うつ病の再発?クスリを飲み続けるから。

うつ病の再発したらかえって重症化した。

鬱病で仕事の休職をしてまで傷病手当金も使い

しかしうつ病の発症も再発も原因がその治療にあるのです。

再発サインは抗うつ薬などの向精神薬の過剰摂取。

うつ病の再発する理由にも気づかずに
精神科・心療内科で治ると思い込まされているのです。

 

会社に原因があるのでしたら

ひどい会社の場合は転職、退職をすればいいのです。

妊娠中、産後にマタハラを受ける。

パワハラがある。セクハラがある。

会社がだらだらといていて就業時間が長時間労働。

 

しかしここでチェックリストをしてしまい

精神科医の診断をうけて治療を受けると

これがきっかけでうつ病になります。

 

最初はたしかに疲れたので

向精神薬を使えば気分が上がります。

覚せい剤の向精神薬の使用をして気分がハイになるのです。

 

 

うつ病の再発?ヤクがきれる。

こうした危ない劇薬をしていると

次に来るのはヤクがきれる。

禁断症状がでます。

そうすると気分が下がり

うつ病になります。

または頭がおかしくなるので

双極性障害、躁うつ病、躁病になる危険もあります。

 

どうなるのかは人によって違います。

 

ここでより強さが強いクスリをすると

依存症の状態が安定する場合があります。

そして治った、改善した、状態が安定したと思い

仕事、社会復帰をする。

 

しかしうつ病の再発を防ぐことにはなりません。

ラりってわからなくなっているだけです。

そうなると抱えていた問題自体は残ったままです。

 

これで仕事に復帰をしても

向精神薬、睡眠薬などでうまく考えられない。

仕事ができない。

再発を繰り返す、再度うつ病の再発しそうで怖い。

睡眠薬で不眠にもなり。

 

そして禁断症状がまたでてきます。

鬱病の再発するのはヤクがきれて

元々の抱えていた問題の解決をしていないから。

うつ病の再発のきっかけです。再発因子。危険因子。

 

 

うつ病の再発?信じるのをやめることから。

そしてクスリで?
そのうつ病の再発させない方法が誤りです。

うつ病の症状が悪化し重症化するだけです。

 

うつ病が再発しないために防止策は

精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングを

信じるのをやめることから。

 

再発する可能性もなくなりません。

ここでカルト宗教の信者のように信じ切っていると

いつまでたっても治らないです。

 

家族にも大変迷惑がかかります。

 

うつ病の再発した時はチャンスで

治るために事実に気づくよい前兆でもあります。

ここで話がおかしいことに気づくことです。

 

ここで精神科医や心理カウンセラーのカウンセリングで

相談をしても

しゃくぜんとしない説明だけです。

 

うつ病が再発した場合は休みましょう。

おクスリで治ります、改善する?

 

おかしい。

うつ病の再発を繰り返すばかりで・・・

 

 

うつ病の再発?甘い誘惑を断ち切る。

うつ病の再発リスクは精神科・心療内科にあります。

うつ病が再発しやすいわけではありません。

なぜうつ病が再発するのか?

これを機会にして

元からの抱えていた問題。

そして
うつ病も再発しない人になるには

こうした手口が鬱病の再発リスクだとわかることです。

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る・睡眠の改善。根本からの生還する方法。

 

デイケアに作業所、リワーク、支援所、支援センター、

こうしたのも本来でしたら存在しないのが正しいです。

 

今度の予防期にこそまた同じ誤りをしないようにしましょう。

 

うつ病の再発の可能性は誰にでもあります。

うつ病を再発させないためには~

様々な話がありますが論文がどうだなど

相手にしないことが大事です。

 

うつ病が再発した場合は

ここで考え直すことをおすすめします。

 

クスリをして依存症になり

うつ病が再発しそうな時がくるのか?

再発の兆候は?

うつ病が再発したかも?

うつ病が再発したら?

 

こうしたストレスにさらされるのはもうやめましょう。

 

ここで心理カウンセラーのカウンセリングをうけても

なぐさめてくれるだけです。

愚痴をいってはお金の請求をされて。

そしてクスリを飲み続けるように誘導をされて。

 

うつ病の再発率。期間。統計。

厚生労働省のデータがあります。

しかしこれはラりっていて仕事をしているのは入っていません。

あてにはならない数字です。

 

うつ病の再発する理由は意外なことに

精神科医、心理カウンセラー、

精神科・心療内科の職員たちです。