うつ病で仕事を休む。抗うつ薬が原因で依存症にもなる。やめましょう。

うつ病で仕事を休むのはいいのですが抗うつ薬は覚せい剤・麻薬なのでやめましょう。

うつ病を治す気持ちは大事ですが
実は抗うつ薬での治療は覚せい剤・麻薬と成分が同じです。
最初だけは気分がよくなるのは
らりって気持ちよくなるからです。
これは安定剤、抗不安薬も同様です。
そして睡眠薬(睡眠導入剤)も違いはないです。

大変危険なのです。

有名人が逮捕されている「白い粉」そのものです。

 

うつ病で仕事を休む。治療でなる被害は?

うつ病で仕事できない。
それもそのはずです。
薬でハイになっても
次にはダウンします。

脳にもダメージをおってしまいます。

 

疲れた。
うまく考えられない。

次には
物忘れがひどい。

そのまま放っておくと

肝臓病。

腎臓病。

心臓病。
癌。
認知症。
パーキンソン病。

 

仕事を休むのもいいのですが

精神科・心療内科の治療をはじめてしまっている。

それではどうしたらいいのか?

 

治る方法としては。
まず休む理由はうつ病ということにしておきます。
精神科医の診断書のこともあります。
最低限だけ受診をするか
薬だけにして
薬をすべてすぐに捨てます。
そしてこうした詐欺を無視して自力で治す。

 

うつ病で仕事を休む。クズたちは信じないこと。

臨床心理士も
精神科・心療内科の職員たちもも相手にしないことです。

臨床心理士はあなたの弱った状態に

甘いささやきをするのです。
そして精神科医の治療で治るから、改善するからとだますのです。

しかもわかっていないで、
している場合が多いです。

自覚がないのでいくら説明をしても話が通じません。
悪いことをしているといった意識すらもないのです。
クズです。

 

うつ病で仕事を休む。
休職をして
場合によっては
傷病手当金をうける。
または一時的に公的な支援を受ける。
給料がはいってこないと収入の問題があります。
現実問題、収入の確保は必須です。

精神科医や臨床心理士はお金をくれることはありません。
高い請求をしては依存症に陥れて
お金の無駄遣いをさせるだけのクズたちです。

 

うつ病で仕事を休む。クズたちを信じてしまうと。

うつ病で仕事を休む期間でしてはいけないことは?

精神科医や臨床心理士を信じないこと。
精神科・心療内科の職員たちも信じないこと。

先生という普段呼んでいるので。
これをかえます。

 

精神科医はクズ。
臨床心理士はクズ。
精神科・心療内科の職員たちはクズ。

 

診察のときはこういわずに
てきとうに精神科医などに話をあわせておく。

うつ病で仕事を休むのにです。
診断書のためです。

 

うつ病で仕事を休む期間では
ついつい精神科医などの話にのってしまうと
人生が台無しになります。

廃人になります。
死亡することになります。

 

鬱病で仕事を休むのはよくても

精神科医や臨床心理士などは信じないことです。
するのはお金の請求、薬を売るだけです。

 

またうつ病で仕事を休む際に
会社への連絡も同様にしておくのがいいでしょう。
話を精神科医の内容とあわせておくのです。

 

これは精神病、
うつ病、躁うつ病、統合失調症、
不安障害など
どれにしても仕事を休む。
そして似非医療を信じないこと。

 

うつ病で仕事を休む。退職、転職、復職。

うつ病で休むのに罪悪感は必要ありません。

会社というのはわたしたちを便利な取り換えができる
消耗品ととらえています。
わたしたちが転職、退職など辞めるのに

何も気にする必要はありません。

あなたのそういった気持ちを悪用されてしまうのです。

 

うつ病の原因が会社の職場にあれば
転職をすればいいのです。

いつまでも悪いところにいてはいけません。

 

体調が悪いからうつ病で仕事に行けない。
行かなくていいのです。

そのかわりの収入の確保は大事です。

 

うつ病を仕事しながら克服しようとしても。
薬でらりっていても続きません。

 

うつ病で仕事を辞めるのはいいことです。

ここで大事なのは

職場の環境が悪いのか?
仕事があわないのか?
自分の性格に問題があるのか?

 

職場が悪い・仕事があわないのはやめるのが一番です。
その際には一度は環境を改善することはしてください。

これは改善すると思わないでいいです。

次回以降のためです。

どういったときは改善するのができそうなのか
するだけ無駄か。

 

それと同時に転職活動をする。
退職をする。転職をする。

自分の性格に問題がある場合は
自分の悪いところを直す、治す。