うつ病は治る!麻薬の向精神薬が原因。

「うつは治る!」

必ず治るのです。

うつ病が治るきっかけはまずは精神科・心療内科で発症する事実。

まずはこれがわかることがうつ病が治るための第一歩です。

精神科・心療内科でするのは

嫌なことを覚せい剤・麻薬で気分を上げる、よくする。

これだけです。

これでなるのは薬物依存症です。

 

そしてうつ病の治る期間が延びていきます。

こうしたうつっぽいかも?軽いうつ病は兆候といっても

こうした似非治療にはいってしまうのです。

そして劇薬をしてなるのがうつ病という依存症です。

 

たしかに私たちは不安になりますよね?

でもこれはネガティブな感情です。

何かあれば感じるいやな感情。

 

ここでうつ病が治る方法ということで劇薬をすると

頭がおかしくなる、そして依存症。鬱病の発症。

次には禁断症状、症状の進行、再発。

 

 

うつ病は治る!詐欺師たちとの決別を。

こうして治らないので悩んでしまい

「うつ病は治るのか?」

「うつ病が治るまでの期間が延びていく。焦りがでて。」

「うつ病が治る気がしない。」

うつ病が治る過程で本当に必要なのは

まずは精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングを

信じているのをやめることから。

 

まずはいろいろと言われている話を忘れましょう。

うつ病が治る詐欺ですから。

 

例えば

うつ病の治る確率。
うつ病が治る時、うつ病が治る時。
音楽療法がきくらしい。
うつ病が治るとどうなるのか?
うつ病が治るにはこの食べ物がいいらしい。

ネットのサイトを眺めて

うつ病には薬か個人で輸入代行で買うか?

ブログでもみんな終わったみたいなことを書いているし。

死亡する瞬間か。

うつ病は治るのか?小町でも寛解を目指しましょう?

 

すべて忘れましょう。

 

うつ病が治ると

それがきっかけで仕事に復帰、転職といっても

治るのが怖い。

このままでいいか?

いいえ、これは慣れの問題です。

 

悪い環境、精神科・心療内科・デイケアにいると

だらしがないサボる環境に慣れてしまいます。

 

ここで

いや俺はやる!私はやる!

うつ病、自律神経失調症が治る人と治らない人の違いです。

うつ病は治るもので詐欺にあって薬害で

頭がおかしくなるから思考も悪いほうに考えてしまいます。

 

うつ病の治る可能性をあげるには

自分次第です。

言い訳をしては

いつまでも精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングを

信じるのをやめる。

受診をして治療をうけているのをやめられるのか?

精神科医も心理カウンセラーも
クズでお金の無駄遣いと本当に思うことができるのか?

ずるずるといってしまっていないか?

決別ができるのか?

 

例えば

生活習慣でいえば

だらしがない。

文句ばかり不平不満ばかり。

部屋が汚い。

不思議なことでトイレ掃除でうつ病が治るという話があるのも

実はこうしただらしがないこと。

たらたら文句ばかり、悪口ばかり。

こういったのを考え直すのにいいのです。

 

うつ病を治るのに

ランニングをする。

筋トレをする。

糖質制限をある程度する。

断食を少しだけする。

悪い会社、職場だったら退職、転職をする。

 

こうしてうつ病が治るのには段階があります。

詐欺師たちを信じるのをやめる。

薬は覚せい剤・麻薬。

自分はらりっている。

 

そして元々ある問題は手つかずのまま。

薬でラりって頭がおかしくなる。

そしてわからなくなっていただけ。

 

うつ病は治ると信じること。

あなたは騙されています。

うつ病が治る前に

依存症にさせられていることの自覚です。

 

うつ病が治るまでの経緯は色々とありました。

今となってはいい経験です。

自分も死にそうになりました。

あなたはどうでしょうか?

