麻薬で。うつ病は病院でつくられる薬害!行ったら終わりに。脱出する方法は?

うつ病とは麻薬と同じ成分の抗うつ薬でなる。

病院に行ったら。人生が終わりとなる。

彼らもうつ病の話を信じていたために

結局は終わりになった。

僕は脱出してわかるのは

誰も治った人がいない。

 

そしてうつ病は薬害。

 

 

元々からあるのは

 

別に原因がある。

 

よって治す方法もまったく違う。

 

 

 

うつ病の詐欺にあい人生が終わり。

 

仲間たちにもうつ病はないと説明をした。

 

僕の完治をしたのを見て

 

あまりの変化の違いに自覚した。

 

そして治す方法をして

 

今ではすっかり健康そのもの。

 

 

精神病の病院やクリニックに行く前よりも

 

元気にしている。

 

 

一方で彼らたちにも

 

僕らは説明はしたが。

 

終わりだった。

 

 

彼らは精神科医や

 

臨床心理士のカウンセリング

 

精神科・心療内科の

 

看護士や福祉士、

 

職員たちに

依存をしていた。

 

 

そして口からでた言葉は

 

 

「うつ病を治すためにここにきている。」

 

「だから抗うつ薬(抗うつ剤)を飲んでいる。」

 

「この治療をやめろってバカじゃないの?」

 

彼らにはっきりといえるのは

 

甘え。

 

だらしがない。

やる気がない。

 

 

そして

 

うつ病の利権を満喫していた。

 

 

 

うつ病で薬を売るだけ。依存症で終わり。

 

たしかに彼らはうつ病と言う診断書で

 

休職の手当があったり

 

生活保護の受給者であったり

精神障害者手帳、

 

障害年金の受給者であった。

 

たしかに

 

この状態になってしまっても

がんばって脱出をした人たちもいるが

 

彼らは終わりだった。

 

 

 

うつ病はないもの。

 

精神科医は薬を売るだけ。

 

 

つまりは

 

 

「覚せい剤・麻薬でらりって嫌なことを忘れましょう。」

 

 

これだけ。

 

臨床心理士のカウンセリングも

 

薬へ誘導するだけ。

 

 

私たちは辛い時もある。

 

しかしそうした弱みをついた詐欺そのもの。

 

 

そもそも彼らは調子がいいことは言うが

 

実績がない。

 

 

うつ病という作り話で

 

長年の間にわたって詐欺をしているだけ。

 

 

 

うつ病はない。終活で終わりか?それとも?

 

うつ病と思っていた

 

彼らのその後は終わりだった。

 

 

安定剤や睡眠薬も

 

向精神薬は麻薬。

 

うつ病はやらせ。

 

 

この話が通じない状態だった。

 

 

最後は

 

過剰摂取で

 

死亡をした。

 

 

 

早死にだった。

 

終わりだった。

 

 

終活をすることもなく。

 

 

例えば当時の一例をあげると

 

あれは悲惨な終わりだった。

 

 

アパートの部屋に入ると

 

異臭がした。

 

部屋はごみだらけで。

 

彼からのあの匂い。

 

腐敗していた。

 

 

あとでわかったのは

 

亡くなってから

 

誰も気づかないで

 

しばらくの間そのままだった。

 

 

あなたはどうするのか?

 

するのはあなた自身にしかできない。

 

 

うつ病のままで

 

終わりにするのか?

 

必死にして

 

脱出をするのか?