こうしたクズたちに?
保険適用の分も含めて?

ほんとうに悪質です。

こうした犯罪者にかかわっていると

恋愛ができないのです。

 

向精神薬漬けでヤク漬けで
自信を失う。

体調の悪化。
見た目もひどくなる。
太る、痩せる。
うまく考えられない。
行動もおかしい。
など。

 

交際をうつ病の人とどうするべきか?どうするべきか?

あなたの交際をしている相手がうつ病といっている。
どうするべきか?

交際をしている相手にうつ病はないこと。作り話。
薬物依存症なのを伝える。

 

交際をしている相手にうつ病を治す詐欺にあっていると

自覚をさせる。
治る方法が発病、悪化を続ける原因。

 

交際をしている相手が理解をしたらできることもあります。

 

交際をしている相手に説明をした後には
うつ病というのはないのが

ほんとうにわかったのかを
メールで確認をする。

そのあいだは距離をあけます。

ここで変に交際の相手に会うと
相手は嬉しいと思ってしまいます。

 

これは一見いいように思うでしょうが

薬物をしているのを肯定してもらった!

と交際の相手が思ってしまうことになります。

 

甘えを助長する、肯定をすることになってしまいます。

 

行動を実際に始めるのか?
行動をして真剣に死ぬ気で取り組んでいるのか?

そうしたのを確認をしてからなら
支援することもできます。

 

まとめ 交際をうつ病の人とどうするべきか?

うつ病という人との交際。
難しい問題です。
現実問題では
多くの場合はそのままクスリに溺れることが多いです。
そして早死にします。死亡します。

また周囲を巻き込んでしまい
迷惑をかけます。

 

だらしがなく甘えている場合は

交際をしている本人は言い訳を繰り返す。

 

例えば

自分は病気だから。
うつ病だから。
統合失調症だから。
精神病だから。
自分はかわいそうだ。
社会が悪いから。
不幸だから。
自分は被害者だから。

だから周囲が自分に援助をするのは当たり前。

 

このままの状態の場合は
付き合うのをやめて別れることをおすすめします。

 

薬物の使用者が危ないのは周知の事実です。

 

うつ病という彼氏と交際するのは

 

本人が努力をして治った、
完治をした後に。

 

交際を始めて付き合うのが本当はいいです。