 

ただしあなたに伝えることがあります。

うつ病が治る人と治らない人には決定的な違いがあります。

 

うつ病が治ると昼夜逆転も治るのです。

 

実際に自分が精神科・心療内科で出会った
友人は

昼夜逆転に長い間、苦しんでいました。

原因は抗うつ剤(抗うつ薬)、向精神薬でした。

 

彼がある日話してくれました。

「最初に精神科・心療内科にいって精神科医の治療。
抗うつ剤(抗うつ薬)、向精神薬、睡眠薬の処方をされ、
飲んだら昼夜逆転になった。」

 

彼もうつ病が治るのは
あきらめていた面もありました。

でも彼はいまでは朝に起きて夜には寝られる。

人間わからないものです。

 

彼も社会復帰を果たして仕事をしています。

 

もちろん彼の多大な努力があってのことですが。

 

いまではこうして元気で健康そのものの僕ですが。

やっぱりだらしがなかった。
なんとかなるだろう。
だれかがやってくれる。
今思うと本当にダメでした。

 

 

うつ病は治る!戦い続ける。

うつ病が治るにはきっかけがあります。

自覚をすることです。

鬱病は治るのか?

みんな思うことです。
自分ももうあきらめていたといってもいいかもしれません。
それぐらいどうしようもなかったので。

 

うつ病が治る人と治らない人の違いとは

危機感をもって本気で必ず治る!

治すと決意をすることです。

 

まずはあきらめないかあきらめるかです。

死にそうになってでも戦い続けるのか
それとも途中でやめてしまうのか。

 

うつ病はクスリで作られた病気です。

わたしたちはこうなっているのです。

 

こうしてうつ病という名称をつけられてしまい。

治るといわれて改善するといわれて

抗うつ剤(抗うつ薬)でうつ病になります。

やる気がなくなる。
意欲の低下。
体重の増加、減少。太る、痩せる。

といった大変なことになります。

 

僕はもともとはやせ型だったのですが・・・
それが抗うつ剤(抗うつ薬)、安定剤、睡眠薬、向精神薬。
頓服の追加。
増えていく向精神薬。

 

頭痛薬に下痢止め、便秘薬。

そして太る。
太るからさらに自信を失う。

 

あれは本当につらい!
身体がボロボロになって。

 

うつ病が治る方法ということで
抗うつ剤(抗うつ薬)、睡眠薬、安定剤、向精神薬。
しかしこういった向精神薬でうつ病になります。

重度うつ病、慢性うつ病になる原因も実は
向精神薬です。

 

重度うつ病も慢性うつ病は治るのですが。

しかしここで精神科医の治療
心理カウンセラー(臨床心理士)のカウンセリング。

これでうつ病の発病もですが症状も重くなっていきます。

心理カウンセラーもクスリをするようにいうだけです。

 

このあとにどうなるのでしょうか?

いいようにお金をだまし取られることになります。

窓口の支払いの負担を減らすようにと
公的な支援を受けても

そのお金は税金から社会保障費から支払われています。

税金は私たちが納めています。

支払いの方法が変わるけど
精神科・心療内科・デイケアに高額な支払いを
しているのに変わりはないのです。

 

つまりはうつ病が治ると言われて
精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)。
それに精神科・心療内科の職員たちに騙されているのです。

 

これで騙されてしまいます。

 

感情が悪いだけ。
マイナスの負の感情なのです。

しかしここで抗うつ剤(抗うつ薬)の服用をするように誘導をされます。
暗示をかけられるといっていいでしょう。

 

抗うつ剤(抗うつ薬)を飲み続けると。
うつ病になります。

 

当時はてっきり病気で体調がわるいと思い込んでいて。

実は病気ではなくて抗うつ剤(抗うつ薬)など

向精神薬でうつ病になるとは・・・

そして治るためといってはクスリで悪化を続ける。

 

まさかのまさかで。

あの事実がわかったとき、言葉が出なかった。

 

あれは最後の日。
精神科・心療内科に行った。

女性の友人

最終日に
僕たちが見ている目の前で・・・

精神科医、心理カウンセラー(臨床心理士)、職員たちに
ビンタを食らわしていた(苦笑)

気持ちはわかる!

