うつ病と離婚の調停。実は麻薬の抗うつ薬で依存症。家庭崩壊の罠!

うつ病の原因は抗うつ薬による薬害です。
成分が麻薬と同じです。
気分が優れないのをこれで治るといわれ依存症になります。
よく一般的な話で薬物を使用すると家庭崩壊するといいますが
それなのです。
今日は精神疾患はつくられた
病気でどうするのがいいのかを
お伝えします。

 

離婚したいと思う前に。離婚話はつくられた被害。

依存症で家庭崩壊します。
そして誰もが夫も妻も相手の頭がおかしくなるのが
精神疾患と間違って自覚するのを詐欺に利用されています。

離婚したいと思うのも意味不明な行動や言動だからで。

しかし離婚話は待ちましょう。
離婚したがるのもわかりますが
ここは冷静になり薬害でパートナーの思考に悪い影響があり
うまく考えられないのです。

 

お互いに後悔をすることになります。

精神科・心療内科でこの種類の被害も大変多かったです。

 

彼ら、彼女たちは
離婚調停でドロドロの争いをしていました。

 

親権の争いに養育費、慰謝料。

 

しかし離婚したくなる原因は

うつ病。

 

うつ病だから治療で治すと診察でなり。

なることです。

 

診断書も明確なものがないので
内容も客観性がなく科学的にも根拠がなく。

 

離婚回避を!子供のためにも。

うつ病は薬害です。そして元々あるのは嫌な感情。
問題があるからでてくる感情です。

離婚回避をしましょう。

 

完治をする。

 

子供も家庭環境が不安定では教育上も悪いです。

 

ストレスになることや不健康であったり。

人間関係が悪いなど。

 

自分の性格が自己中で身勝手など。

 

修行が必要です。

 

離婚協議中になると

裁判であったり

離婚届の理由。

 

離婚調停中には離婚した方がいいのか悩み

 

しかしこうしたのも
離婚の原因が別にあるのがわかると
話が変わります。

 

夫婦で話し合いをすることをおすすめします。

離婚訴訟もせずに。

離婚前に考え直すことをおすすめします。

 

離婚問題の被害。旦那も妻も冷静に。

離婚される相手も好きで

うつ病になったのではないのです。

詐欺です。

離婚したくないのです。

 

こうした薬害での離婚問題。

 

まずは自作自演の似非医療と

自覚することです。

 

くわしくは
こちらでうつ病などを解決しましょう。

 

 

躁うつ病も依存症です。

自分がうつ病だったらどうでしょうか?

 

離婚を迫られた夫や嫁。

夫のうつ病は精神科医が作り出しているのです。

 

完治。その後は?治ると変わる!

うつ病も精神病も完治できます。

その後の治ると性格もいいほうに変わります。

 

クスリで脳にダメージを負うので性格も悪くなってしまいます。

ネガティブに考えるようにもなり。

 

非定型うつ病という名称も
結局は薬を売るだけのためのものです。

 

配偶者が臨床心理士のカウンセリングにも

行っている場合は

早急にやめさせましょう。

 

薬への誘導をしています。

 

パートナーの方も後になればわかります。

騙されていたと。