抗うつ薬で生理がこない。うつ病になる。生理不順。精神科の治療が原因ですよ!

うつ病で生理がこない。生理不順。これは薬害です。

治療の前は気分がよくない感情だったのが

うつ病の発症は危険な粉を売るだけの治療にひっかかってしまったから。

うつ病になると生理がこない問題。

実はクスリで生理がこないのです。

うつ病の発症は抗うつ薬で。

 

生理不順。

うつ病の薬の副作用で生理不順です。

 

少し憂鬱だ。

生理前にうつ病ではなく憂鬱になるときはあります。

 

そこに精神科・心療内科のサイト、広告が目に付く。

 

そこでいってしまうと

 

うつ病ということで生理が止まるのではなくて
精神科・心療内科の治療です。

うつ病での生理の影響は薬害でなること。

話に違いがあるのです。

 

うつ病で生理来ない。
うつ病で生理遅れる。
うつ病で生理痛がひどい。
うつ病で生理止まる。
うつ病で生理中に影響がある。

 

こうしたのは

抗うつ薬です。

 

うつ病の薬の副作用で生理不順に。生理痛がひどい。

薬害で生理不順や生理痛がひどい状態にもなります。

治らない治療。

そして詐欺。

うつ病の薬は副作用だけです。

 

自分もあそこでは
多くの女性たちから生理に関する被害の状態を聞いては
絶句をしていました。

事実がわかって治ったものの
あの被害をうけたのは多数でした。

 

うつ病と生理。
精神科医の向精神薬の効果と副作用が原因で
様々な被害があります。

うつ病と生理では
生理が止まる、生理がこないのもよくある被害のひとつです。

生理が遅れる、生理不順もですが向精神薬で。

 

私たちは最初に精神科、心理カウンセラーに騙されます。
向精神薬がなにかを知らずに服用をはじめます。

 

うつ病といわれて生理に影響がありますが

ほかには被害は、

 

うつ病。
統合失調症。
ろれつがまわらなくなる。
ふわふわする。
落ち着かない。
不眠。
睡眠障害。
幻覚。
幻聴。
妄想。
認知症。

 

そして共通していることは、
向精神薬は最初だけ。

そして進行していく。
体調が悪化していく。

間違って理解をしてしまう。

これは精神病の症状そのものが進行したわけではなくて。

 

体調が悪化、悪くなっているのは
最初に始めた向精神薬が原因です。

 

他にもある症状。
めまい、手の震え、口が渇く。

こうしたうつ病などはつくられ生理に問題もあり
症状の原因は、

抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、
向精神薬が原因です。

 

逮捕された有名人たちを
思い浮かべるとわかります。
同じものです。
彼らや彼女たちと同じ症状です。

そうなるとどうなるのかがわかります。

廃人になります。

そして死亡をすることになります。

事態は深刻です。

 

 

生理が止まる。生理が遅れる。

ひどい話です。

生理が止まる。

結局は疲れた人たちを騙しては
クスリを売るだけなのが精神科医。

そこに臨床心理士も一緒になり。

 

生理が遅れる原因にもなり。

 

精神科医のクスリが原因でうつ病になり

生理にも問題があり

女性は生理が来ない問題が起こる。

 

男性は精子に異常がでることになる。

認知症の発病もすることになる。

 

うつ病の治療で生理以外にも様々な被害が。

他にも精神科医や心理カウンセラーに騙されてしまい
被害にあってしまい発症する症状は様々とあります。

 

例えば物忘れ、健忘。
そして認知症。

 

抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、
向精神薬は危険です。

うつ病といわれて生理にもですが
関係することはほかにも

妊娠中にお腹に子供がいるときに
妊婦である母親から子供に栄養として
クスリが届く。

 

授乳をすれば
クスリが含まれている。

子どもは脳にダメージを負い
発達に障害を負うことになる危険もあります。

 

精神科医、心理カウンセラーを信じてはいけません。

 

「安全です。」
「おくすりの調整をしますから大丈夫です。」

 

騙されないように。

 

精神科・心療内科の職員たちもです。

 

気を付けてください。

 

少しでもクスリに手を出せば
悪い影響があります。

 

悠長にそのうちなんとかなるだろう。
このままなんとかなる。

先延ばしをすればするだけ
脳も体も全身が侵されていきます。

 

よくなることは必ずない。

必ず状況は悪化をします。

 

 

うつ病と生理。詐欺の影響で。

精神疾患は私たちの違いを悪用しています。

人によって個性があって特徴も違いますよね?

