うつ病が長引くのは?詐欺の精神科・心療内科が毒をもっているから。

うつ病が長引く理由は抗うつ薬など向精神薬にあります。
抗うつ薬に向精神薬、覚せい剤・麻薬と同じ成分です。
嫌なことがあって気分が沈むあなたに
精神科医は覚せい剤・麻薬をいいものとして売るだけなのです。
弱みを付け込まれてしまい
最初だけでその後はヤクがきれます。
体に耐性ができて気分の低下をします。
うつ病になります。
そのままうつ病が長引くことの原因にもなります。

うつ病が長引く人はすべての人が陥る危険があるのです。

 

うつ病が長引くのは?クズたちが依存症にする。定期的に患者が来ては儲かるだけ。

ちょっとでも何かあると
そういったのにうつ病と診断をしては薬を売るだけです。
そして薬物依存症にしては
そういった患者たちが定期的に受診をしにくる。
お金が儲かるのです。
それだけでこういったクズをしているのが
精神科・心療内科のしていることです。

うつ病が長引く場合はこうして作られたものです。

 

そして

「お薬は一生飲み続けるものです。」

「比較的安全なおクスリです。」

このまま依存症が続きます。

睡眠薬、睡眠導入剤も麻薬です。

禁断症状で不安感が強くなります。

不安症、不安障害、パニック障害の併発をする危険があります。

 

臨床心理士もそういったあなたを騙しています。
学校のスクールカウンセラーもです。
こういった症状があるからうつ病や精神病かもしれないから。
先生が病気といっているから治療で治るというのですが。

 

うつ病が長引くのは?生活保護制度の悪用をして。

治った人がいません。
最初は治すというので治ると思い込むのですが
その後は依存症が悪化をして
症状が進行をしていき
やる気の低下。あきらめた。
そういったことにもなります。

 

そしてあきらめたといっては
生活保護の受給者に追い込まれてしまいます。

 

税金からの支払いになるので
精神科・心療内科は生活保護の受給者たちを
囲い込んでおくことで定期的に儲かるのです。

 

あとは治療といっては診断やデイケア、

グループホームへの入居として
出られなくします。

うつ病が長引くのは自作自演なのです。

 

うつ病が長引くのは?高い請求。多くは税金から。

こうして鬱病の長引く原因に気づかないで
薬を飲み続けると
向精神薬漬けで鬱病が長引くと。
症状も進行をしていき

体がだるい。
動けない。
辛い。
寝逃げをする。
雨が降ると辛い。
幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。
妄想、妄想癖、妄想症。

 

精神科医も臨床心理士もクズです。
お金の無駄遣いです。
治る、改善するといっては高い請求をしては治らないのです。

 

うつ病が治らないのは

詐欺にあっているからです。

うつ病がいつまでも治らない。
10年以上、20年以上、30年以上と。
難治性うつ病、慢性うつ病。

予約料に初診料の高い請求。

うつ病とはつくられた病気です。
薬を売るだけのために。

精神科・心療内科のブログやサイトも

イメージがよさそうにしては宣伝、広告なのです。

 

うつ病が長引くのは?どうすれば完治ができるのか?

うつ病が治る人と治らない人の違いは

詐欺にあっているのを自覚することからです。

うつ病の治療期間の平均といったのも事実とは違います。

うつ病が長期化していき。

顔つきもおかしくなる。

顔色も黒く、黄色く、悪くなる。

しまいには肝臓病、腎臓病の発症。

こうした詐欺師たちの治る方法では完治はできません。

人生が台無しになるのです。

 

うつ病が治るきっかけは自分で掴むのです。

 

そして数々の問題がありますが
一つ挙げれば

 

こうした事実を受け入れない。

不機嫌になる。
怒り出す。
など。
こうしては薬を飲み続けている。
これは性格が悪いのです。

 

こうしたのも詐欺師たちに

利用されてしまっているのです。
しまいには性格も治療で治るといっては
向精神薬漬けにして。