真実は薬害!うつ病が治らないで10年以上の闇。

真実は薬害です。

うつ病の原因は詐欺です。

だから治らないで10年以上の治療の期間が過ぎても

うつ病が治らないのです。

「白い粉」。

 

悩みを抱えて辛い。

そういったのに危険な麻薬と同じ成分の

抗うつ薬などの向精神薬漬けにしているだけです。

 

10年以上飲んでも治療を受けても悪くなる。治らない。

症状の進行をする、併発をします。

自分の経験、失敗、反省も踏まえて
今日はお伝えします。

 

10年以上の被害にあっても間に合います。

うつ病が治るには薬害と理解する、そして

元々から抱えて問題の解決をする。

自分のクズっぷりを叩き直すことが必要です。

甘えていては無理です。

自分が自分に厳しくすること。

 

多くは一度は詐欺と自覚をするも

すぐにあきらめた。

やらない。

そして終わる。

 

原因は?鬱病が重度になり仕事ができない。

うつ病の原因は薬害です。

つまりは精神疾患とは薬物依存症のことです。

この後に治るといっては薬を売るだけです。

必ず体に耐性ができるので
きかなくなります。

これを治らないから改善するためといわれ

そしてクスリの追加、別の強さが強い種類に変える。

 

10年以上たっても治らない。

 

有名人や芸能人が
使用をしてはニュースになる状態です。

残念ながら同じ状態で症状です。

知恵袋などをみてもわかります。

すべての精神疾患は
どれも薬害です。

 

鬱病にさせられてしまい仕事ができない。

自分もあのときは大変で辛い日々でした。

重度のうつ病になると

雨が降れば
寝逃げをする。

 

もう廃人でした。

 

悲惨な老後。10年、20年、顔つきもおかしい被害。

精神科・心療内科ではうつ病という薬害のまま
治らないで
老後を迎えることもあります。

しかしこれも裏があります。

 

10年、20年と抗うつ薬もですが

眠れない、不眠症にもなるので

睡眠の改善をするとだまされて睡眠薬、睡眠導入剤。

不安感が強くなるので

不安症、不安障害、パニック障害の併発。

抗不安薬、精神安定剤の併用。

 

しまいには顔つきもおかしいことになってしまい。

鏡もみられなくなって。

 

共通なのは

老後を迎えられる人といっても

例えば20代の周辺で詐欺にあうと

それから30年後ぐらいの

50代の周辺にもなると死んでいきました。

 

40代、50代、60代では

老後になるといっても

全員が大変なことになっていました。

肝臓病、腎臓病、癌、
認知症、アルツハイマー病、糖尿病など

結局は悲惨な最後になって去っていきました。

 

または両親が老後になり

面倒を見切れないから

縁切りをする。

 

そこに精神科医や臨床心理士などが支援するとだまします。

 

・生活保護の受給者になること。

・病院・クリニックの経営するグループホームに入居すること。

 

こうして一生騙され続けて亡くなっていきました。

 

諦め?甘えをやめる。性格も。

いつまでも治らないので

諦めもでます。

やる気の低下。
疲れた。

追い込まれる。

 

よく性格が関係がある話がありますが

実際のところはただのクズ話なのです。

なにかしら理由をつくっているだけです。

 

そうして
成立している詐欺ビジネスです。

 

あるとすれば自分の自己中の性格です。

 

わがままな性格。

誰かに話を聞いてもらいたい甘え。

 

そういった自分にあるクズを利用されてしまい。

 

難治性うつ病もそうです。

薬害なのです。

双極性障害、躁うつ病もです。

 

平均の治療期間は宣伝文句だった!何年も治らない実態!

うつ病の治療期間が話と違う。

これは誰もが思うこと。

わたしたちは治ると思っていたのが

何年も治らない。

 

平均でどのぐらいというのも

事実とは異なります。

 

物忘れもひどい。

うまく考えられない。

 

この状態では

会社も雇いません。

相手の立場になって考えましょう。

 

急に叫ぶ、暴れる、
暴力をふるう、
意味不明なことをつぶやいている。

よだれを垂らしている。

会社も休んでばかり。

復職と休職を繰り返すばかり。

 

危ないです。

危険な人物と仕事をしたい人はいません。

 

残念ながらそういうことです。

仕事、再就職、社会復帰、学校・・・

人生が台無しに。

 

うつから治るきっかけをつかむには?

うつは自作自演なのです。

わたしたちは騙されています。

残念ながら真実です。

 

うつ病から治るきっかけはこちらにあります。

 

 

自分もそうだった。

甘えがあった。
言いわけもしていた。
サボっていた。
だらしがなかった。
不平不満で文句ばかりだった。

 

しかしここが分かれ目です。

 

行動をするのか。

死亡をするのか。

治る方法があっても行動がなければ

状況は変わりません。

 

実際にはあきらめたといっては終わることが多いです。