 

うつ病が治る、完治をするにしても。

うつ病は治るのか?うつ病はどのくらいで治るのか?
疑問を持っているのもわかります。

 

うつ病が治るまでの期間にはいくつかの段階があります。

抗うつ剤(抗うつ薬)、精神安定剤、抗不安薬とは
睡眠薬(睡眠導入剤)など頓服も含めて
処方されている向精神薬はすべて毒。

 

向精神薬の減薬をしていき
断薬をするまでの期間があります。

これは毒を抜いただけで治らないです。

 

うつ病が治るためには別に地道な努力が必要です。

 

精神科・心療内科にいくと疑問を持たされることに

 

「寛解」

 

一時的に病気の症状がおさまる緩くなればいい。

 

「一生、おクスリ(抗うつ剤・抗うつ薬・向精神薬)は飲み続けるもの。」

「病気とうまく付き合っていきましょう。」

 

うつ病は治らないの?

と気分が落ち込みます。

 

なんかこれでうつ病になりますね。

こういった状態になってしまいます。

 

これでいいのでしょうか?

よくある被害には頭痛があります。

 

これでうつ病が治る?

 

問題をなくす

 

・問題を解決する、なくす。

・抗うつ剤(抗うつ薬)はまったく関連性がありません。

 

あなたはどうでしょうか?

あなたが精神科・心療内科で見ている光景はわかります。

病院やクリニックには、苦しい人たちがいるのを。

 

ここでわたしたちはどうするのか?

 

自分もたびたび思いました。

「もうあきらめた!」

でも考え直して

あきらめずにどうにかしないといけないし。

 

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

 

うつ病は治る!薬害。

うつ病は治るのです。
完治です。

ところが精神科・心療内科にいき
精神科医の治療、

心理カウンセラー(臨床心理士)のカウンセリングをうけると
うつ病が治る過程だからといつまでも騙されてしまいます。

 

これでうつ病は治るか?とやる気がなくなるのです。

 

ここで
精神科医や心理カウンセラーがいうのが

「寛解」

便利な言葉ですね。

 

うつ病は、抗うつ剤(抗うつ薬)、向精神薬でなります。

「薬害」なのです。

 

そして私たちは身体に異常がでます。

最初にらりって気持ちがよくなる。
そして禁断症状を抑えるのにまたクスリ。
この繰り返し。

 

わかりやすいのが太る、痩せるのもですが。

顔つきです。
顔がどす黒い顔色に変わります。

抗うつ剤(抗うつ薬)を飲み続けていると
顔つきの変化もあります。
顔の色、身体の色が
どす黒い色、黄色い色に変わります。

これは肝臓病、腎臓病になる手前の状態、
または肝臓病、腎臓病になっていることを示しています。

 

他にもあるのが
性機能障害です。

性欲の減退、生理不順。

こういったのも抗うつ剤(抗うつ薬)の「薬害」でなります。

しびれやめまい、吐き気。便秘に下痢。不眠にもです。

 

また妊娠・出産・授乳にも悪い影響があります。
子供に薬物がいきます。

危険性であるのが、子供の発達に障害がでること。
奇形児になることの危険性があります。

成分からしても危ないのがわかります。

警視庁の警告にもあります。

 

うつ病が治るまで飲み続けると、悲惨なことになります。

抗うつ剤(抗うつ薬)で認知症。

自殺(自死)
病死

死亡することになります。

認知症になるのも
若くしてなります。

 

抗うつ剤(抗うつ薬)での治療とは
うつ病が治る方法ではないのです。
正確にはうつ病になる方法です。

老人になってからなるのではないのです。
若くして認知症になるのです。

 

最初は物忘れがひどい。

何をしていたのか?を忘れるぐらいで済みます。

でもそのまま悪化をしていき認知症です。

 

抗うつ剤(抗うつ薬)で
身体に起こる変化であるのが
白髪です。
ハゲ、抜け毛の原因にもです。

 

なにもいいことがないのです。

 

身体は重い。
体が動けない。
ふらふらする。
ふらつきがある。
だるい。
めまい。
疲れやすい。
白髪になる。
顔色はどす黒い。

 

