うつ病?あなたは医師に騙されている。夫と共倒れしないために。精神科医の詐欺です。

うつ病とは抗うつ薬などが原因です。
成分は麻薬と同じです。

うつ病で夫と共倒れ。

こうした悩みの解決策があります。

向精神薬は麻薬です。

依存症に陥っています。

夫がなぜ理解できないのでしょうか?

それはラりっているからです。

 

えっ?うつ病なのでは?

そう思うのもわかります。

 

うつ病は抗うつ薬、向精神薬、麻薬が原因です。

 

夫婦の仲が悪くなる。

離婚をせざるを得ないのか?

いいえ。

することは離婚ではありません。

 

精神科医に毒を盛られたからです。

精神科・心療内科

そしてクスリへ誘導する心理カウンセラーのカウンセリングへの相談。

こうしたのは詐欺です。

 

問題があるからある嫌な感情。

こうしたネガティブな感情は誰にでもあります。

そこで問題を解決すればなくなります。

 

夫のモラハラ?

夫の対応が冷たい?

うつ病で?夫との離婚したい?

うつ病の夫がうざい?

夫の借金でうつ病?

うつ病?が夫が原因で。

 

わかります。

 

ダメ夫とは別れると

ギャンブル依存症の夫がいたら別れるのが解決策ですよね。

 

ところがここでおクスリを飲むのは

関係がないことです。

 

麻薬を向精神薬、抗うつ薬と信じてしまい

飲み続けると依存症になります。

 

ここで気分が下がる上がるします。

うつ病になり

躁病、躁うつ病、双極性障害の発症。

薬物依存症のことです。

うつ病になってしまい夫に申し訳ないのは違います。

被害にあっているからです。

 

たしかに精神科医も心理カウンセラーも一見親切に見えます。

しかし実態は悪党、犯罪者です。

あなたのため、人助けでしているわけではありません。

あなたをだますのが目的です。

 

困ったあなたに白い粉でラりってわからなくしても

まったく関係がありません。

家庭内暴力であれば

夫を警察が逮捕する。

これは警察がすることですよね?

心理カウンセラーのカウンセリングで相談をしていても

ただの愚痴を言っているだけです。

 

こうしたのはお金の無駄遣いで

それよりも引っ越し費用にあてる

体調管理にあてる

弁護士費用にあてる

防犯グッズの代金にあてる

 

うつ病?夫が?離婚へ。

よくみてきたことのひとつにあるのが夫がうつ病のときがあります。
妻の奥さんが困ります。

どうしたら適切な対応ができるのか?
接し方をどうしたらいいのか?

精神科医のクスリは毒そのものです。

 

夫がうつ病や統合失調症といった精神病で仕事を失い

無職になることはあたりまえにように起こっています。

そうなると金銭面の心配もありますから、
心配をして疲れた。といった声があります。

そして離婚したいという考えにつながるのですが

しかし理由はそもそもいつまでたっても
状態が変わらない、悪くなっていくことが原因です。

収入が必要なのに夫が働けないから。

 

まずは夫に事実の説明をすることからです。

たしかに夫が働かないので
鬱陶しいし気持ちにもなりイライラするのもわかります。

しかしその原因がそもそも

いつまでも治らないからです。

夫が働けないからといって

それで離婚をするのは考え直してください。

一時的なことですから。

 

精神科医や心理カウンセラーのサイトやブログがあるのは
宣伝のためです。

実際には別の業者がすべてを作成しています。

こうして騙しているのです。

 

疲れた夫を大事にしてください。

落ち込んでいるのは誰にでもあることです。

こうしたのは感情です。

問題があることを知らせているのです。

問題なのは

ここで精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングに
行ってしまうことです。

ブログやサイトで精神科・心療内科・心理カウンセラーがしているのは

宣伝です。

すべて外部の業者に作成を依頼しての作成です。

 

 

うつ病は夫が原因ではなく精神科医の詐欺。

うつ病で共倒れをしないためには

早めにこうした似非医療の正体に気づくことです。

うつ病は夫が原因ではないのです。

イライラする。

うつ病だ?夫婦関係が悪くなる。

正しくは向精神薬漬けで夫婦喧嘩もしてしまう。

 

