うつ病に妄想。薬物で体がボロボロ。

うつ病に妄想。精神科医の治療が原因です。
精神病の種類は様々にありますが麻薬の向精神薬からのです。
麻薬の依存症と症状が同じです。
成分も同じです。
躁うつ病・双極性障害も詐欺で

多い被害のひとつです。

 

うつ病に妄想。作られたもの。

妄想癖、妄想気分がでてきてしまうのも
こうしたしてはいけないのをしているからです。
うつ病だけだったのが妄想性障害。

うつ病の治療で妄想がでてくるのです。

うつ病とだまされて。

妄想の種類も人により違いはあります。

しかしそもそもは白い粉を使用しているためです。

うつ病は存在しないといってもいいでしょう。

妄想性パーソナリティ障害
妄想性精神病
老人性うつ病

こういった名称もまずは忘れましょう。

 

だらしがない病。
依存症。
ジャンクフード病。
いいわけ病。

責任転換

 

私たちにあるストレスや落ち込み
気分の低下はそこまでひどくはないのです。

その後の薬でそこからさらに悪化をするのです。

そして薬物依存症にもなります。

 

 

うつ病に妄想。体が薬物に蝕まれて。

そして精神科医の受診をして
劇薬で気分を上げる、ハイにする。

次にはヤクがきれますよね?

逮捕された人たちと同じ症状なのです。

 

躁病になる人もいます。
不安症、不安障害、パニック障害の併発をする人もいます。

 

症状の出方に違いはありますが
白い粉です。

 

幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。

 

残念ながらこれも逮捕者と同じ症状です。

 

あなたは騙されているのです。

うつ病に統合失調症など精神病の診断には
根拠となるのがありません。

 

 

うつ病に妄想。自分に厳しくできるのか?

うつ病も妄想も治るものです。

治すには依存症の治療も必要ですが。

依存症だから依存症の施設に丸投げでいい?

いいえ。
そうやって誰かにしてもらおうと思っていては

治らないです。

 

逮捕された人たちが施設に入ったあと

どうでしょうか?

自分で努力を重ねて治った。

社会復帰。

さぼってしまい治らない。

また薬物に手を出してしまった、

再逮捕された。

 

施設では薬物を体から抜くのはできても
そのほかに地道な努力の積み重ねが必要です。

それ以外にも自分自身を変えていくことが必要です。

 

身体の不健康な生活をしている。
体に不調を抱えている。
ジャンクフードを食べる。
文句ばかり言ってしまう。
他のせいにしてしまう。
楽したい。

 

 

そのまま死にたいのか?
何が何でも治したいのか?

生還をするのか?

 

 

うつ病に妄想。子供までも中毒者に。

うつ病で妄想も併発。
看護する人も大変です。

母親、家族にすれば
子供が国試があるのにうつ病や妄想で困っている。
娘、息子がふらふらしている
向精神薬で頭がおかしくなるからです。

子供たちの将来を奪うのが精神科医のしていることです。

そして心理カウンセラーも共犯者で危ないのです。

 

こうしたクズたちが人生を台無しにしています。

 

精神科医も心理カウンセラーのカウンセリングも
精神科・心療内科の職員たちも

いい人に見える親切そうだ。

理解があるように見える。

いいですか?

お金儲けのためにしているのです。

お金の無駄遣いです。

つくりものです。

 

これで理解があるからと思って信じてしまうと

大変な状況になるのです。

 

 

まとめ うつ病に妄想。

お金が入ってこなくなったら
精神科医も心理カウンセラーも捨てます。

うつ病、妄想の発症をさせられて
体も薬物でボロボロになり。