うつ病で当日欠勤。薬が理由で。詐欺にあっているから。

うつ病とは存在しない病気です。
うつ病は精神科医による薬害です。

よく使う人がニュースになる例のものです。

成分が薬といってもよくある

頭痛薬などとまったく違います。

今日のテーマ、

 

うつ病で当日欠勤。

 

当日欠勤をする原因も

 

すでにお分かりの通りです。

 

うつ病といわれているのは、

あの状態です。

 

自分もあのときはうつ病だからと勘違いをし

当日欠勤をしていました。

治ったからこそわかることですが。

 

当日欠勤の理由は詐欺で。本人も辛い。

仲間たちもうつ病という詐欺から抜け出して

 

完治をしてもう元気そのもの。

 

うつ病になる理由が

 

実は自作自演。

そしてやっていることは

 

例のもの。

 

 

 

これだと当日欠勤をするほうが

 

当たり前です。

 

うつ病という本人も

 

当日欠勤を

 

好きでしているのではないです。

 

 

 

精神科・心療内科の治療の理由は

 

弱みに付け込み誘いこんで

 

あれを飲ませてうつ病というあれの状態にする。

 

 

そして定期的に患者が通院をして受診をする。

 

詐欺のためです。

 

 

 

僕らが説明をしても

 

話をまったく聞かなかった彼らたち。

 

 

最初だけはわかっても

 

また精神科医や臨床心理士に行って

 

うつ病だからと言ってはしていた。

 

当日欠勤を繰り返すので退職。

 

暇でやることがないから遊んでいる。

 

そして八つ当たり。

 

 

しまいには僕らに悪口や不平不満、

 

急に暴力をふるうなどしてきた。

 

 

そして彼らの人生は終わった。

 

会社はどうする?仕事に戻るには?

うつ病という名称を忘れることです。

 

そして抱えている問題を片づけること。

 

自身の性格が悪い、だらしがないなど。

 

 

会社はまずは本人に事実の説明をすることです。

 

 

そこで本人が被害にあっていることを自覚し

 

行動を開始する。

 

普段の言動でも

 

精神科医も臨床心理士もクズと口にしている。

 

そしたらサポートができます。

 

うつ病からの方法は詳しくはこちらにあります。

 

 

この場合は休職も含め時間が必要です。

 

 

一方で

 

行動がない。

 

話を最初から聞かない。

 

何度話しても行っている。

 

やっている。

 

 

この場合はもう支援はできないです。

 

 

辞めさせるしかないです。

 

 

ここで退職をさせないでいれば

非常に危険です。

 

同僚もそうですが

顧客にも何をするかわかりません。

 

いきなり叫ぶことがあるのはいいほうです。

 

事件でも起こされたら

 

会社の存続にも影響があります。