鬱の休職の期間にすべき事とは?過ごし方は?診断書で休職手当のお金を受給しつつ転職活動をして退職を。復帰をしてもゴミ扱い。

鬱の休職の期間にはすべき事があります。
過ごし方は大事です。

診断書を使い休職手当のお金を受給をしている場合は
転職活動を同時にすることをおすすめします。
そして退職をして。
一度うつ病や統合失調症、精神病になると復帰をしてもゴミ扱いです。
その状況では仕事をしても
腫れもの扱いされるだけです。

これではつまらないです。

うつ病や統合失調症などの精神病は
抗うつ薬などの向精神薬で発病します。

原因は精神科医と心理カウンセラーの治療です。

 

鬱の休職の期間にすべき事とは?過ごし方は?診断書で休職手当のお金を受給しつつ転職活動をして退職を。

 

鬱での休職の期間。
この期間にすべき事は転職活動がおすすめです。
過ごし方は大事です。

診断書で休職手当のお金を受給して病人ということに書類上はしておき
治す。そのまま転職活動をして退職をおすすめします。

すでに休職届を会社に出している場合は

会社への復帰をしても
長くは続きません。

一度
精神科医や心理カウンセラーに騙されてしまい
毒の「劇」の抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬で
うつ病やら統合失調症、精神病の発病をします。

会社やらでのストレス。

これはストレスになる原因があるからです。

そこに「劇」の抗うつ薬や向精神薬を飲み続けても

まったく関係がありません。

おまけにおかしなレッテルを病名をつけられて

まわりからはゴミ扱いとなります。

体調が悪いとどうしようもないのですが
うつ病で会社を休む時は
結局は、嫌な方法で仕方がなく連絡してしまいます。
ほんとうは休みたくはないのに。

そうすると解雇をされることにもなってしまいます。
休む理由もどうしようもないのでてきとうになってしまいます。
会社にしてみたら、おかしい人扱いになり
そうこうしていると休むのを伝えるのも嫌になってしまいます。

そうして行けないでいると対応として手当をうけとって休職をしても
一時的にしかなりませんので退職に追い込まれてしまいます。

この状態だと行きたくないので復帰はできないで会社を退職することになってしまいます。
また一時的に一週間の間を休むとしても
かえってなさけなくなってうつになります。

 

こうした原因は実は
精神科医です。
精神科医のクスリが原因です。

 

仕事に復帰をしてもゴミ扱い。

 

休職後に仕事に復帰をしてもゴミ扱いとなります。
腫れもの扱い。
邪魔扱いです。

口ではいいことを言われますが
実態は違います。

一度病名がついて
うつ病だから
統合失調症だから
精神病だから

頭がおかしい人。

偏見があります。

これは誤解からです。

精神科医の抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬で
「劇」なので頭がおかしくなるのです。

これは弱っているところを騙されてしまって
精神科医はまったく関係のない抗うつ薬、向精神薬、睡眠薬の処方をします。

心理カウンセラーも共犯者です。

甘い言葉に、ついつい騙されてしまうのです。

精神病とは精神科医と心理カウンセラーによる人災です。

 

しかし冷静に考えるとわかるのですが
精神科医にいきますと悪くなるのです。

いいですか?

精神科医が原因なのです。

今いっている精神科医、心理カウンセラーが原因です。

こうした詐欺師にかかわっている限り
わるくなっていくだけなのです。

 

 

 

うつ病で仕事を辞めるか?辞めないか?

うつ病で仕事を辞めるか辞めないかは誰でもが悩むところだと思う。
自分は会社になにげなく入社して
どこでもよかったので入れればいいやと思っていて。

 

目標といったのはなくて。
会社で同僚と仕事をしても何かスッキリとしない日々。
同僚のみんなもやる気がなくて
どんよりとして会社全体が暗い雰囲気でした。

 

仕事をしてもおもしろくないなぁといったらいいのか
とりあえず決められていることを
淡々としているだけで。

 

今振り返るとこうした理由は
会社そのものがどうしようもない会社でした。
これだとどうしようもないのでそのままズルズルといってしまうものでした。

 

この状況だと当然やる気がもなくなっていくものでした。

 

「このままでいいのだろうか?」

 

これが頭から離れない日々でした。

 

