テレワークでうつ病?麻薬の抗うつ薬を売る口実です。

うつ病がテレワークで減少。
コロナウイルスがきっかけでテレワークに移行をし
自殺者数が大幅に減った統計がでました。
会社に行かなくていい。
学校に行かなくていい。
嫌な人間関係から解放されて。

コロナをきっかけとしたテレワークで
うつ病にならずに数千人の人数が助かったのです。

人間関係が原因でうつ病に。

これがならないからです。

 

テレワークでうつ病?人間関係で嫌な思いに麻薬?

もしかしたらうつ病かもしれない?

そして精神科・心療内科のサイトやブログをみて
チェックリストをしてしまい罠に引っかかってしまう。

精神科医にうつ病と診断名をつけられる。

そして抗うつ薬など麻薬の向精神薬で

頭がおかしくなるのです。

 

人間関係で嫌な思いをする。

これは嫌な感情。

そこに居てはいけないと知らせているのです。

 

しかし麻薬の向精神薬をしてしまうと

らりって忘れるだけです。

 

問題はそのままです。

精神科医の治療を受けなければ

うつ病までにはならないのです。

 

 

テレワークでうつ病?親切そうだった?演技です。

一時的に覚せい剤で気分が上がる
よくなっても

体に耐性ができて気分が気分が下がります。

うつ病の発症をします。

そして薬物依存症です。

 

重度のうつ病になり。

双極性障害、躁うつ病にもなります。

不安症、不安障害の併発もしてしまいます。

 

臨床心理士も親切そうだった

理解をしてくれると思っていたら

実はクズでお金の無駄遣いで
でたらめだった。
高い請求をして
抗うつ薬(抗うつ剤)など向精神薬を飲むように
強制をしてくる。

 

しまいには薬物の過剰摂取で死亡します。

 

テレワークでうつ病?コロナで実験。

コロナウイルスでテレワークになり

また元の
会社へ出社する。
学校へ登校する。

しかし今回のコロナウイルスでの

テレワークが実験となりました。

 

テレワークを本格的に導入する企業が増えていきます。

東京でいえば

テレワークの影響で空き物件が増えてもいます。

 

うつ病になるのが都会にあるのなら

テレワークで都会から離れた場所でテレワークで仕事。

 

逆に
都会のほうがいいから都会でテレワークで仕事。

 

学校もテレワークで登校。

設備が必要な授業は登校するとしても。

 

 

まとめ テレワークでうつ病?

これをきっかけにして

精神科医や臨床心理士の詐欺に
治す詐欺の話に
ひっかからない人が増えることを

望みます。