うつ病の進行。抗うつ薬が原因です。

うつ病の進行は抗うつ薬など麻薬と成分が同じの

向精神薬が原因です。
うつ病が進行するとクスリの追加、

強さが強いのに処方がかわります。
これは最初にうつ病と診断がでたらめにあります。
精神科医により抗うつ薬、向精神薬の処方があり飲みます。
覚せい剤・麻薬ですからヤクがきれます。
気分がダウンします。
うつ病の発症をします。

白い粉です。
薬物依存症です。

うつ病の進行速度はこうして止まらないのです。

 

うつ病の進行。問題をらりって忘れているだけ。

うつ病の進行過程では様々クスリを飲み続けていることになります。
そして臨床心理士も精神科・心療内科の職員たちも
罪の意識もなく犯罪をしている

悪いことをしていると思わないで
平気でしています。

 

うつ病?詐欺での症状の進行、
被害はさまざまにあります。
うつ病と騙されてしまい
躁病、躁うつ病、双極性障害。
不安症、不安障害、パニック障害
進行性核上性麻痺、幻覚、幻聴、妄想など。

 

覚せい剤・麻薬をする飲むことで起こる症状です。

 

そもそもが抱えている問題が何かを
わかっている場合がほとんどです。

そしてどうしたらいいのか悩みがあります。
ここで試行錯誤をして解決していくものです。
しかし大変でもあります。

 

そこで自分もそうだった面があります。

誰かにしてもらおう。
すぐに辛いのをなくしたい。
逃げたい。

その弱みを精神科医や臨床心理士に

騙されてしまうのです。

 

うつ病の進行。らりってしまい。頭も脳も体もおかしくなる。

はいはい辛いのですね。
大変ですね。
この白い粉の抗うつ薬、精神安定剤を向精神薬を飲むと
嫌なことを忘れます。
これでもう大丈夫です。

 

そしてらりってしまいます。
うつ病?薬害の進行を続けます。
眠れないことにもなります。
睡眠薬を飲むのです。

 

覚せい剤でハイにして気分を上げる。
睡眠薬でダウンして眠るわけではなく気絶するだけ。

気絶ですから眠ってはいません。
眠れないので疲れがたまる一方です。
睡眠不足が重なり不眠症。

 

うつ病と騙されて依存症の進行。

精神に異常をきたします。

 

不安症、不安障害の併発です。
精神安定剤、抗不安薬でダウンして落ち着ける。

頭がおかしくなるのです。

 

 

うつ病の進行。ヤクがきれる。廃人。

精神科医も臨床心理士も職員たちも

「安全なおクスリです。」
「治るには薬が必要です。」

 

ヤクがきれる禁断症状を抑えるのに
うつ病?進行をするので

「おクスリは一生飲み続けるものです。」

こうしてわからないままにうつ病が

進行することになります。

 

精神科・心療内科のクリニック、病院は
定期的に騙されに来る患者たちがくるので
儲かるのです。

ノルマもあり製薬会社からの賄賂もあります。

 

精神科医からも説明がないので

うつ病の進行性は進むばかりです。

そうとは知らずに
うつ病の進行を抑えるのに改善するためとだまされたままで
精神科医は理解があるから
臨床心理士も話を聞いてくれるから。

 

こうしてよさそうな人のふりををしている

クズたちにいいように
されています。

 

うつ病の進行度が止まらないのもそのはずです。
治すという治療で発症をする。
症状も重くなる。
体調も悪化するのです。

 

うつ病の進行。薬物の過剰摂取で死亡。

うつ病が進行すると症状には

顔の色が黒い、黄色い色に変わります。
これは腎臓病、肝臓病になる手前か
もうすでに腎臓病、肝臓病になっています。

 

うつ病の進行度合いが進むにつれて
物忘れがひどい。
体が重い、動けない。
眠れない、昼夜逆転、早朝覚醒、中途覚醒。

 

うつ病の進行ではなく
薬物の依存症の進行で認知症にもなります。

 

とても甚大な被害です。

 

うつ病?依存症の進行どころか
薬物の過剰摂取ですでに死亡してしまった

殺されてしまった人たちも多数います。

 

自分も精神科・心療内科で死んでいった人たちを
見てきました。

 

まとめ うつ病の進行。

うつ病?依存症が進行をして
みんな廃人になり死亡。

そして説明をしてもうつ病の進行をしても信じ切っている。

精神科医や臨床心理士を先生と呼んでは信じている。

もうほかに耳を傾けない。

こうなってしまってうつ病の進行?

薬物の麻薬の過剰摂取で
死亡していった。

 

周囲も支援するにしても
うつ病の進行をしているのも発症も詐欺だと説明をしても
本人がクズたちを信じてお金の無駄遣いなのに
いってしまうヤクを飲み続けている。

 

この状態では支援することはできません。
サポートをするのは本人が実際に行動をしているのが前提です。