うつ病?真実はアノ粉を知らずに使い会社に連絡できないから。

うつ病は「白い粉」でなる薬害です。
よくニュースで捕まえる芸能人や有名人。
同じ成分です。

この状態で会社に連絡できないのは常識です。

うつ病と言っている本人に
会社はうつ病はないもので薬害と伝えることです。

 

治る方法はあります。

 

しかし何度伝えても、

 

「うつ病だから〇〇です。
「調子が悪いから連絡できないです。」

 

話を聞かない場合は辞めさせたいと思うものです。

これは甘えなのであきらめるのが正しいです。

 

職場に電話ができない。会社はどう判断する?

自分はこの一連の詐欺を自覚することそして
完治をしました。
仲間たちもそうでした。

 

しかしうつ病といっては精神科・心療内科にいっている人。

彼らは終わりました。
または問題を起こしてしまい逮捕

刑務所に入っています。

 

事実の説明をして

 

ここで本人がきちんとこうした
うつ病で連絡できないのは詐欺とわかる。

 

クズたちと決別をするか?

それとも

そのまま行き続けているのか?

 

ここでサポートできるのは本人が

 

行動を起こしている場合です。

休職をする意味もあります。

 

しかしそのままクズたちを信じている場合は

支援できません。

 

ひどくなるので

 

例えば職場に電話ができない。

 

うつ病といってはライン、lineも返せない。

 

連絡できないので

会社としてももうやりようがないです。

 

ここまで症状が進行したら退職をさせるのも手です。

 

うつ病で連絡はしない方が良い?連絡をとりたくないのはあるが。

うつ病で連絡はしない方が良いのか?
これは最低限はしないと会社も仕事にならないので必要です。

たしかに本人は連絡をとりたくないと思うのです。

うつ病で連絡できないのはあります。

ただしその中身が大事です。

 

本人が集中して治るために行動をしている。

この場合は応援をする

メッセージを伝えるのもいいでしょう。

 

lineぐらいであれば返信できないこともないです。

 

一方で説明後も

体調がうつ病で悪いから精神科医の治療を受けている。

この場合は連絡しないでいいでしょう。

もう手遅れです。

 

仲間たちが完治をしたのは

ここで行動を起こして必死にしたからです。

 

やらないのなら治らないです。

 

うつ病で連絡できない状態から会社へ戻れる。

うつ病とは自作自演です。

 

これとは別に問題があります。

 

うつ病や統合失調症、不安障害など
精神の疾患という言葉は忘れてください。

 

しっかりとすれば完治します。

 

そして会社へ復帰もできます。

 

しかもかえって以前よりも健康になるので

 

仕事も楽々こなすことができるようになります。

 

うつ病で連絡できないのは本人も辛いのです。

 

支援できる場合は会社も支援をしましょう。