それがまさか詐欺だったとは・・・

 

うつ病が治るのが怖いのはあります。
長い間いつまでも治らない。
今更社会復帰をしてもブランクもあるし。

当時は治る気がしないと僕も含めてみんなが思っていました。

 

精神科医は

「経過を見ましょう。」
「様子を見ましょう。」

 

社会復帰をしても再発をして戻ってくる人たち。

そんな彼らや彼女たちをみて再発の確立もあるからと

間違って思ってしまい

あきらめる。

 

精神科・心療内科ではいつまでも治らない。

 

太る。顔色がどす黒くなる。
増える向精神薬。
だるいし疲れやすい。
身体が重い。
ふらふらする。

 

弱気になってしまうときってありますよね?

 

 

うつ病は治る!地道な努力が必要。

うつ病が治るには間違いを認めること・・・

治るためにといってもつらいですが。

自分の悪いところ嫌な面をみることになるので。

 

治るとどうなるのか?

身体が軽いです。

 

なんだか精神科医の治療で、
かえって気分が落ちていく。

やる気がなくなる。

これでは治らない・・・

 

うつ病が治るためには地道な努力が必要です。

 

でもサボりたくなる時もありました。

やっぱりそれまでがだらしがない生活だったので

これを戻すのって大変だ!

ついつい甘い誘惑に負けてしまいがち。

そのたびに自分に言い聞かせる。

 

治っていなかったらどうなるのかを考えると・・・

今頃は大変なことになっていたでしょう。

 

治ると歩くのも軽々歩ける。

走るのも走れる。

重いものも持てる。

 

しまいには・・・

「何かスポーツをしていますか?」

 

と聞かれるようにもなった。

 

モテるようになるにも

やっぱり!

以前の僕だったら誰も相手にしないよなと思うのです。

 

鬱病は治るものです。

しかし治すぞと思っているのを利用して騙して

うつ病が治る詐欺をしているのが
精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)です。

 

最初は抗うつ剤(抗うつ薬)で治るもの改善するものと
勘違い。

しかしこれにはからくりがあります。

抗うつ剤(抗うつ薬)でうつ病になります。

 

頭痛になるのはよくある被害のひとつです。

熱、微熱もでます。

うつ病が治ると言われて騙されているのです。

精神科医も心理カウンセラーも

治すといっているだけの詐欺師なのです。

 

うつ病が治る条件のひとつは

精神科・心療内科にいくのをやめることです。

子供たちや老人たちも餌食にしています。

 

老人性のうつ病。

発達障害とだましては

子供に薬物。

抗うつ剤(抗うつ薬)を使うとうつ病になります。

そして廃人に。

話がうまくごまかされてしまっているのです。

 

様々な症状がありますが。

薬物による症状なのです。

精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)にいっていては

治らないです。

治すには精神科医や心理カウンセラー(臨床心理士)たちが

詐欺師たちだと

きちんと自覚をすることです。

 

そして治るには自分で自力で治すのです。

他がかわりにすることはできません。
ちょっとした手助けはできます。

 

協力できる人たちは、
家族や知人、恋人、友人たちで被害者がいる場合は
応援する、少しの手助けをすることはできます。

かわりにすることはできません。

 

 

まとめ うつ病は治る!

私たちはうつ病は治るのか気になるのですが。

うつ病が治るには自分が発見をすることです。

ただの詐欺であること。

そして自分に騙されてしまったのは

よわさがあり

自分の弱さを突かれてしまった。

 

そして治すぞ!と

覚悟をすることです。

中途半端になんとなくやってみようか?

これだとできません。

自分がダメなのをそのまま受け入れる。

いい面も悪い面も認めること。

 

うつ病が治ると精神科医や心理カウンセラーに騙され。

うつ病は抗うつ剤(抗うつ薬)でなり。

うつ病を治すには精神科・心療内科にいくのをやめる。

鬱病をいつ治すのかは、あなた次第です。

 

死ぬ気でうつ病を治す!

そう決意したあなたを待っている。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。