うつ病と恋愛。麻薬の向精神薬をやめよう!

向精神薬は麻薬。
うつ病は一度らりってその後ヤクがきれるとなる症状。
うつ病で恋愛をするとしたら
うつ病が治った後に恋愛をするのが順序としては正しいです。
もしうつ病ということで薬物依存症のままで
結婚、妊娠、出産をするのはとても危ないことです。

 

向精神薬が妊娠中に胎児にいきます。
女性だけではなく男性の精子にも異常がでます。
警視庁の説明にもある通りで
子供が奇形児になる危険性があります。
発達に障害を負うこともあります。

 

うつ病になると恋愛感情にも支障がでるのです!
恋愛ができないのはおかしいことではないのです。
抗うつ薬もですが向精神薬漬けになると
さまざま悪い影響があります。

そのひとつに恋愛できないこともあります。
回復をするには
こうした抗うつ薬や向精神薬といったが
原因だと認識をすることからです。

 

うつ病と恋愛。恋愛は回復をしたあと。

またうつ病では恋愛感情にも問題がでてしまいます。
向精神薬で頭、脳がおかしくなるのは
成分からしてもわかることです。

そしてうつ病のままだと恋愛をしても別れる。
恋愛をするとしても回復をしたあとにするほうが

望ましいです。

 

また向精神薬の影響はとても危ないです。

具体的にどういったふうになるのかは
人によって、またその時によって症状が違います。

 

躁うつ病になる人もいれば
幻覚、幻聴、妄想、
不安症、不安障害、パニック障害、コミュ障害(コミュニケーション障害)

 

薬害で性格、恋愛体質まで変わります。

うつ病ということで精神科医の治療によって
抗うつ薬、向精神薬によって
恋愛観、恋愛体質にも変化があります。

恋愛依存症にもです。

うつ病では恋愛感情にも支障が悪い影響がでます。
これは抗うつ薬、向精神薬漬けになるとなることです。

またうつ病というのも、抗うつ薬や向精神薬漬けになると
発病するものです。

 

これで恋愛できない状態にもなります。

回復をして恋愛をするには
まずは抗うつ薬、向精神薬漬けが原因だと
認識をすることです。

 

うつ病と恋愛。精神科・心療内科の治療で回復期はやってこない。

たしかに精神的に病むときはあります。

しかしほとんどは軽症、軽いのです。
重い症状となる場合は、本当に限られた人たちです。

しかし治ると思い軽い状態で向精神薬を飲み続けるから
うつ病になるのです。

治すといわれた治療で悪化をするのです。
そして薬物依存症にもなり。

恋愛関係にも悪い影響がでてしまい
うつ病どころか様々な被害が実生活にでてしまいます。

うつ病と診断されてしまったためにある被害には
恋愛できない。

うつ病の回復期はやってこない。

うつ病・・・抗うつ薬、向精神薬漬けで恋愛にも
悪い影響。

恋愛依存症にもなる危険があります。

抗うつ薬、向精神薬でうつ病になり

うつ病で恋愛をすると

別れが多いです。

 

一つ上げますと
恋愛依存症があります。

これだと相手が本当に大変です。
負担が大きすぎるのです。

実際にそういった理由で恋愛をしても
別れたといった話が大変多かったです。

 

これは抗うつ薬、向精神薬の悪い影響もあります。

それと

もともとある

その人の問題もあります。

 

治すには抗うつ薬、向精神薬の害について理解をする。

理解をしないと断薬はできないです。

 

すぐに少し減薬をしたら
我慢できずにすぐにまた抗うつ薬、向精神薬を飲みます。

これは依存症です。

 

それと自分の問題点を治す。

どちらかでは治りません。

治すには言い訳をせずにすることです。

 

 

うつ病と恋愛。相手にされない。

厳しく言います。
甘いことを言うのはよくないことですから。

恋愛できるのも程遠い。

周囲の人たちにしてみたら
麻薬をしていることまでは知らないでしょうが

 

でも怖い、気持ちが悪い、気味が悪い。

少なくても精神病という人たちは
おかしい行動をする。
頭がおかしい。

 

こういったことはわかっています。

誰も相手にしないのです。

 

相手の立場になって考えるとわかります。

これでわからない。自分は悪くない?
そう思ったらそれはもう性格が自己中心的です。

性格がクスリで直る、治る、改善することはできません。

うつ病の状態で恋愛をしたい、片思いも。

 

でもみてきてわかるのは
クスリを飲んでいての恋愛経験はのちに悪い結果となること。

相手も同じ向精神薬を飲んでいる
うつ病、統合失調症、精神病、
同じ状態の人にしか相手にされません。

うつ病だけど恋愛したい。

治った後にすることです。

そうしないと相手にも多大な迷惑がかかります。

ここでそんなことはない差別、偏見と思ったら
自己中です。

そうした性格では誰にも相手にされません。

こうしてうつ病のひとが恋愛対象には
最初から入らないのです。

うつ病の人とは恋愛したくない。

気持ち悪いのです。

うつ病の恋愛については認めるとか差別はよくないなど

そういった話ではありません。

してはいけない薬物をしているのです。

 

例えば日記に自分の問題点を書き出す。

うつ病のときの恋愛モードがいかに頭がおかしくなるのか。

出会いもひどい人ばかりなのも。

 

うつ病の回復期。

恋愛感情にも変化があり回復します。
恋愛できる、そして治るのも。

恋愛したくないのは
自信の喪失です。

結局抗うつ薬、向精神薬漬けになると
体調が悪くなっていく。
思考能力にも悪い影響があります。

そして自信の喪失にもなります。

 

 

まとめ うつ病と恋愛。

うつ病の悪化は向精神薬で。

うつ病で恋愛感情がなくなるのも。

うつ病の原因は向精神薬
恋愛は依存症なのでそれどころではありません。

 

うつ病での恋愛。

実は恋愛ができないのは
薬害によるところが大きいです。

そして自分にもともとある問題点。

治ると思っていたのが

発病する原因。

うつ病を克服するには?