薬物の過剰摂取で。

攻撃的にもなり。

仕事もうまくいかない。できない。働けない。

夫婦仲も悪くなる。

 

しかしもとから問題がある。

 

ギャンブル依存症の夫だったら妻だったら

夫のせいで離婚せざるを得ないのもわかりますが

裏切りですので。

 

治療を治ると言われてはじめてから

なった場合は

事情が違います。

 

元々夫婦仲がいいのに向精神薬漬けで頭がおかしくなるから。

まともな思考能力が失われてしまい。

夫婦間で今一度冷静になることをおすすめします。

子供への影響もあります。

麻薬をしながら妊娠・出産をしたら
毒で子供は大変な影響を受けます。

 

夫が何もしないからむかつく?

別居でもしようか?

わかります。

周囲に言えない。

わかります。無理に言わなくていいです。

 

うつ病になったのが夫の転勤だったら

いっそ会社を夫が退職する。

そのぐらいは夫は協力すべきです。

できないのならその程度の夫です。

 

夫がうつ病の場合は、妻にはできることは支えることです。

具体的な対応にはすることがあります。

それは夫に精神科医やカウンセラーが

クズで詐欺師だと説明をして
こういった似非医学との決別をすることです。

 

まずは夫に薬害に陥っていることを

なんとかして理解させることです。

暗示がかかっていますので

 

場合によってはかなり大変なことになります。

精神科医にいくとこうして向精神薬と騙されて
飲み続けることになってしまいます。

 

それで落ち込んでいたのが
寝つきがあまりよくなかったのが

うつ病や統合失調症、眠れなくなる、不眠症になり
精神病になります。

 

精神病とは
精神科医やカウンセラーによってつくられていることです。

 

心理カウンセラーも危険でお金の無駄遣いです。

精神科医のクスリに誘導します。

それに心理カウンセラーには問題を解決する力はありません。

 

ただの愚痴を言っているだけになります。

 

職場がひどいから疲れたのなら
心理カウンセラーが会社に乗り込んで
そういった問題をなくすことはできません。

 

できるふりをしては実際にはなにもできません。

精神科医も心理カウンセラーもやめましょう。

 

 

夫の借金はうつ病になって様子がおかしくなってから。

夫がうつ病だと無職です。
そして借金をする、
ギャンブル依存症になってしまう危険性があります。

こうして夫の様子がおかしいのは
精神科・心療内科に通院を始めてから。

劇薬で性格が変わるのです。

これは警視庁の説明にありますよね?

妻に離婚をしたいと言われたこともなかにはあるでしょう。

そして慰謝料や親権のこともでてきます。

ところがです。
そもそもの原因は何でしょうか?

精神科医と心理カウンセラーです。

 

そして
向精神薬という名の毒です。

薬害なのです。

もともとあったのに加えて

更に薬害にもなっているのです。

 

夫がいつまでたっても治らない原因ですよね?

 

治る詐欺なのです。

 

そしたらもう問題ははっきりとしています。

こうした詐欺。

精神科医や心理カウンセラーをやめることです。

 

たしかに妻も大変です
極限の状態に追い込まれてしまいますから。

でもここでするのは離婚ではありません。

詐欺師が原因だと自覚をすることです。

夫がうつ病だと仕事を退職することが多いです。

それで不安にもなります。
妻も不安になります。

ここで大事なのは
なぜこうなったのか?
その原因です。

 

原因がわかれば解決策をみつけることができます。
精神科医と心理カウンセラーです、原因は。

ここでそのままズルズルと何かいいことがあると思って
行ってしまうと

薬物の過剰摂取で
命を落とすことにもなります。

 

冗談ではありません。

それだけ危険なのです。

 

ニュースによく有名人が逮捕されるのを見ますよね?

