うつ病が怒りやすいのは麻薬中毒者の事実。

うつ病になる原因は抗うつ薬です。

気分がよくないのは誰でもが

問題があるとでる感情です。

怒りやすいのは精神科・心療内科の治療でなります。

病気ではないのです。

精神科医はそうして問題を抱えた人たちに

気分をよくするといっては覚せい剤・麻薬の処方をします。

 

患者にされてしまった

被害者たちは知らずに

飲み続けているのです。

 

そして数日間もすると

 

薬物依存症になります。

 

抗うつ薬と麻薬の成分は同じです。

 

うつ病が怒りやすいのは精神科・心療内科でつくられる!

ヤクがきれてかえって

更に気分の低下をしてしまいます。

 

これでうつ病というものになります。

 

成分からしてもわかりますが

 

怒りやすいのはよくある症状のひとつです。

 

うつ病はつくられたもの。

 

怒りやすいのも。

 

しかしこれでは済まないことになります。

 

うつ病が怒りやすいと最後は?

よく車の運転をしている最中に

無意識になり人の列にそのまま車で突っ込む。

悲惨な事故があります。

 

あとで薬物が検出されたとニュースになります。

 

同じ状態です。

 

さらにうつ病というもので怒りやすいと。

 

急に暴れる、叫ぶなど

周囲に暴力をふるう危険もあります。

 

実際にあることで事件を犯してしまい

逮捕されてしまうこともあります。

 

しかも本人が覚えていないのです。