うつ病と休息。その前に向精神薬でらりっていませんか?

うつ病の休息をするとっても治らない
抗うつ薬、向精神薬は麻薬の成分と同じ。
白い粉そのもの。
改善する話だったのが改善しない。
再発する。
精神科医の治療でするのは
クスリで気分をハイにするだけです。
気分がらりってよくなるのもつかの間です。
次には依存症になり体調の悪化をすることになります。

 

うつ病と休息。詐欺で空想の妄想話。

眠れないので睡眠薬も服用する。
しかし睡眠薬も麻薬。
ダウン系の麻薬です。

うつ病になり休息をするのはある程度は必要です。
しかし治す方法が間違えると治らないのです。

うつ病で休息をする方法で大事なのは
精神科医を信じるのをやめることからです。

 

体調が悪化をして入院をする場合もあります。
しかし最初にクスリが原因で体調の悪化にうつ病。
そして入院をしてもまた向精神薬漬け。

これだとまた再発します。

 

こうしたことがあるから
うつ病の休息期間に
休息の仕方など
話があてにならないのです。

空想上の作り話です。

 

うつ病と休息。お金の無駄遣い。

うつ病での休息の取り方は

書類上どうしても必要でしたら

精神科医の診察を最低限だけ受診をする。

クスリはすべて捨てる。

 

心理カウンセラーのカウンセリングも受けない。
クスリへ誘導するだけです。
お金の無駄遣いになります。
心理カウンセラーもなにもできません。

 

それより自分への投資です。
体調の回復にお金を使う。
転職に向けての資金にまわす。
引っ越し費用にする。
生活費にする。

 

うつ病で休息の必要性があります。
しかし治す方法に間違いがあるのです。

うつ病だろうが統合失調症だろうが
不安症、不安障害、パニック障害だろうが
正しい休息期を取ることが大事です。

 

うつ病と休息。やるしかない!

そして治すには自分に厳しくすること。
ついつい言い訳をして逃げたくなるのをやめる。
大変です。

 

うつ病ということを忘れる。

休息以外にも

運動不足の解消をする。
問題をなくす。
だらしがない習慣を治す、直す。

準備をして減薬、断薬もする。

二度と精神科・心療内科には行かない。

やるしかないのです。

 

 

まとめ うつ病と休息。

うつ病は薬害。
治すには休息も必要です。
そして自分次第なので言い訳をせずにする。

 

まずは今から毎日

「精神科医も心理カウンセラーもクズ。」

これを毎日口に出すこと。

 

しっかりと心の中で
精神科医、心理カウンセラーとの決別ができたのなら

こちらもお手伝いができます。