あれなのです。
白い粉で逮捕される。

 

夫がうつ病だとイライラもします。
いつまでたっても治らないし。
イライラする。

しかしこうした妻のイライラが原因で
夫はさらに追い込まれてしまいます。

 

たしかに自分も見てきましたが
なかにいてわかったのは

いつまでも長期の間にわたって治らない。

体調が悪化していく。
頭もおかしくなる。
いっていることもろれつがまわらないで
会話ができない。

 

そして精神科医、心理カウンセラーのカウンセリングで

 

「症状が進行しました。」

「病気とうまく付き合いましょう。」

「おクスリは一生飲み続けるものです。」

 

それで

 

「ええ?治らない?治るっていっていたのが?」

 

本人もですが
妻にしてもやる気がなくなるのもわかります。

 

しかしこうして長引かせているのが
精神科医と心理カウンセラーなのです。

 

長くなれば長くなるほど
精神科医とカウンセラーは儲かるのです。

すべては詐欺です。

 

 

うつ病に一番理解がないのは精神科医と臨床心理士。夫も辛い。

うつ病とはお金儲けのためつくっているものです。

精神科医と臨床心理士が一番理解がないのです。
それもそのはずです。
本当のクズだからです。

夫も辛いのです。

詐欺にあってしまい。

 

夫がうつ病になるのは転勤でなることもあります。

 

白い粉の向精神薬で自殺をすることもあります。
気を付けてください。

 

また妻も嫌になってしまいがちです。

 

しかしです。よく考えてください。

転勤をすると職場の環境が変わります。
住む環境も変わります。

 

新しい環境になじめないからです。
うまくいかずに自信もなくなり落ち込みます。

これは場所が悪いのです。あっていないのです。

場所を変えることが解決策です。

 

精神科医のクスリで
向精神薬をしてもなにも環境はかわりません。

まったく関係がありません。

 

精神科医やカウンセラーにいくのをやめる。

ただのクズだとわかること。
お金の無駄遣い。

 

そのお金を引っ越し費用に充てる、
転職費用にあてるのが
正しいお金の使い方です。

 

詐欺師に支払ってお金をドブに捨てるのをやめましょう。

 

自分も見てきて実際にいましたのでわかりますが
精神科医やカウンセラーによって
夫がうつ病にさせられて
または妻がうつ病にさせられて

そして心配になった妻や夫が
付き添いでいつも一緒にきては

なんとかしようと懸命にがんばっている姿が数多くあり。

 

しかし疲れてしまって離婚をしている夫婦が数多くいました。

または夫または妻も疲れたので
精神科医やカウンセラーにいってしまい

夫婦でうつ病や統合失調症、
幻覚、幻聴、パニック障害、精神病にさせられている
人たちも数多くいました。

 

こうして円満だった夫婦が離婚をしてしまうのも

精神科医と心理カウンセラーによるものです。

 

夫がうつ病で働かないから。

妻が夫に当たられることもあります。

夫にしてみたら嫌になってしまうのです。
何もかもどうしようもなくて。

やけになってしまいます。

でもそういっても妻に当たっていいわけではありません。

 

ここで冷静になり立ち止まりましょう。

 

ごくごく普通に考えればいいのです。

薬害で頭がおかしくなるのです。

 

セロトニン仮説もないもの。

仮説です。

作り話でもうすで間違いであることが明らかになっています。

 

 

夫の死を避けるには?うつ病という詐欺からできる!

夫がうつ気味でうつの兆候が見られるときは
妻の支えと
問題から離れて休むことです。

休息をとって疲れをとります。

 

そして問題の解決をします。
会社がいやなら転職をするのです。

 

問題の解決をすると

こうしたことはなくなります。

 

感情が問題があることを知らせているのですから。

 

そしてなんとしてでも避けるべき大事なことは

夫の死。

 

そうです。
添付文書にも記載がありますが
自殺をしてしまう危険があります。
しかも無意識にしてしまう。

 

うつ病からの方法はくわしくはこちらにあります。

 

 

よくネットでは夫がうつ病で鬱陶しいことの理由を

精神科医やカウンセラーが説明しているのがあります。

 

これはやらせです。

宣伝のひとつです。

実際にはなにも実績がありません。
それをあるように見せかけているのです。

治るという話があるものの

実際に治った人はいないです。

 

精神科医のクスリで脳にダメージを負います。
大変になり
妻がそんな状況が続くので鬱陶しいのでいやになる。

ここで精神科医や心理カウンセラーに行って相談ですか?治療ですか?

自作自演です。

 

治るや治らないという話ではありません。

詐欺です。

 

うつ病で困るのはわかります。
ほんとうに大変ですから。

この原因は精神科医のクスリです。

精神科医や心理カウンセラーがつくっているのです。

 

こうした詐欺師と決別です!

そんなあなたたちを待っている。