パーキンソン病、うつ病の治療薬が原因!抗うつ薬、睡眠薬、向精神薬漬けでなる罠!精神病はつくられた病気。

パーキンソン病になってしまう原因にうつ病の治療で使う抗うつ薬、睡眠薬など
覚せい剤・麻薬の向精神薬漬けでなってしまうリスクがあります。

パーキンソン病になるのがうつ病の診断後の治療で。

たしかに最初は
辛いから。
問題があるから。
大変だから。
疲れた。

しかし精神科・心療内科の受診をしてしまうと
精神科医に覚せい剤・麻薬の処方がされます。

 

覚せい剤・麻薬では
一時的には

覚醒作用。
身体活動の増加。
食欲の減退。
呼吸数の増加。
心拍数の増加。
不整脈。
血圧の上昇。
体温の上昇。

 

パーキンソン病、うつ病の治療薬が原因!本当に早死に死亡します。

たしかにこれで最初だけはいいのです。
短期的には気分がよくなるので。

これで治ると思ってしまうとそのまま
自覚をしないままに

このままクズ医療を信じていると
精神科医を先生と
臨床心理士を先生と言っている。

 

しかし長期的には
パーキンソン病を発症をする危険があります。

パーキンソン病の発症もですが
認知機能に障害がでます。

判断力や意思決定能力にも悪い影響があります。

また危険な行動をする危険もあります。

 

パーキンソン病を発症するリスクがあるのです。

 

事件を起こしてしまう。
自分でもわからないままに。
気づいたら逮捕されて刑務所に入っていた。
犯罪者に前科者になってしまう。

 

自殺を無意識にしてしまった。

飛び降り自殺をしてしまった。

 

暴れる、急にキレる。

叫ぶ、発狂するなど。

他人に危害を加える。

 

パーキンソン病?なんとかなるから?
薬物をしているのをわかっても
こうして先送りをしていることが多いです。

本当に大丈夫でしょうか?

 

 

パーキンソン病、うつ病の治療薬が原因!知的障害者にもなる危険。

そして精神科医に行っては騙され続ける。
臨床心理士もクスリを売るだけの精神科医に誘導。
パーキンソン病にもなる。
お金の無駄遣いどころか
高い支払いどころか
早死にする、死亡する。

 

「パーキンソン病の発症、うつ病と併発をしたいのでしょうか?」

 

覚せい剤・麻薬の使用で起こることは

 

・思考力の低下。
・理解力の低下。
・学習に悪い影響。
・記憶力の低下、物忘れがひどい。
・運動能力の低下。
・言語学習能力の障害。

 

・脳の障害。
・知的障害者にもなる危険があります。

 

・極度の体重の減少、増加。
・深刻な歯科疾患。
・歯がボロボロになる。
・激しい痒み。
・皮膚炎。
・不安、不安症、不安障害、パニック障害。
・混乱。取り乱す。
・睡眠障害。
・暴力行為。
・幻覚が見える。
・幻聴が聴こえる。
・被害妄想
・妄想癖、妄想症。
・他人に対する不信感の増長。

 

・HIVウイルス
・B型肝炎
・C型肝炎
・感染症のリスク。

 

向精神薬
抗うつ薬、睡眠薬、睡眠導入剤、
精神安定剤、抗不安薬の成分は
覚せい剤・麻薬と同じです。

 

精神疾患は薬物依存症。

 

原因を作り体調を悪くして治る方法で治療といっては
薬を売るだけ。
自作自演なのです。

 

うつ病は薬害と自覚をしたら?

 

 

パーキンソン病、うつ病の治療薬が原因!支援する?あきらめた?

パーキンソン病とうつ病の関係は薬害です。

しかしよくあるケースで
違いがあるといっては
クスリを飲み続ける。
あげくに文句をいってきたりもする。

 

この場合は周囲はあきらめるしかないです。

自分もこうなってしまった場合は
もうあきらめた。
こうするしかありません。

薬物依存症と関係を持つのはとても危険なことです。
巻き込まれてしまうと大変です。

 

パーキンソン病になりうつ病の症状?
依存症の症状。

 

パーキンソン病とうつ病という薬物依存症の併発。

パーキンソン病にうつ病の治療というので発症してしまうのです。

 

そしてパーキンソン病の薬も使い。

パーキンソン病にパーキンソン症候群にうつ病という薬害。

 

まとめ パーキンソン病、うつ病の治療薬が原因!

薬物依存症で大変な状態になります。
人生が台無しになります。

 

精神科医とは
うつ症状があるといっては
治療が必要だからといっては薬を売るだけです。
臨床心理士もそんな辛い困った人に
さらにクスリをするようにいうだけです。
クズなのです。

治るといってはダメにしていく。
改善するといっては廃人にする。

 

寿命も短くなる。
早死にする。

精神科医、臨床心理士のカウンセリング
精神科・心療内科の職員たちが原因で
人生が終わります。

人の弱みに付け込んだクズです。

 

パーキンソン病にもなる。
精神症状も不安定になる。

 

初期症状のうちに自覚をして
早めに似非治療を受けるのをやめるのがいいのですが。

精神科・心療内科・デイケア・臨床心理士のカウンセリング。
に通院をしていると
終わります。

 

精神科・心療内科に行っている限りは
パーキンソン病になりやすい人です。

精神病の症状は依存症。

 

うつ病は薬害と自覚をしたら?