うつ病で落ち着かない?薬漬けの魔の手

自分は精神科で他の利用者たちと過ごしていたのですが。
薬物依存症にさせられた被害でうつ病に、

落ち着かない人たちが多くいました。
うつ病も落ち着かないのも
覚せい剤・麻薬の抗うつ薬など向精神薬が原因です。

対処法でまた薬をしても同じことか悪化をします。
薬物依存症です。

 

状態の程度は人それぞれでした。
被害状況はある程度の症状で済んでいる人たちもいれば
大変なことに体全体が震えている人たちもいました。

ある程度の場合は
うつ病で体の一部が震える。落ち着かない。
腕が震える、首が震える、指が震える、足が震えるなど。

 

これは詐欺です。
劇薬をしてなるのは依存症。
治るといわれた治療で
うつ病にさせられて落ち着かない状態にもさせられてしまい。

 

 

うつ病で落ち着かない?薬が原因

体や肩に背中・・・

うつ病にさせられて落ち着かない。

困ってしまい
再び精神科医に相談。

別の病院、クリニックの精神科・心療内科にかえて

別の精神科ならと思って。

病院を次々かえていく。

 

対処法でするのは

 

「おクスリの処方をいたします。」

「おクスリの調整をいたします。」

 

精神科・心療内科の職員たちに相談しても

精神科医に誘導される。

心理カウンセラーに相談しても

精神科医に誘導される。

 

そして増やすかより強い麻薬の抗うつ薬など向精神薬をする。

 

最初に依存症になる。
その後禁断症状を抑えるために
向精神薬の追加をする。
強さが強いのに変更をする。

 

 

うつ病で落ち着かない?間違い

みんな、対処法を知りたいのです。

どうしたら治るのか?

いい方法はないのか?

でもここで問題なのは

こういったことも実は精神科医の
向精神薬が原因で起こっていること。

 

うつ病にもなってしまい。

落ち着かない。

頭もうまく動かない。

これを認識をすることからです。

 

そして依存症とは別に

最初からある問題。

 

原因がわかる場合もあれば

はっきりとわからないで
ぼやけている場合もあります。

ぼやけている場合は

大元がなにか?

誰かに学校でいじめられる。
誰かに暴力をされる。
誰かに暴言をいわれる。
誰かに悪口をいわれる。
誰かにくさいといわれる。

 

そして混乱をしてどうしていいのか
わからなくなる。

 

手がつかない?

 

いいえ。

 

この場合は学校をやめる。

転校をする。

 

さらにいえば
でも転校先でまた同じことになる危険もある。

 

通信制の学校にする。

親も協力をして一家で引っ越しをする。

 

うつ病で落ち着かない?やらせだった。

彼らや彼女たちはこのことを知らないので
精神科医やカウンセラーに相談をしていました。

 

どうしたらいいのかな?

うつ病が進行している。

落ち着かないでそわそわする。

頭が動かない。

物忘れが。

お金が。

 

精神科医やカウンセラーが言うのは

 

「症状が進行したからです。」

「お薬をお出しします。」

「公的な支援をうけてください。」

 

最初に向精神薬で頭がおかしくなる。

 

そしてさらにこうして向精神薬を追加していきます。

 

これでまともになった人をみたことがありません。

 

しまいには体を自分ではどうしようもなくなって

全身が常に震えている人たちもいました。

これは完全に向精神薬によるものです。

 

そういった彼らや彼女たちに
事実関係の説明をしましたが。

まったく話が通じませんでした。

もう精神科医やカウンセラーのことを
崇拝している状態でした。

一種のカルト宗教でした。

そして環境もそろっていて。

 

まとめ うつ病で落ち着かない?

精神科・心療内科
心理カウンセラー、デイケア。

イメージもおしゃれにしてよさそうにして。

 

職員たちも一見すると親切でやさしい。

でもこれが甘い罠。

 

あの中に入るともう出てこられないのでしょう。

うつ病もやらせ。

落ち着かないのも。