鬱病で寒さに弱い。症状は薬が理由のやらせ。

うつ病になる理由は精神科医の治療です。
薬といってもあの危ないものです。

「まさかあの人があれをやっていたとは!」
「がっかりした。」

よく私たちが思うあのことです。

そうした逮捕を

された人たちの様子を思い出すと

わかるのが

うつ病の症状といったのと同じことを。

 

 

寒さに弱いのはあくまでも

 

被害のうちのひとつです。

 

様々な被害が

 

うつ病という捏造話であります。

 

うつ病の症状はあれそのものだった。寒気も。

今回の話、うつ病だと寒さに弱い。

 

これはしてはいけないものを

 

してしまったらです。

 

僕自身も反省をしています。

 

知らずとはいってもしてしまったから。

 

刑務所に入らなければいけないもの。

 

仲間たちも同じ思いがあった。

 

彼らも治る方法で

 

今はもう人生をやり直した。

 

 

うつ病とは手を出してはいけないのを

 

知らずに使ってなることです。

 

 

寒気があるのはまだいいほうです。

 

問題なのは

 

行動をするのか?

 

 

 

しないのなら終わります。

 

 

実際に僕もそうだった。

 

仲間たちも。

 

 

他の利用者たち、患者たちに説明はしたが

 

彼らたちは完全に甘えていた。

 

 

 

誰かがしてくれる。

 

 

これだった。

 

話しても

 

うつ病だから先生が治すもの。

 

体が震えて言っていた彼らたちだった。

 

寒さに弱いのも

 

そうしたクズたちが理由なのに。

 

 

 

僕らはあきらめた。

 

治る方法をするしない以前の問題だった。

 

 

 

もう彼らは手遅れだった。

 

そして人生の終わりを迎えた。

 

鬱病で夏でも寒い。悪化を続ける。

精神科医も理解があるように見えて

 

実は自作自演が事実です。

 

 

あなたをうつ病にさせては治すという。

 

そして治る話が治らない。

 

いつまでも定期的に通院をする。

 

精神科医も臨床心理士もお金が儲かる。

 

支払いも税金から。

 

カウンセリングも害で

 

役に立たないどころではない。

 

 

 

そして症状も悪化をしていく。

 

 

 

そのひとつが

 

「寒さに弱い。」

 

 

うつ病というのはやらせです。

 

 

鬱病の状態を冷静に考えるとわかるのが

 

あれそのもの。

 

 

 

あなたもですが

 

何か人間関係などでストレスになることがある。

 

 

しかしこれは感情であって

 

病気ではないですよね?

 

 

その後にうつ病と診断されてしまい。

 

なるのがうつ病です。

 

 

こうした様々なことを解決していくのが

 

 

治るには必要。

 

 

詐欺師たちにより

 

薬害の被害が加わっただけです。

 

 

 

使っている人に

寒さに弱い人がいるのも共通した症状。

 

 

彼らは家族にも縁切りをされた。

 

恋人に逃げられる。

 

奥さんに離婚される。

 

両親からも見捨てられた。