抗うつ薬は麻薬。うつ病で薬は飲まないのが正しいこと。

うつ病になる理由は抗うつ薬を飲み続けているから。

成分は覚せい剤・麻薬。

わたしたちは騙されているのです。

 

当然ながら飲まないのが常識です。

 

 

うつ病にまつわる話で

多数の被害者が出続けている。

 

 

僕ももう少しで

 

うつ病というつくられた話で

 

終わるところだった。

 

 

薬は飲まないこと。

 

鬱病とは薬物依存症。

 

 

原因は別にあります。

 

 

 

うつ病とは薬物依存症。薬は誰も飲まないもの。

あれはうつ病もそうだったが

 

すべてを完治をしたあとだった。

 

 

仲間たちも一発で自覚をした。

 

 

僕の状態を見ては

 

 

「どうやったの??」

 

「治す方法があるの?」

 

 

 

彼らも薬は飲まないのが正しいとわかり

 

 

うつ病というのもだが

 

 

元々からあるのも治った。

 

 

 

劇薬のあの薬は飲まない方がいいのは当たり前。

 

 

うつ病とは薬物依存症。

 

 

一方で

彼らにも

 

僕もだが治す方法で元気になった

仲間たちも

 

 

彼らにうつ病は

 

やらせで薬は飲まないように

 

治すには別の方法があると

 

 

説明をした。

 

 

しかしわかったのが

 

 

手遅れだったこと。

 

 

もう精神科医や

 

臨床心理士のカウンセリングに

 

依存していた。

 

洗脳されていた。

 

 

 

精神科・心療内科から出られないのは

 

 

つくりだされたもの。

 

 

彼らはもう終わった。

 

 

 

うつ病で薬を飲まないとどうなる?それが常識。

 

らりっているのを治すには

 

薬を飲まないで治すのが普通のこと。

 

 

 

よくニュースになる

 

芸能人や有名人がこれで

 

逮捕をされる。

 

 

 

彼らも飲まないで

 

治すことをしている。

 

 

少しでも飲めば。

 

大変なことになってしまう。

 

 

警察にもある

 

心も体もボロボロになる。

 

そのものがうつ病。

 

 

 

依存症のうつ病は薬を飲まないで治すもの。そして別に原因がある。

 

僕らは

 

彼らについてはあきらめた。

 

 

結局はほとんどの人たちは

 

 

うつ病は

 

薬を飲まないで治すものと話しても

 

 

 

うつ病だから

 

薬を飲まないなんて論外と言っていた。

 

 

文句を言ってきたり

 

急に叫ぶことや暴れることもあった。

 

 

 

わがままで

 

甘えそのもの。

 

 

うつ病とは

 

薬物依存症の症状そのもの。

 

 

 

薬は飲まないことを

 

もう理解できない状態だった。

 

 

こうして

 

あのまま終わりとなった。

 

 

 

うつ病や精神疾患の

 

生存率は低い。

 

 

理由は

 

 

完治をする方法があっても

 

実際に行動をすることがないから。

 

 

 

そのままお金がないからなど

 

言い訳をしてはさぼる。

 

 

楽にやりたいとか

 

誰かにしてもらいたいなど。

 

 

そしてうつ病だからと言っては

 

 

精神科・心療内科

 

臨床心理士のカウンセリングには

 

高い支払いをしている。

 

 

そして薬は飲まないのが普通なのに

 

飲み続けている。

 

 

 

今では仲間たちは

 

仕事をして元気そのもの。

 

結婚もして。

 

 

ここでうつ病はないもので

 

元々あるのは

 

別に理由があるのがわかる。

 

 

そして行動をする。

 

この違いで。