うつ病と理解。治る治らないの分かれ目は?

うつ病なのに理解されないから辛い。
そう思っていたことがありますが薬物依存症だったら
そう思われても仕方がないことだとわかりました。
向精神薬の成分は麻薬。
これではうつ病が理解されないのが普通のことです。

そもそもがネガティブな感情
そして精神科医が治療というので麻薬の処方。
これで気分の改善すると。
治ると間違って理解をしているのです。

 

うつ病と理解。白い粉を理解する人はいない。

最初はいいけどその後はヤクがきれます。
そしてダウンします。
うつ病の発症をします。

うつ病と思うのをやめることです。

嫌な感情があり白い粉をしているのです。
麻薬に溺れている人です。
理解されないのが当たり前です。

問題をなくす改善することを理解する人はいるものです。

うつ病を理解してもらえない。
家族に。
理解のない親なのでしょうか?

家族に原因がある。
夫に原因がある。

そしたら問題をなくすのには
彼らたち、彼女たちがかわることです。

 

向精神薬を飲むとしても
ほかの人がかわることはありません。

ほんとうに夫があなたの問題を理解しない。

そしたらひどい夫です。
別居する、離婚すること
検討してみたらいかがでしょうか?

 

人はよくなる人は間違いに気づいて改善するのですが。

どうしようもない人は間違いを見ないことにして
悪くなっていきます。
悪くなるとほかに責任を転換する。
逃げているだけ。

 

 

うつ病と理解。過剰摂取で死亡か生還をするのか?

あなたはどうでしょうか?
先送りをしてクスリの過剰摂取で死亡をするのか?

それとも
戦うのか?
生還をするのか?

 

うつ病を理解しない親。
うつ病に理解のない家族。
うつ病に理解のない夫
うつ病を理解してくれない親。

家族がうつ病に理解なし。

うつ病を理解しない人なのは当たり前です。

 

しかし問題、課題をなくす
改善することを理解する人はいます。

依存症は親不幸です。

うつ病を理解できないのはそういうことです。

 

 

うつ病と理解。らりっている危ない人。

他にはうつ病が理解されない会社があるのは

むしろ普通のことです。

職場にらりっている人がいたら

怖いです。
いきなり暴れる、叫ぶ、暴力をふるう、キレるなど
する危険性があるからです。

うつ病が理解されないからと上司が悪いのではなく
依存症と理解しないのが悪いのです。

 

職場改善に理解のない上司だったら
退職、転職が治すための解決方法です。

薬をしても治るものではないです。

 

薬物中毒者と知らずとはいっても何か異変があるのは
わかっているのです。

 

周囲の人たちはうつ病という人がいたら
理解力低下があるか?
あったら薬物をしている危険があります。

 

落ち込みで理解力の低下はありますが限定的です。
寝不足だとうまく考えられないですよね?
そういった感じです。

 

しかしうつ病なのか?理解力があきらかにおかしい。

うつ病というけど理解不足がひどい。
うつ病だからというけどいくらなんでも
理解不能に陥っている状態では?

理解を得られないのも行動がおかしいから。

うつ病に理解のある会社をするのではなくて
悪い労働環境、待遇、
職場を改善するのに理解ある会社なのかが大事なのです。

 

 

うつ病と理解。あなたはどうしますか?

うつ病といって薬害を理解できない人がいます。

そして文句ばかりを不満ばかりをいう。

うつ病を理解されない!
彼氏がむかつく。理解してくれない。
うつ病を理解してもらうにはどうしたらいいのか?
うつ病を理解してくれない人ばかりで。

 

精神科・心療内科・デイケアに多かったです。

うつ病や精神病というのは間違いです。

 

人生の困難を乗り越えた人たち。

彼らたちは彼女たちは

たしかにがんばって努力をして
問題をなくすことをしていました。
自分のだらしがないのも欠点も直す、治すために
がんばっていました。

もちろんクスリも精神科医も

心理カウンセラーのカウンセリングも
役に立たないのです。
お金の無駄遣いです。

 

それで問題をなくしていき。
社会復帰を果たした。

クスリもいらないことに
関係がないことに気づいて
減薬をしていき断薬をしてやめて。
彼らは精神科医も心理カウンセラーのことも

まったく信じていないで。

 

周囲の人たちも彼ら、彼女らの支援やサポートはできます。

がんばりましょう!

治し方が間違っているだけですから。

 

 

その一方で多かったのが

うつ病の理解がないから。

理解するにはわかってほしい。

しかしそういっている本人たちは

だらしがなかったです。

朝から甘いものを食べて漫画本を読んで

悪口をいっている。

自分は被害者だから支援をサポートされて当然。

 

周囲の人たちはあきらめたほうがいいでしょう。
支援やサポートはできません。

 

ここが分かれ目です。

 

まとめ うつ病と理解。

うつ病を理解してもらえないのは
こうした薬害にあっているからです。

しかし問題があるので改善する必要がある。

直す、治す必要があることに理解を示す人たちは
結構多いです。

 

あなたがどうしたのか?

うつ病といった話を忘れるのか?

治るや治さないのという話でもないこと。
治す詐欺だったとしっかりと自覚をするのか?

 

そして人生のやり直しをなんとしてでもする
覚悟があるのか?