こうしたのを病気と仕立てる。

そして定期的に患者が来ては儲ける。

出られなくする。

 

うつ病といわれて生理に問題。
深刻な詐欺師たちによる被害の影響のひとつですが。

妊娠を希望している女性が
妊娠中に向精神薬の服用をする。

 

女性の場合は
生理不順。
被害者が男性の場合は、
精子に異常がでることになる。

 

性機能障害の発病をする。

 

妊娠を希望している女性が
妊娠中に向精神薬の服用をすると
子供は発達に障害を負う危険性がある。

 

このまま精神科、心療内科で

うつ病の治療と称して生理もだけど

長期間の間必要であるといった嘘で
騙されることになる。

 

何年間もの間にわたって服用してしまう
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、
向精神薬

 

 

生理の悪化もうつ病も対策をして完治をするには?

生理の悪化にうつ病も詐欺。

まずはこうした詐欺師たちとの決別が必要です。

そして決別ができたあなたは

もう気づいているはずです。

別の方法をしないといつまでも治らないのです。

 

具体的にはこちらでうつ病からの生還をご案内しています。

 

そうすると子供は発達に障害を負うことになる。

 

精神科医やカウンセラーに騙された被害者が、

男性も女性、双方に悪影響がある。
どちらが服用をしても
子供には悪影響がでることになる。

 

うつ病もですが。

生理への問題も深刻です。

 

精神科医も心理カウンセラーも他人事です。

無責任です。

 

妊娠をすると
精神科医が言うことは、

「おクスリの調整をしますから大丈夫です。」

 

こういったことを決まって言う。

 

心理カウンセラーも

「先生に相談すれば大丈夫です。」

 

しかし。

それでクスリ

量が少し減ったとしても。

クスリをしていることにかわりはない。

 

クスリは少しでもしていれば、
危ないのは警察の説明の通りです。

 

精神科医のクスリで物忘れ、認知症。

 

向精神薬で、

・物忘れ
・認知症

にもなる。

 

そしてこうしたので

・テンションがあがる。
・混乱する。
・自制が効かなくなる。

 

そして自分ではわからないままに。
事件を起こしてしまうことにもなる。

犯罪者になってしまう恐れがあります。

 

危ないのです。

 

抗うつ薬
精神安定剤
抗不安薬
睡眠薬

向精神薬漬け。

 

製薬会社
病院
クリニック
精神科
心療内科
カウンセラー
支援センター
就労支援センター
作業所

 

などが儲かる増えるだけで。

 

 

また、

テレビ局
新聞社

製薬会社からのスポンサー収入が入る。

 

サイトで精神科・心療内科の宣伝。

 

大学教授もこうした製薬会社に
有利になるようにデータを選んで。

製薬会社に都合のよい発表をする。

 

精神科医、カウンセラー、大学教授が
テレビや新聞にも出演する。

講演もする。

 

すべてはつながっています。

 

結局のところは、

貴重な人生の時間を失うだけである。
しかも心身ともに悪影響を受けて。

 

ちょっとしたささいなことでも
こうしていってしまうと

うつ病になる。
生理にも影響があり。

デメリットしかない。

 

うつ病はつくられたもの。
しかも生理にも問題が起こり。

普通にあるおなじみの症状。
イライラする。攻撃性も。
抗うつ薬、精神安定剤、抗不安薬、睡眠薬、
向精神薬の服用すると必ず発症する症状です。

 

これがこのまま服用をして飲み続けると。
暴力を振るうことになります。
暴れる。

こうして状態が悪化をし続けることに。

 

自制が効かなくなることになる。

そして犯罪を犯すことにもなる。

 

自制が効かなくなるので。

自分でもよくわからないままに
犯罪を犯すことになる。

 

家庭崩壊も
精神科医や心理カウンセラーが原因で数多くあり。