うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいい。覚せい剤だから。

うつ病を治すのに薬は飲まない方がいいです。
抗うつ薬などは向精神薬の成分は覚せい剤・麻薬そのものです。
うつ病で薬を飲まない方がいいのはあきらかです。
そしてうつ病の発病する原因も抗うつ薬だからです。

正しくはうつ病は薬を飲まずに治すものです。

うつ病というと何か体が不調だからと思ってしまいます。
これはそもそもは何か問題があるからですよね?
そういった私たちにそれぞれが抱えているからくる
ストレスであり問題があるのを知らせているのです。
ネガティブな感情です。

 

ここで通常するのは問題があるから

取り組んでなくすことですよね?
そうするともんだいがなくなり
嫌な感情もなくなります。
うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいのです。

 

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいい。らりってもよくならない。

一時的にらりって忘れても関係がないのです。

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいのです。
うつ病で薬をやめたら治ったという話は
薬物に手を出すと最初はハイになっても
ヤクがきれます
気分が落ちます。
うつ病になります。

 

その後はこうしたクズ話で大変なことになります。
お金の無駄遣いでは済まないのです。
うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいのも無視していると
廃人にもなり。

 

そうなのです。
禁断症状のことです。
うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいというよりも
必須です。

 

もともとある課題に加えて
薬物依存症も治す必要があるのです。

しかしこれでわかるのは
断薬をすれば治ることではないです。

断薬だけでは治らないのです。

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいといっても
それだけでは治らないです。

 

うつ病は薬は飲まない方がいいのがわかったら?

 

精神科医に騙されてしまって
薬に手を出してしまった。

その前から抱えている問題、課題の数々があります。

 

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいのは当然で

むしろこっちのほうを直す、治すのが大事です。

 

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいい。らりっても頭がおかしくなるだけ。

うつ病の薬の副作用は薬害です。
覚せい剤なのでいいことは何もないです。

精神科の薬を飲みたくないのが常識です。

うつ病の薬をやめることは必要です。

らりっても頭がおかしくなるだけです。

 

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいのは確かです。

うつは薬じゃ治らないのです。

抗うつ薬・抗うつ剤は効かないのです。

 

抗うつ剤を普通の人が飲むと薬物依存症になるだけです。

精神薬を勝手にやめる気持ちもわかります。
しかしクスリをやめるだけでは治らないのです。

健康な人が抗うつ剤を飲んだら人生が台無しになる。

 

まとめ うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいい。

これが精神科医もですが
臨床心理士も精神科・心療内科の職員たちがクスリ
治るためと誘導します。

さらにやっかいなのがわかっていないで
そういうマニュアルだからしている
悪魔に魂を売り渡したと思ってもすらもいないのです。

 

うつ病で抗うつ薬は飲まない方がいいというより
やめるのが必要なのです。
うつ病は禁断症状です。
そして元々ある問題の数々も直す、治す。

 

うつ病は薬は飲まない方がいいのがわかったら?