うつ病の症状は禁断症状。仕事は完治をしてから。

うつ病の症状とは抗うつ薬という麻薬でなるものです。
仕事ができないのが普通です。

今日はそうした精神科・心療内科の詐欺にあってしまい
どうしたら
完治を含めていいのかをお伝えします。

 

初期の症状は疲れ。うつ病は依存症。

初期にある症状はうつ病とは違います。

これは疲れです。

 

ストレスであったり人間関係に問題があったり。
金銭面での悩みであったり。

気分がふさぎ込む。落ち込む。
こうしたのはネガティブな感情です。

 

ここで辛いから精神科医の治療でなるのが
うつ病をはじめ統合失調症、不安障害など
精神疾患です。

 

診断で故意につくられています。

 

仕事中にも頭がうつ病の治療でおかしくなるので
うまく考えられない。
こうしてらりっていると仕事中でもミスばかりをします。

 

間違いばかりで会社としても
仕事を任せられない。

 

しかも症状が薬物中毒者ですから

大変怖いと思います。

 

上司や同僚は事実関係を知らないとしても
危険を感じます。

 

たしかに自分の反省も含めて

近くに薬物依存症の人がいたら

危ないのです。

 

そして仕事を辞めさせたいと思うものです。

お金はクスリをしても得られません。

 

仕事中に症状が?それでは済まない事実。

間違いばかりで仕事ができない。

ある意味でこのぐらいで済んでいればいいです。

 

急にキレてしまうことがあります。

実際に無意識に暴れる、叫ぶなどをして
暴力をふるう。

そして解雇になることもあります。

しかしそれだけではありません。

 

うつ病というのは怖いものです。

犯罪を犯してしまうこともあります。

 

周囲に多大な迷惑をかけて
取り返しのつかないことになってしまった

ケースもあります。

 

おすすめというよりも

仕事しながら克服するのは周囲に迷惑が掛かります。

周囲はわかっています。

 

まずはこの方法でうつ病といったのから抜け出す。

 

そして仕事に復帰をする。
転職も含めて。

 

うつ病の症状といった顔つきが違うのです。

実際に体験をしてわかるのは

自分がその状態にいるときは気づかないのです。

治った後に気づきます。

 

仕事と両立ではなくまずはきちんと
うつ病という詐欺の完治をする。
それからです仕事は。

 

求人にしても
誰も相手にしません。

仕事がないのです。

 

それもそのはずで

仕事にならないどころか

リスクが大きすぎます。

本来でしたら刑務所に入っている立場です。