眠れない・うつ病。薬物依存症。

眠れないしうつ病だ。
うつ病になりなぜ眠れないのか?
薬物依存症に陥っているからです。
精神科医の薬は麻薬です。

最初に疲れたから気分が晴れないから
嫌なことがあって落ち込んでいるから。

ここで先生と言って信じていると
精神科・心療内科の治療が原因で
向精神薬の成分は麻薬ですから
薬物依存症になります。

 

眠れない・うつ病。最初だけは気分がウキウキ。

最初は気分がウキウキした。
よくなった。
元気がでた。

いいえ。
らりっているのです。

 

これで仕事に復帰をしても再発をします。

 

そしてヤクはきかなくなります。

クスリは体に耐性ができてきかなくなります。

そうすると気分が逆に下がる。
落ち込む。

そして眠れない。

 

眠れない状態が続くと
精神に支障がでてきます。

不安がでてきます。
不安症、不安障害の併発。

 

 

眠れない・うつ病。目の下にクマができて。

うつらうつらして眠れない。
疲れてるのに眠れない。
辛い。
睡眠薬を飲んでも夜も眠れない。

うつ症状も悪化する。

しかも眠れない。

昼夜逆転、早朝覚醒、中途覚醒にもなります。

 

目の下にクマができて。

よく白い粉の使用者がしている顔になります。

 

 

眠れない・うつ病。再発を繰り返す。

眠れないしうつ病の対策で
向精神薬、抗うつ薬(抗うつ剤)、睡眠薬の追加
強さがより強いのに変更する。

しかしまたきかなくなります。

再発となります

 

うつ病でなぜ眠れないか?

それは精神科医の治療で治ると思っているからです。

 

 

まとめ 眠れない・うつ病。

眠れないのもうつ病もつくられたもの。

精神科医は治すことはないです。
依存症にして毎週定期的に患者が来るようにする。

お金儲けのためだけです。