うつ病を隠して入社。薬物中毒者では会社に危険の事実。

うつ病とは覚せい剤・麻薬の抗うつ薬など向精神薬でなります。
本日のテーマは、「うつ病を隠して入社。」

うつ病はないのです。
薬物中毒者が会社に隠して入社が事実です。

 

私たちは何かあるとショックを受けたり
気分が優れない状態になります。

こうしたのは感情です。
問題があるのを見えなくしているだけです。

 

自分から採用をする会社側にお願いがあります。

 

うつ病など精神疾患を完治した人には
こうした差別や偏見は持たないでください。

 

クスリに逃げている場合は
内定取り消しをするのが正しいです。

 

面接で病気?依存症を隠す。見抜くのは可能。

面接をしても面接官も

見抜くことがあります。

 

あきらかにおかしいので

見抜くことは可能です。

 

ただし警察官のように

慣れているわけではないですから。

ばれることがなく隠して

入社できる場合もあります。

 

しかしうつ病を隠して入社をするのが

いいのでしょうか?

 

治った後ならいいのです。

 

あなたは病気だと思っていませんか?
違います。

うつ病を隠して入社する考えは

やめることをおすすめします。

 

本当に完治をした人は

もう二度とクスリに手を出さない。

精神科医や臨床心理士をクズと自覚しています。

寛解をするという話も

ただの依存症と認識をしています。

 

うつ病を隠して入社はやめよう。内定取り消しになっても仕方がない。

実際に完治をしたあとは
精神疾患を隠して就職をする必要がありません。

 

詐欺では治らないから

既往歴、内定取り消しといった話にもなります。

 

治ったらうつ病を隠して入社する理由がないのです。

 

ここで精神科・心療内科の受診をして治療ということで
抗うつ薬など向精神薬で治るという話になります。

そして薬物依存症になります。

こうしたのは問題を隠すだけです。

 

最初は気分が改善すると間違って思います。
しかし体に耐性ができてきかなくなります。
気分が低下をします。
うつ病の発症をします。

 

つまり精神科・心療内科では

うつ病や統合失調症、不安障害など
精神病といった病気をつくることで
定期的に患者が治すと思って
通院する状態をつくっているのです。

 

当然ながら悪化を続けることになります。

この症状で辛いのです。

ひどい状態で就活をすると。

うつ病を隠して入社すると。

完治をしていないので会社は危険です。

 

精神疾患を隠して就職・入社。後にばれる。発覚する。

精神疾患を隠して就職、入社をしても

後にばれるものです。

うつ病を隠して仕事をすると

同僚や上司は知らないまでも

薬物をしている人が職場で

すぐ近くにいる状態です。

 

様子がおかしいと気づき
後にうつ病と発覚することになります。

うつ病を隠して転職はこうした裏事情があります。

 

こうしたのを飲み続けていると

健康診断をうけると
腎臓病や肝臓病など数値が悪化する。

癌や認知症、アルツハイマー病、ボケる。

 

会話が成り立たない。

思考能力の低下をする。

見た目も目つきがおかしい。

顔色がおかしい。

体も太るか痩せるかする。

顔も体も左右のバランスが崩れている。

 

これでうつ病を隠して結婚すると

相手も大変なリスクを負うことになります。

子供にも発達の障害がでる危険性もあります。