ほっとく?依存症がうつ病!接し方の分かれ目とは?

うつ病とは薬害。

精神科・心療内科の処方するのは「白い粉」。

 

つまりは気分が落ち込んでいる

わたしたちに

 

これで気分をよくするだけ。

 

これでうつ病になる。

 

 

当然最初からあることの原因は別にあります。

 

 

あなたも鬱病の詐欺にあい

 

そして

 

うつ病がなにかわからないために

 

恋人や親も接し方に困っています。

 

 

僕も仲間たちも同じだった。

 

心配する必要はないです。

 

解決方法があります。

 

 

 

家族・夫婦の関係の悪化も。友人にもめんどくさいと思われてしまい。

 

うつ病は依存症。

 

精神科医や臨床心理士のカウンセリングは

 

関係ないことをしているだけ。

 

 

こうしたクズたちにより

 

思考能力の低下をして

 

頭が混乱する。

 

 

これで夫婦の関係も悪化をします。

 

実際にあそこではありました。

 

 

僕も友人にめんどくさいと思われ

 

彼が縁を切ることになってしまった

 

ことがありました。

 

 

だから

 

「うつ病に連絡しない方が良いのではないか?」

 

 

この考えは

 

 

たしかに正しいことです。

 

 

職場でも迷惑になった。顔つきも変わり。

 

結局僕もだったが

職場に居られなくなった。

 

迷惑をかけていた。

 

 

あの状態でヘロヘロでは

 

 

もう仕方がないこと。

 

顔つきも変わりはてて。

 

 

メールをするにもできないで。

 

 

事件を起こさなかったから

 

まだよかったと思う。

 

 

 

職場にうつ病の人がいれば誰でもが

 

嫌がるのが常識。

 

 

 

精神科医の治療で

 

悪いほうに引っ張られる。

 

 

そしてお金は高い請求をされる。

 

 

 

うつ病の人にやってはいけないことは

 

精神科・心療内科をすすめること。

 

 

 

鬱病で恋人に逃げられたわがままな彼。うつ病に言ってほしい言葉。

 

僕らは完治後に

あそこで

 

彼に鬱病はないものと説明をしたが。

 

 

恋人に逃げられた。

 

 

彼は一度はわかっても

 

 

何もしないで

 

いいわけをしていただけだった。

 

 

僕らがわかったのは

 

 

わがまま。

 

甘え。

 

 

彼女が接し方にとまどい

 

別れることにした。

 

 

 

禁句というのがあったり

 

面倒くさいと思うのが当たり前。

 

 

 

うつ病に言ってほしい言葉は

 

依存症と説明をする。

 

 

そして本人が

 

治す方法に取り組みのを見てから

 

判断です。

 

 

 

接し方での分かれ目は

 

ここで

 

行動をする。

 

そしたら支援する。

 

 

言い訳をしてはやらない。

 

そしたらあきらめた選択をする。