うつ病にしんどい。抗うつ薬でなる魔の手で。

うつ病の原因は抗うつ薬です。
成分はあの「白い粉」とまったく同じ。
気分の落ち込みがあるなど気分の低下を
粉で気分の改善するのが精神科医の治療です。
最初だけで次には体に耐性ができてきかなくなります。
そして気分がさらに低下します。
これでうつ病になります。
受診前のは嫌な感情です。

臨床心理士のカウンセリングでクスリへ誘導をしています。

解決策は別にあります。

 

しんどい時、誰も助けてくれない事実。

最初は私たちはうつ病とはいえない状態です。
疲れた、嫌なことがあるから、物事がうまくいかないなど

そして広告なりサイトをみて

精神科・心療内科の受診をしてしまいます。

精神科医はでたらめに

なんとなくうつ病とします。

 

あなたは

ああこれで原因がわかった。
病気だから治療で薬を飲めば治る。

そうおもってしまいます。

精神科医もわかっていないでしていることが多いです。

 

そしてしているのは

ああ何か問題があって嫌なことがあるのですね
それじゃあこの「白い粉」でラりって
頭がおかしくなるのでこの麻薬の抗うつ薬、向精神薬で
嫌なことを忘れましょう。

 

これでいやなことが忘れられる。
よかったよかった。

 

しかし次にはヤクがきれます。

しんどい時が続くようになります。

ここで困った。

向精神薬漬けでうまく考えられない。

心理カウンセラーのカウンセリングでも
先生に診てもらうように相談をするようにいうし。

先生にみてもらおう。

 

そしたら

おクスリの追加をいたします。

おクスリの調整をします。

症状がおさまった。

 

向精神薬のおかげかな?

依存症にさせられてしまい

禁断症状がでてきてうつ病。

 

そしてまた粉を追加したので

改善した?

治る?と思ってしまいます。

 

助けてくれないのです。

 

そしたら向精神薬で依存症になります。

あれ?うつ病?しんどい時がふえてきた。

うつ病なのかも?

うつ病だ。しんどい。助けてほしい。

そしてまたおクスリに手を出してしまう。

この繰り返し。

当然治るわけでないです。

治らないのでいつまでも飲み続ける。

朝にもですが
一日中しんどい時。

ここで何か対処法が欲しいのは当たり前です。

精神科医が原因だとは気づかないのでひどくなっていきます。

 

日中もですが一日中こうした過ごし方をしていると
仕事にもならないので仕事をすること自体ができないです。

なにをしているのかとバカらしくなります。

 

そうなのです。
精神科医が原因だとは知らずに行っているのです。
それで変わると思い込まされているからです。

実はその精神科医もですが
カウンセラーもその原因なのです。

詐欺なのです。

 

母親も寝たきり。家族でしんどい日が続く被害。

家族や母親がうつ病が治るといわれて
しまいには寝たきりで動けない。
娘や息子も騙されてしまって。

家族でしんどい日を過ごす被害者も多いです。

または。
うつ病だと朝もしんどいです。

もうこうなると周囲はどうしたらいいのか悩みます。

 

彼女や彼氏にできるのは
母親でしたら息子や娘さんに
最初に事実関係の説明です。

 

彼氏や彼女に、
鬱でしんどいのは精神科医や心理カウンセラーに

いっている限りは
症状は重くなっていくだけだと。

 

理由は
精神科医のクスリは覚せい剤、麻薬そのものなので

きちんと説明をしてください。
ごまかさずに。

 

ここではっきりと自覚をしないとその後も無理です。

 

そのままなんとなく精神科医や心理カウンセラーにいっていると
これが暗示がかかっている状態から抜け出せません。
クスリも理由をつけては続けてしまいます。

理由をつけてまでする状態にもなります。

 

クスリを最優先に考えること
クスリのことになります。

クスリのためにはなんでもするようになります。

見るとやりたくなる。
そして刑務所へ。

こうしたことがありますよね?
ニュースにもよくなる。

 

まずはきっちりと自覚をすること。
精神科医やカウンセラーといった
詐欺師にかかわるのをきっぱりとやめること。

 

これができないとうつ病の克服もしんどいのも無理です。

 

もともとある問題。

体調、精神にある問題。

自分のだらしなさ。

悪い環境。

嫌なこと。

ストレス。

不健康な生活習慣。

 

そして
そこに
薬物依存症が加わり。

 

うつ病もしんどいときがあるのも薬害。

うつ病もしんどいときがあるのも薬害です。

夫や旦那のしんどい時は、
同じく妻もしんどいのです。
理由は妻も大変なのです。

支えるのは大変なことです。

 

しかも先が見えていれば
支えるのもいいのですが

先が見えない中で支えるのは妻も内心は大変なのです。

自分もあの中にいましたからわかります。
妻や夫が付き添いで来ていることがよくありました。

 

しかし最初はいいのですが。

やっぱり持たないのです。

いつまでも10年、20年、30年とうつ病、うつ病とうんざり。

 

うつ病だ。

しんどい。

 

こういわれ続けると嫌になります。

 

収入の問題もあります。

仕事から家庭に帰宅をしても

寝ている姿をみて

 

怠けている。

 

もうやる気がなくなる。

 

長い間続いていると
さすがに限界を超えてしまいます。

 

そして別れる人たちもいました。

 

こうならないためにも

今のうちに
精神科医や心理カウンセラーにいくのをやめることです。

原因をつくっているのは
精神科医とカウンセラーですから。

最初に落ち込んでいたり、疲れていたりとした状態で
精神科医やカウンセラーにいきますと。

精神科医は向精神薬で気分を無理やり上げようとします。

一時的に気分がハイになった。

次にはダウン。

でもこれでうつ病になります。

 

そしてしんどい。

体が動かない。

だるい。

 

しかしもうわかりますよね?
薬物所持で逮捕された人たちが
どういった状態なのかを考えれば。

 

耐性ができて

しかもかえってよけいに最初のときよりもひどくなります。

これでうつ病、統合失調症、精神病。

覚せい剤でハイになれば

眠れない。不眠症、躁病、躁うつ病、双極性障害、

睡眠薬。

そして頓服の追加。

精神安定剤も。

 

頭がおかしくなる。

向精神薬漬けで。

精神科医はクスリを増やすのですが

また同じことです。

さらにひどくなります。

 

うつ病だ。
しんどい。

 

こうして繰り返していくと
どうしようもない状態に陥ります。

 

精神病と言われているのは
精神科医、心理カウンセラー、精神科・心療内科に
よって作られたものです。

まずは事実を自覚することです。

 

うつ病もしんどいのも詐欺だった。どうする?

うつ病もやらせ。
しんどいのもやらせ。

周囲と家族や友人と会話すらも
できないことにもなります。
会話が成り立たない。

何を言っているのかわからない。

 

自分ではふつうにしていると思っていても。

ろれつがまわらない。

ふらふらする。

これではどうしようもないです。

 

劇薬の向精神薬をすれば
頭がおかしくなる。

頭がおかしくなると身体もおかしくなる。

わめいたりも。
体や手、指が震える。
痙攣する。
幻覚が見える。
幻聴が聴こえる。

など。

 

まずは自覚をすることです。
精神科医と心理カウンセラー、
精神科・心療内科の職員たちは
ただの詐欺師だと。