これがいつもだと自分に暗示がかかるのです。
これでもうやめようとなっていきました。

 

ここでそのまますぐに退社をしていればよかったのですが
そこで精神科医の診察を受けてしまいました。

 

うつ病での退職、やめ方。

 

うつ病での退職、やめ方は結局のところは
仕事でのミスが多くなってきたからでした。
そして失敗が増えてしまったことでした。

 

病院の精神科で
なんとかなると思っていたのですが
精神科医のではいくら受けてもかわらなかったです。
他の受診者とも話すのですが
みんな同様にかわっていない。
そのたびに

 

「だるい」
「やる気が出ない」
「夜眠れない」

 

こういったことをみんなから聞いていました。
自分も同じ状態でした。

 

こうして仕事でもミスが多くなっていきました。
こうして失敗が増えていくと
上司からは色々と文句を言われることにもなりました。

 

文句を言われて、
やる気がさらになくなっていきました。

 

悪循環でした。

 

体調の悪化。
やる気がなくなる。
状況が悪くなる。

 

これの繰り返しだったのです。

 

休職と復職を繰り返したのもこのためでした。

 

こうして会社からはクビにさせられたのです。

 

 

うつ病での出社の拒否や退職は?

うつ病での出社を拒否するのも退職するのもあり得ることです。
自分もこのこともわかります。
つらいですから。

 

私たちは朝起きて
だるいので無理やり起きてすっきりとしない状態で
なんとかして着替えて電車やバスで通勤をして
歩いて出社をしますよね?
会社に着いた段階でもう疲れてしまっています。
そして同僚や上司と仕事をするのですが
すでに疲れているので仕事にならないのですよね?

 

当然間違いもするし色々と言われます。
やる気もなくなります。

これで会社への出社をしたくなくなります。
朝の通勤電車にも乗りたくなくなります。

 

そして出社の拒否をしました。

 

こうして会社に行かないでいると
退職となりました。

 

今思い返すと

 

・電車に乗りたくない。
・出社したくない。

これは防衛本能です。

 

 

生き物として当たり前にある行動です。

 

おかしいことではないです。

 

あなたもおかしくはないのです
当たり前なのです。

 

 

うつ病で退職のその後

うつ病での退職をしたその後はみじめでした。
まず社会から外れた感じがして情けなく思いました。

 

他が働いているのに僕は違う。
体調も朝からだるい。
夜も眠れない。

 

このことはみなさんのほうがよく知っていることですよね?

 

朝無理やりに起きて
どうにかして病院の精神科に行っていました。

 

デイケアにも行っていました。
精神科医もカウンセラーも必要だから
規則正しい生活を送るには必要だからと
デイケアに行くことをすすめられたからです。

 

そこで見たのは何かというと。

デイケアの中で見た世界は
全員が疲れ切っていました。

 

利用者たちとそうしてデイケアで過ごしていきますよね?

でも朝はだるいままでやる気も起こらない。
よくなる傾向も見られないどころか

 

体調は重くなるいっぽう。

 

おかしい。

 

医療でひどくなり続けている。

 

 

うつ病の退職で始めたのは?

うつ病の退職をきっかけにして始めたことは勉強でした。
時間ができたのですが何もしないのは無駄でしたので。

 

デイケアで気づいたのは
利用者のほぼ全員がやる気がなかったことでした。

 

ただおかしいと思ったのは
利用者のほとんどは体調が悪いと言っては何もしていませんでした。

 

それで何をしているのかを見ると疑問がでてきました。

 

遊んでいるのです。

 

生活保護の受給者が大変多かったのですが。
もちろん生活保護の受給をして
がんばっていた人たちもいましたが
少数でした。

 

・旅行に行っている人たちがいました。

 

・自分の部屋で衛星放送の契約をして一日中テレビをみている人たち。

 

・デイケアに来ては、デイケアにあるコーヒーや紅茶を
飲み続けている人たち。
カフェインが入っているので夜眠れなくなるのは当たり前です。
それで夜眠れないと彼らや彼女たちは口にしていました。

 

・ヘルパーに来てもらって料理や掃除してもらい
言うことは「自分はできないから。」
を繰り返すだけでやろうともしないで偉そうにしている。

 

・朝も昼も夕食もコンビニのパンやジャンクフードを食べているだけの食事。

 

