うつ病に物忘れがひどい特徴。薬で。

うつ病の理由は抗うつ薬などでの薬害です。

特徴は「白い粉」

成分が向精神薬は同じです。

これで物忘れがひどい状態にもなります。
他の精神科・心療内科の薬も同じ。

原因です。

 

最初からある抱えている問題は

これとは別途治す必要があります。

 

精神科・心療内科の治療で

脳が麻痺をして感じなくなることを

しているだけです。

 

当然脳にダメージを負うので
一時的に気分の改善をするとしても

大変なことになります。

仕事ができなくなるのです。

 

今日はこの詐欺のからくり、そしてどうしたらいいのか?

についてお伝えします。

 

うつ病にさせられて物忘れが激しい。仕事ができない。

物忘れが激しい。
最初は自分もそうで軽い症状だったのが。
そして体調も悪くなるだけで

集中力の低下がおこり
仕事ができない。
学生の被害者たちも学校に行けないでいた。
今では彼女も元気にしているが。
当時はみんな大変でした。

 

うつ病・物忘れが激しい。

こうした特徴は、抗うつ剤(抗うつ薬)

精神安定剤、睡眠薬で。

精神科・心療内科の治療で仕事ができなくなるのです。

 

うつ病だから精神病だから物忘れが激しい?
うつ病も物忘れもクスリでなります。
こうした向精神薬漬けの治療で発症します。

 

「うつ病が治るためにおクスリの処方をいたします。」

 

この罠にひっかかってしまい。

 

まず最初にこうした似非治療の受診をする前に

問題があります。

 

嫌な気持ちがします。

 

やる気がない。
疲れた。
自信がない。

物事がなかなか進まない。

 

悩む。

 

そこへ精神科・心療内科・臨床心理士のカウンセリング。
広告を見たり、サイトのチェックリストを見てしまったり、

知り合いに勧められたり、会社で行くようにいわれたり、

区役所ですすめられたり、

 

などこうしていってしまいます。

 

そうすると

うつ病も含め

何かしらの名前をあてはめて

 

「おクスリをお出しします。」

 

鬱病はないもの。集中力の低下。認知症に。

うつ病も物忘れも作られたものです。
精神疾患は薬を売るだけのためのものです。
私たちは残念ながら
騙されています。

 

20代で物忘れで困るのは
まだ間に合います。
この段階では使用年数がまだ短いので
まだ軽症です。
軽いのでそれだけ治るのも早いです。

 

もちろん最初からある問題を解決するのが
大事になります。
ここで精神科医や臨床心理士にだまされてしまったのですから。

 

 

そして最初からある問題は残ったままで。

例えば20代から

こうして日々を過ごしていますと

50代にもなると
クスリに体が蝕まれていき
物忘れで済まないで、
認知症になる。

ボケて他の病院に売られる。
こうなってしまうと病院から出て来られなくなり。

精神科医や心理カウンセラーの治療を受けている人に多いのが

 

「うつ病で物忘れが激しい。」

 

 

いいえ。

うつ病も物忘れも
精神の病院でなります。

 

 

もちろん、精神科・心療内科もですが
心理カウンセラー(臨床心理士)にいくのもやめることです。

心理カウンセラーのカウンセリングもお金の無駄遣いです。

 

クスリをすぐにやめるのはよくはないです。

まずは準備をしてからです。

最初からある問題の解決も様々にあり解決をする必要があります。

治るというのは表現としては間違いです。

立ち直るといったほうがいいでしょう。

 

 

これらの症状は、
精神科・心療内科に
通院している人たちに共通の症状です。

 

こうした症状がない人はいないと言えるほど多いです。

何かしらおかしいところが全員にあります。

 

自分のことを振り返っても
当時は
頭がおかしくなるので
うまく考えられませんでした。

 

思考能力の低下があるのです。

 

精神科医も心理カウンセラー(臨床心理士)もクズです。

安全といいながら処方をしています。

 

とても危ないのです。

 

20代で物忘れが激しい。うつ病で?

こうして知らずに
うつ病にも物忘れも激しい状態になります。

 

精神疾患の特徴とは薬害です。

 

しかし

20代で物忘れが激しい状態の人たちもいました。

症状の進行は人によって違います。

 

どのみち、

今のうちにすれば治るのも

しないでいれば終わりとなります。

この状態で仕事がうまくいかない原因は

 

実際には

精神科医、心理カウンセラー、職員たちが原因です。

 

 

精神科医も心理カウンセラー(臨床心理士)も
共犯者です。

 

甘い言葉に気を付けてください。

 

これでどれだけ多くの人たちが犠牲になっているのか。

うつ病にしてうつ病を治るために治療が必要です。

 

そして治療で体調が重くなっていく。

 

症状が進行しました。併発をしました。おクスリの追加?

 

しばらくすると物忘れになり。

 

 

うつ病で物忘れ。

高齢者の方が、うつ病と言われて
精神科医の治療でうつ病になり物忘れ、
認知症、
廃人になり。

暴れる、発狂する、よだれ、わめいている・・・

こういった症状もうつ病も物忘れも

精神科医の犯罪です。

心理カウンセラーの犯罪です。
子供たちを誘導するスクールカウンセラーの犯罪です。

 

次々と頭がおかしくなる。

 

うつ病になり物忘れも激しい。

やる気の低下に

集中力の低下に認知症。

精神科医と心理カウンセラー(臨床心理士)が

 

作り出しているのです。

 

そこでどうするのか?

退路を断ち本気でするのか?