射精障害とうつ病は薬が原因の薬害だった!

精神科の薬の成分は「白い粉」と同じ。

射精障害もうつ病も原因は精神科・心療内科であった。

自分も元気がなかった。

仲間にはほんとうに立たなくなってしまった
勃起不全になってしまった彼もいた。

今では元気にしてはいるが。

大変な被害だった。

 

抗うつ剤で恋愛感情にも悪い影響が。

抗うつ剤もそう。同じもの。

刑務所にいる受刑者たちがしたもの。

僕も後悔と反省をした。

仲間たちもここできちんと行動をしたから

今の彼らがある。

 

恋愛感情にも悪い影響がある。

有名な話でこうした向精神薬や

睡眠薬、睡眠導入剤を飲むと

性格がかわる。

 

それもそのはずで危険な粉を使っているから。

 

抗うつ剤と考えるのをやめること。

危険なアレと自覚をすること。

 

そして最初から抱えている問題。

これを解決しないと

当然完治はしない。

 

一方で相変わらず精神科医や

臨床心理士を信じていた
彼らたちは

ふらふらとして頭がおかしくなる。

人生が終わった。

 

パキシルなどはほかにも

自殺をする作用がある。

 

無意識にしてしまう。

 

実際にこれでしてしまった人もいた。

 

精神科医の対策を信じていると

人生が終わる。

そこには臨床心理士も共犯で。

 

性機能障害は抗精神病薬で。

抗うつ剤は危ないアレ。

そして性機能障害

ed

 

抗精神病薬は他には

サインバルタ
イフェクサー
レクサプロ

 

などもあるが

 

どれも同じ。

 

そもそも精神疾患のチェック

 

これも明確なものがない。

 

決まり方もいいかげん。

 

こうしたので精神に異常をきたす。

脳にダメージを負うから。

 

改善する?完治できる!うつ病はない!

詐欺にあってしまった。
しかしこれは自身の弱さをつく詐欺。

 

だから自分にも悪い面もある。

 

それも含めて自分の問題を叩き直す

 

修行が必要となる。

 

詳しくはこちらでうつ病はないものとわかった方は。

 

改善する前は

差別だったり偏見だったり

 

周囲からも視線もやはりそうした

 

している人を見る目だった。

 

僕もそうだった。
彼らたちもそうだった。

 

恋人がほしい。
結婚をしたいと思っても

 

こんな危ないのを使用していたら

 

誰にも相手にされないのが普通。

 

こんなのをしていたら

相手にしたら

キスをしたくないと考えるのが常識。

 

結局は楽をしてすぐに誰かにしてもらえると

依存をして

甘えがあると

彼らのように終わる。

 

それかするのか。