うつ病の休職の期間。抗うつ薬は「白い粉」。復帰ができない詐欺そのもの。

うつ病の治療といっては「白い粉」の抗うつ薬を
売るだけなのが精神科医です。

わたしたちは薬害にあっているのです。

騙されています。

 

これで休職をして復帰ができない状態にされます。

原因は別にあります。

あなたもすでにわかっているはずです。

うつ病で休職の期間の目安も

 

話が違う事実に気づいていることを。

 

うつ病は自作自演である。

 

 

給料がなくなった。無職。過ごし方に間違いがあった。目安はでたらめ。

 

うつ病といわれて治療。

治るというので

信じていたら退職になった。

 

給料がなくなり収入が入らなくなった。

 

 

うつ病というのは

 

薬害。

 

 

現実問題で収入のことがありますよね?

 

休職中であれば休職手当を得ましょう。

 

 

 

治る方法が間違っていたので

 

期間が長くなってしまいましたが。

 

うつ病で休職をしたけどいつから働けるのか?

 

 

「うつ病の休職期間の目安なんかでたらめなのでは?」

 

その通りです。

 

うつ病で休職をするのに診断書の提出をしても

 

毎回毎回、精神科・心療内科は

 

いうことは決まっている他人事で。

 

 

「休むのが大事です。」

 

「働いてはいけません」

 

「治療が必要です。」

 

 

でも治らないのだが?

 

 

 

傷病手当に退職。診断書でお金が・・・

 

うつ病という詐欺話で傷病手当。

当時はどうしようもなかった。

 

 

あなたにもこうした被害があるだろう。

 

診断書でお金がなくなる。

 

高い請求ばかりで。

 

しまいにはうつ病で退職。

 

 

休職をしても

 

結局は治らない。

 

 

こうした被害者が多かった。

 

 

自分はもういいやと思って退職勧奨をうけいれた。

 

給料もでないことになるが。

 

体調が悪くなるだけだった。

 

しかし今となっては健康そのもの。

 

 

仲間たちも大変だったが復活を果たした。

 

 

 

うつ病で休職を繰り返す。休職中の平均の期間といった話はないもの。

 

うつ病で休職を繰り返す。

 

そして無職になった。

 

クズたちデイケアも治るのにと言っていたが

 

 

これで治るのか?

 

疑問だらけ。

 

でもほとんど強制的に

 

うつ病で休職を命令された感じ。

 

うつ病だろうが

 

生活費のこともあるので休職したくないのも

 

公的な支援を受けましょうで終わり。

 

 

 

仲間たちも

休職中のひどいことになった。

 

 

平均の期間という話も

 

実際にはないことだった。