うつ病で?薬で目がおかしい特徴。詐欺の事実。

うつ病というのは抗うつ薬が原因です。
成分が「白い粉」と同じです。


手錠をした人たちを思い出すとわかりますよね?


使ってしまった芸能人、有名人が

 

どうなったのか?

 


目がおかしい特徴も結局は

 

詐欺の被害です。

 

 

辛いと思ったところに

 

治療で治るといっては粉を売るだけなのが


精神科医です。

 

 

学校で使ってはいけないと教わったものです。

 

粉で気分が改善するというのは


そういうことです。

 


うつ病の症状とはあれの使用者です。

 

うつ病は依存症。

 

 

わたしたちにある原因は別にあるのです。

 

 

めまいも。鬱病の薬害で目の焦点があわない。目の疲れ・・・実はまだ軽い被害。

 

飲み続けている失明をする危険があります。

 

鬱病はつくられた病気。

 

目の焦点があわない。目の疲れ。
目がぼやける、目が見えにくい。


このあたりは初期の軽い被害の状態です。


軽症です。

 

 

うつ病だから目つきがおかしい、

 

そういったのは嘘話。

 


クスリが原因です。

 


なんでも鬱病ということにしていますが。


向精神薬を飲むからです。

 

 

「白い粉」で目つきがおかしいのです。

 

うつ病と診断されて

 

覚せい剤・麻薬を抗うつ薬といわれて飲む。

 

一時期に気分が上がります。

 

 

でもその後は気分が沈みます。


ここでうつ病の発症をします。

 

 

体調が悪いから

 

先生に診てもらおうと精神科・心療内科にいくと

 

うつ病になります。

 

 

症状が進行をしましたので

 

おクスリの変更をしましょう。

 

追加をしましょう。

 

 

そして一時期におさまっても

 

また症状が出てきます。

 

再発はこうしてつくられています。

 


うつ病でめまいもあります。

 

うつ病で目にクマがあるのは

 

アレを使用して眠れないから。

 

 

うつ病はないもの。


逮捕者の目の周りが黒いですよね?

 

使ってはいけない物に手を出してしまったのです。

 

目のかすみに目が痛い。眠れないで目のくまができる。あの症状そのもの。

 

精神科医のクスリ。

これで目のくまができ目が痛い。

 

成分からしても目の動きがおかしいのは

 

なるべくしてなった。

 

 

 

目がうつろになるのは

 

使用者を思い出すと


同じ症状なのです。

 


自分も反省しています。

 


してはいけないものをしてしまったと。

 

 

周囲の人たちは

 

目つきがおかしいとわかっています。

 

 

自分もそんなことはないと

 

思い込もうとしていたのがですが

 


現実は

 

鏡を見ると自覚をするのが正しいとわかるのです。

 

 

 

目つきがおかしいのもですが、

 

目が重いことにもなります。

 


そのうえ目の奥が痛い、

 

目の焦点が合わないことにもなります。

 

詐欺なのです。

 


うつ病という名称はどうでもよくて

 

 

例えば目を見て話せないのは


人見知りだからです。

 

 

つまりはなんでも精神病にあてはめては

 

薬を売るだけ。

 

 

嫌な事は粉を使って

 

頭がおかしくなるので忘れましょう。

 

 

うつ病の症状はつくられたもの。

 

 

もちろん大変なことになります。

 

 

目のかすみはまだいいほうです。

 

 

こうしてぐったりとさせられてしまい。

 

うまく考えられない。

 


悩みを解決しますと
臨床心理士のカウンセリングがでてきます。


実際には何もしません。

 

愚痴を話して少し気分がすっきりした。

 

これしか心理カウンセラーにはできません。

 

 

問題がある。


例えば


家庭内暴力。

これは引っ越しをする。

 

元の夫には言わないで。

 

警察が逮捕をする。

 

裁判で慰謝料を請求する。

 

 

 

できないことです。

 

 

警察官ではありません。

 

裁判員でも弁護士でもありません。

 

 

引っ越し業者でもありません。


引っ越しに必要な費用もくれません。

 

カウンセリングはお金の無駄で


心理カウンセラーはクスリへ誘導をしますから


非常に危険です。


スクールカウンセラーもです。

 


睡眠では早朝に起きたり

 

夜中に目が覚めることにもなります。

 

 

これはうつ病や統合失調症、

 

といった精神病ではありません。

 


向精神薬によるものです。

 

廃人なのです。

 


廃人となり生きる気力がなくなります。
これで目標を失います。


自信もなくなります。

 

そしてうつ病はないのに


そういうものだとだまされていると

 

目的を持つこともできずに。

 

やる気もなくなる。

 

このままだと視力の低下をすることになります。

 

失明する危険もあります。

 

 

目の痙攣も。うつ病詐欺で目がおかしいことに。

 

説明ではうつ病だから

 

うつ病だから目つきがおかしい。

 

 

しかしながらあなたもおわかりのとおりです。

 

 

あきらかに話に間違いがあることを。

 


目の焦点が合わないのもですが


こうしたやる気がなくなり目標を失う。

 

抗うつ薬で


うつ病にさせられてしまい。

 

 

体が動かない。


だるい。

 

しまいにはやる気もなくなる。

 

 

または

 

あきらめた。

 


うつ病ですと言われたために


目つきがおかしくなり

 

目がうつろになる。目が回る。


こうして目つきが変にもなります。

 

 

こういったのはごくごく普通に考えれば

 

依存症です。

 

 

ところが精神科や心療内科、
カウンセリング、
デイケア・・・

 

こういったところにいくと

 

その場の雰囲気に


飲み込まれてしまいます。

 

 

 

そのまま中途半端な気持ちでは


やめられません。

 

 

結局はやめたとしても


また手を出してしまいます。

 

これは薬害です。

 


そして別に

 

治すことがあります。

 

 

これはかなり大変です。

 

断薬だけをしたらいいと

 

勘違いをしていることが多いです。

 

 

安直にこれをするだけで

 

すぐに楽に解決?

 

そしてほかの人がしてくれる?

 

しかも自分の負担なしで?

 

 

こうした考えを改めること。