うつ病も食欲の変化も。精神科・心療内科でなる被害。

精神科・心療内科でうつ病にさせられてしまい
食欲にも変化があります。
うつ病は抗うつ薬など向精神薬が原因なります。
最初に気分が暗い、落ち込んでいるときに
精神科医の受診をしてしまい
覚せい剤・麻薬の処方をされます。

 

抗うつ剤、向精神薬は劇薬。

一時的にこれで気分が上がると

次にあるのは薬物依存症。

 

薬物中毒者になってしまい。

ヤクがきれる。

気分が落ち込む。

うつ病の症状の発症。

これに
最初から抱えている問題が別途あります。

 

嫌なことがあるから

白い粉で忘れましょう?

かえって大変なことになってしまいます。

高齢者に覚せい剤・麻薬をすれば?

廃人になる被害が多くあります。

 

さらに

食欲はあるときもあれば

食欲不振のときもあり。

食欲増加で食欲過多で太る。
食欲低下で食欲なしで痩せる。

 

うつ病も食欲異常の改善も

なぜなのかがわかること。

 

劇薬で脳でおかしくなる。

眠れない状態にもなり。

眠れないので食べる。

そして向精神薬で食欲亢進。食欲旺盛。

食欲ありすぎるて太る。

 

このメカニズム

 

うつ病?
クスリで食欲低下。食欲の減退。

食べ物が食べられない。
食欲ない。

痩せる。

吐き気もする。

 

 

うつ病も食欲の変化も。途方にくれる。

家族の方でしたら看護計画をたてて

うつ病も食欲の変化もどうにかしようと思うのですが

いつまでたっても治らない。

入院をしても結局は

向精神薬漬け。

お金の無駄遣い。

途方にくれる。

 

うつ病だから?

食欲の変化があって。

そして
うつ病で食欲不振だから点滴?

 

うつ病が治るのも
食欲が戻るのも。
眠れる日々を取り返すのも。

この誤解に気づくこと。

 

知恵袋でも多数の被害者がいるのがわかります。

そうなると実際には
膨大な人数の被害者がいるのがわかります。

うつ病はやらせの自作自演。

食欲の変化もやらせ。

精神科医の処方する、向精神薬が原因です。

 

飲み続けると頭がおかしくなる。

そして

うつ病、

食欲が増えます。

体重の増加をします。

 

精神科医の向精神薬によるものなのです。

 

対策をするには事実に気づくことです。

そうすれば治すことができます。

精神科医も心理カウンセラーも治る詐欺。

 

気分が悪いのをうつ病といっては劇薬。

ハイになる。

次にはきれて

気分が下がる。

うつ病に。

そして食欲の変化も。

 

 

うつ病も食欲の変化も。悪化を続けていく

うつ病で食欲がない時は悩みますよね?
食事をするにしても食べられないですから。
なぜなのかは精神科医の向精神薬が
安全だと騙されて飲んで
食欲不振にもなるからです。

 

そうすると体重が減少する問題があります。
しかしあきらめる必要はないです。

対処はこうした精神科医の正体を知ることです。
これで対策もできます。

他にも匂いに敏感になることがあります。

これもやはり精神科医の向精神薬です。

 

ここで多くの場合は、
精神科医や心理カウンセラーなどに相談をしてしまうのですが

精神科医は向精神薬を増やすだけです。

 

「症状が進行したのでしょう。」

 

というのです。

 

心理カウンセラーも

 

「先生に相談してください。」

 

もともと、
精神科医の向精神薬が原因です。

発症したら

さらに発症の原因となるクスリを増やす。

わかりますか?

とんでもないことなのです。

こうして悪化を続けていくのです。

 

 

うつ病も食欲の変化も。高額の請求

結局のところ向精神薬をして頭がおかしくなっているのです。
うつ病で食欲がないときがあるのもですが

食欲の減退があるのは精神科医の
向精神薬が原因です。

薬害なのです。

 

うつ病の症状では
食欲が増えることが言われています。
こうして食欲があるときがあるのは

うつ病が原因ではないです。

精神科医、心理カウンセラーが原因です。

 

そして精神科医と共に気を付けないといけないのが

心理カウンセラーとスクールカウンセラーです。

実に悪質です。

クズです。

カウンセラーもクズです。

クスリをするように誘導をするだけ。

 

こうしたクズである精神科医と共犯をしているのです。

 

カウンセラーもお金の無駄遣いです。

カウンセラーも高額の請求をしてきます。

カウンセラーがお金をくれましたか?

カウンセリングをして

それであなたに生活費をくれましたか?

ないです。

本当に何もできない無能です。

 

 

まとめ うつ病も食欲の変化も。

うつ病の原因は向精神薬。
そしてもとからある問題も残ったまま。

しかも食欲の変化も。

脳が頭がおかしくなる。

脳から体に指令がでているのです。

その脳がおかしくなっているのです。

鬱病は依存症。

そして食欲の変化も。

 

精神科医と心理カウンセラーが作り出しているものです。

 

周囲の人たちは看護をするのもですが
正しい対処は、まずはこうした被害者たちが

うつ病や統合失調症などの

精神病ではなくて

向精神薬で依存症に陥っていることを

わかるようにすることです。

 

そして

依存症もですが

他にも元から抱えている

さまざまな問題があります。

支援、サポートは大事ですが

治る方法が間違っているのを
まずは。