・お金がないといいつつコンビニでペットボトルを毎日買っている。

 

・親にインターネットの代金ですら支払ってもらっている。

 

・朝からコンビニで高いデザートを買っては食べている人たち。

 

・お酒を飲んでいる人たち。

 

・タバコを吸っている人たち。

 

・口からでる言葉は

 

「自分は被害者。」
「自分は大変だから。」
「自分はかわいそう。」
「自分はもう無理であきらめた。」というけど

助かりたいからクスリは飲み続ける。

 

これを見ていて僕がわかりましたのは

 

だらしがない。
さぼっている。
言い訳をしているだけ。

 

またデイケア内では格差がありました。

 

・自分の貯金を切り崩して生活をしている人たち
・生活保護を受給して障碍者手帳の取得もしている人たち。

 

生活保護を受給している人たちに多かったのは
自己中心的で遊んでいて他のせいにしていました。
そして「自分は悪くない。他が悪い。」と繰り返すだけでした。
働くのはバカがすることとまで言っている人たちもいました。

 

それで被害者の自分を誰も理解してくれない。
そんなまわりがすべて悪い。

自分では何もしないで他に全部してもらうのが当たり前。
何もしないのに状況がよくならないから文句は言う。
うつ病のせい、統合失調症のせい、精神病のせい。
私は悪くはない。

 

いったい誰がこんなのを相手にするのでしょうか?

 

まわりが悪いのと自分が努力を怠るのは関係がありません。

 

当然ながらいつまでたっても治らないでよくもならないです。
精神科やデイケアに通院を長年し続けています。

 

一方では収入がないので節約をしている人たち。

 

生活保護受給者たちに対しての
悪口を言う人たちもいました。

 

そしてこうした気持ちはたしかにわかりました。

しかしこうして節約をしても努力をしている人たちの中には
わずかですが治った人たちもいます。
彼らや彼女たちは自分の抱えている問題の
解決に取り組んでいたからです。

 

問題をなくしてストレスになることをなくしたからです。

自分の嫌な面も見ることになるので大変なことです。
クスリはまったく関係がありませんね?

 

生活保護の受給をしてもがんばっている人たちもいますが
少数です。

 

精神科医やカウンセラーや職員が
利用者たちに生活保護の受給をするように説得をいつもしていました。
一種の営業です。

 

生活保護にそうして誘導をして
医療費として大金を儲けて贅沢三昧な生活をしていました。
休みの日はゴルフ場にいったりしたり
高級車を何台も持っていたり。

 

これはみんな詐欺をして得たお金でほとんどはみなさんからの税金です。

そういった人たちに
「がんばらなくていい、休むのが大事だから。」

 

こういってはどんどんと甘やかしていました。
精神医療をうけると人は怠け者になります。
だらしなくなります。

 

生活保護に対する風当たりが強いのもわかります。

 

そういった原因は精神科医やカウンセラー、職員といった
精神医療の業界がつくりだしているものです。

 

僕はこうしていてはいけない。
とわかりました。

 

僕は時間があったので勉強をすることにしました。

 

それまでできなかったことです。

 

とにかく勉強をすることにしました。

 

今はおかげで当時勉強したことが
役に立っています。

当時はまわりからはボロクソに言われもしました。
それでもあきらめずにいました。

体調は大変でも、とにかく頑張りました。
何もいい結果はなかったですが
それでも続けていました。

 

そして別の方法も探して見つけました。
理由はあのまま精神科医やカウンセラー、デイケアといったのでは
いつまでたっても治らないしよくならないのが
僕よりも先に来ていた人たちと接してわかっていたからです。

そして解決することにも成功しました。

今では
体が軽くて走ることもできます。

 

 

 

まとめ

完全に詐欺です。

 

一度社会復帰をしても
戻ってきます。

そうした人たちと病院で再開したのですが

かえって悪くなっています。

他にもいろいろな病気を発病していました。

 

肝臓病だったり腎臓病、
癌に認知症になりかかっていて、
認知症になり。病院に住んで
生活保護でそのままです。

 

つまり一時的に
精神科医のクスリでごまかして
社会復帰をしても
かえってそのクスリで悪化をしているので
大変なことになるのです。

 

精神科医のクスリを飲んでしまうと
頭がおかしくなります。