うつ病の見た目は普通は「白い粉」で勘違いだった。

うつ病の見た目は「白い粉」で悪いです。
自分もクスリでうつ病になり見た目がひどくなりました。

よく言われていることで

・うつ病の人がとる行動はおかしい。

 

これは事実は

・うつ病ではなく、「白い粉」の使用者がとる行動はおかしい。

 

治るには

・薬害にあっていることの自覚をする。

・別の方法が必要。

 

うつ病の見た目は元気は「してはいけないもの。」で。

うつ病の見た目は元気というのも

しているものを考えればわかりますよね?

しかし最初だけはよくても

あれは大変なことになりました。

 

何が何かわからない。

頭もおかしくなるのでうまく考えられない。

自分では見た目は元気だと思い込みをしようとしても

現実は見た目は普通といったことはなく。

 

鏡で見ると現実を突きつけられました。

 

うつ病の特徴であるのは

薬害です。

 

抗うつ薬の成分はあれと同じです。

ふつうのまともな生活が送れなくなりました。

 

うつ病の見た目はおかしい。混乱してわからない状態に。

堕落した生活に薬害。

うつ病が改善するという詐欺話。

見た目はおかしい。混乱してわからない状態に。

行動もおかしいことになってしまい。

ふらふらした体で。

 

キレやすくなり

周囲とも衝突をしてしまっていました。

家族にも多大な迷惑をかけてしまっていました。

 

うつ病の治療を精神科・心療内科の受診をして
受けていると
様々な被害があります。

向精神薬の添付文書にも記載がある通りです。

そしてその他というのもあります。

実際にどうなるのかは予測がつかないのです。

 

自分はこうして完治をして人生のやり直しをしましたが

そうならなかった人たちのほうが多かったです。

 

うつ病と信じている彼らに

 

「目がおかしいからもうあんなところで治療はやめないと、」

「大変なことになるから、死亡するから。」

 

彼らはうつ病だからクスリで治るものといっては
話をきかなったのです。

 

僕や仲間たちは
最後はあきらめた。

 

うつ病の見た目の特徴はあれだった。治るには?

うつ病の見た目の特徴は
有名人や芸能人がしてはニュースになるものです。

自分はもう最後には死ぬことになるのだろう。

瀕死の状態でこうした考えが頭をよぎっていました。

 

あなたも
うつ病が治るためにとれる行動があります。

 

彼らの顔は黒い色、黄色い色に変わり果ててしまい

そこに臨床心理士や看護師、福祉士
職員たちが
本人にとって嬉しい言葉をいう。

本当は抱えている問題やだらしなさを改善するところを。

そして余計に堕落をしていきました。

 

毎日朝から甘いのを食べては

不平不満や文句ばかり。

急に叫ぶし暴れる。

 

甘えがあり
わがままで。

結局は彼らは薬の過剰摂取で死亡をしました。

 

ここで行動にうつすのかしないのかが分かれ目です。

 

あなたも精神科・心療内科・デイケアで
こうなってしまった人たちを見るわけですが

方法はあるので

ここで治るために考え直すことをおすすめします。

 

自分も認めたくなかった。

顔の表情がおかしいこと。

 

あなたもそうなのではないでしょうか?

 

自分は鏡を見るのをやめてしまいました。

 

退職後に休養をとり
うつ病は治ると思っていたのが

悪化を続ける。

 

周囲からもいわれた

「うつ病の行動パターンはおかしいから。」

 

初期症状はネガティブ感情です。

嫌なことがあるからです。

泣くのも正常なことです。

しかしこのあとの薬害で
うつ病の発症をします。

 

よく言われていることで

 

・うつ病の人がとる行動はおかしい。

これは事実は

・うつ病ではなく、「白い粉」の使用者がとる行動はおかしい。