うつ病は依存症。原因は別。薬を飲まないとどうなるのか?

抗うつ薬など向精神薬は麻薬。

 

精神科・心療内科でするのは

 

らりっている状態をつくりだすこと。

 

当然ながら治療といえるものではない。

 

 

薬を飲まないとどうなるのか?

 

むしろそれがうつ病には必要なこと。

 

 

僕も反省をした。

 

 

今思うとあきらかにあれだった。

 

 

薬を飲まないとどうなるのか?

 

依存症を治すには

 

飲まないのが正しいこと。

 

 

 

そして完治をして再び

 

他の患者たちを見ると

 

やはり薬物依存症そのものだった。

 

 

うつ病の症状は依存症。

 

原因は別にあった。

 

 

 

誤解がある話。うつ病は薬をやめたら治った説。

 

うつ病は薬じゃ治らないのは常識。

 

らりって治るわけがない。

 

薬を飲まないとどうなるのか知りたくて

 

ここで間違いをしてしまうことが多い。

 

 

 

薬を飲まないとどうなるかで相談しに

 

精神の病院やクリニックの受診をすると

 

当然ながら否定されてしまう。

 

 

 

実際のところ精神科医はわからないで

 

マニュアルに沿ってしているだけ。

 

 

症状が続くことになる。

 

 

 

しかし

 

うつ病は薬をやめたら治ったといった話

 

これも間違いがある。

 

 

薬でなるのは依存症。

 

 

たしかにうつ病は薬をやめると治る。

 

しかしうつ病の以前からあること。

 

 

これはまた別の問題。

 

この誤解がある。

 

 

 

うつ病は薬をやめるのが必須。効かないのが常識。効果は副作用。

 

うつ病は薬をやめると治る。

 

薬を飲まないとどうなるのかでいえばそうなる。

 

 

しかし。

 

それでいいと思ってしまうのは

 

大変危険なこと。

 

 

ついつい楽にしたい。

 

一瞬で治す方法が欲しいなど。

 

サボりたくなる。

 

 

 

僕もうそうだったし

 

仲間たちも

 

 

今思えば

 

だらしがなかった。

 

うつ病だからと言い訳ばかりをしていて。

 

 

 

ここでそういった甘えをすてて

 

必死に取り組む。

 

 

彼らも治った後に言っていたのは

 

 

「もう薬は飲みたくない。」

 

「もううつ病という詐欺話にはこりごりだ。」

 

 

 

うつ病の薬は効かないといえる。

 

 

効果は副作用そのもの。

 

 

 

軽いうつ病もあれ。そして抗うつ薬で症状が進行していく。

 

僕らは彼らにも説明をした。

 

治るには

 

精神科医や

 

臨床心理士のカウンセリング

 

をやめることを。

 

 

彼らはたまに

 

「うつ病の薬を飲まないとどうなるのだろうか?」

 

「でも先生が飲み続けるように言うから。」

 

「職員たちも安全なおクスリだからと言うから。」

 

 

こうしたことを言っていた時もあった。

 

 

しかしわかったのは

 

口だけだった。

 

 

 

結局は文句ばかりいってきて

 

急に叫ぶものまでいた。

 

 

僕らは自覚した。

 

 

「手遅れなのを。」

 

 

 

最初に受診をして

 

精神科医の抗うつ薬で軽いうつ病になる。

 

そのまま飲み続けていると

 

症状が進行していく。

 

 

そして共犯者が臨床心理士のカウンセリング。

 

 

薬をすすめる役割を担っている。

 

 

最初はまだ

 

うつ病はいいほうなので

 

 

薬を飲み忘れてもいいのが

 

うつ病が進み。

 

 

飲まないと我慢ができないで

 

飲まずにいられないことになる。

 

 

麻薬の常用者そのもの。

 

 

 

うつ病の薬は睡眠薬も睡眠導入剤も同じ成分で

 

健康な人が抗うつ剤を飲んだらなるあれそのもの。

 

 

ニュースになる

 

芸能人や有名人が手に染めてしまったもの。

 

 

これがうつ病。

 

 

これとは理由は別にある。

 

 

治す方法も変わる。