鬱病で就活ができない。使ってはいけない物を使ってしまい失敗。

鬱病になる理由は薬で。
これで体調を崩して就活ができない。
これが共通点だった。

あそこで僕もひがいにあってしまい

みんながそうだった。

そしてあなたも、

同じことで困っているはずである。

 

今日はそうした詐欺から

 

どうするのかがテーマ。

 

 

うつ病で就活できない。ばれるから。

あなたもあることで。

 

僕もうつ病を隠すことで

 

就活ができるとごまかそうとしていた。

 

 

重い体を無理やり動かして。

 

しかし見た目からしても

 

おかしいのでばれる。

 

 

面接を受けても

 

落ちる。

 

 

結果も毎回不採用になって

 

やる気がなくなった。

 

 

今思うと完全に

 

精神科医の詐欺にはまってしまっていた。

 

 

 

精神科・心療内科では

 

学生の被害者たちも多い。

 

卒業前か卒業後

 

すぐにやられてしまったのだ。

 

 

就活生だったけど

 

うつ病といった薬害にあってしまい。

 

就活できない状態だった。

 

 

 

うつ病はつくられたもの。

 

 

 

就活できなかったから困り

両親と実家暮らしをする。

 

それか

 

生活保護の受給者に追い込まれる。

 

 

 

僕らは最初にじっくり取り組み

 

完治をすることをした。

 

 

治ったあとに就活をした。

 

 

完治をしたあとなら

 

うつ病だったと言う必要もない。

 

 

精神病や精神障害者にある

 

差別や偏見とも

 

関係がなくなる。

 

 

当然就活もまったく変わるから。

 

 

支援すると装って騙す影響。就活に失敗どころではなくて。

仲間たちも就活をして

 

今では仕事もあって元気にしている。

 

こうした詐欺師たちは

臨床心理士も職員たちも

甘いことをいっては騙す。

 

 

彼らは根拠がなく。

 

そして具体性がなにもない。

 

「大丈夫です。」

 

「治ります。」

 

こうしたことはいうが

 

中身が何もない。

 

 

就活にしても。

 

新卒の人もそうで。

 

 

僕らは完治後に

 

あそこで他の患者たち?

 

毒を盛られている彼らたちに

 

説明をしたが

 

クズたちを信じていた。

 

 

 

僕らがわかったのが

 

手遅れだということだった。

 

 

 

彼らのその後は

 

体調の悪化が続いて

 

 

人生そのものが終わってしまった。

 

 

 

こういったクズたち。

 

彼らに就活支援はできない。

 

 

転職エージェントであったり

 

会社の人事担当者でもない。

 

何もできないのである。

 

 

それをできるといっては薬を売るだけ。

 

 

 

カウンセリングも違いはなく

 

臨床心理士も何もできない人

 

未経験者。

 

就活前や就活中に

 

できない人が上から目線で

 

助言をしている。

 

 

でたらめな助言で

 

悪い影響を受けてしまうだけ。

 

 

失敗をしてしまった彼らたちだった。

 

 

 

うつ病を片づける方法ある。

 

 

完治をしてから

 

転職サイトなども使い

 

就活をすることをおすすめしている。

 

 

就活しない期間があると不利。

 

だからこの間には

 

勉強をすることもあわせて。