仕事は3年は続ける?向いてないならすぐに辞めよう!

仕事を3年も続ける必要があるのでしょうか?
今一度再度考え直すのもありです。
もし向いていないとわかれば辞めるほうがいいです。

 

無理をしてしても
かえって長続きをしないからです。
それよりも次の仕事を見つけたほうがいいです。
自分にあった仕事ならば同じ時間でも
感じ方がまったく違ってきます。

 

やる気がでないで飽きる仕事だったら転職を。

僕の場合もそうだったのですが
やる気がでないことはどうしてもあります。
あわない仕事で飽きる仕事のことはよくありますので
その場合は早めに転職をしましょう。

 

やる気がでない仕事だと
やる気がでませんし
最初はやる気があってもやる気がなくなります。

 

やる気がない状態では
仕事に身が入りません。

 

そうすると仕事はうまくいきません。
まわりからは文句をいわれることになります。
文句を言われながら
いやいや働くことになります。

 

これだとストレスが溜まっていきます。

 

ストレスが原因で体調が悪くなります。

 

この体調が悪くなるのは
悪いことではないです。

 

あなた自身に体が伝えているのです。
このままだとよくないからやめるように伝えているのです。

 

体は言葉で伝えることはできませんが
こうした形であなたにもわたしもですが
伝えているのです。

 

むしろこうして体調に異変を感じるのは普通のことなのです。
何も変わったことではないです。

 

でもここで体調に異変を感じたから
治療が必要だと思って
精神科医の治療を受けると
精神科医のクスリによって
体調が重くなっていきます。

 

そうすると本格的なうつ病などを発病することにもなります。
実は精神科に行く前のうつ病はうつ病とはいえないことがおおいです。
たしかに大変に落ち込んでいますし
吐き気がしたり食欲がなくなったりもします。

 

しかしここで精神科の治療を受けるとうつ病になってしまいます。
また精神科に行くか行かないか悩んでいるのならば
いくのをやめることをおすすめします。
劇薬ですから。

 

仕事が辛いのも3年続かないのも意味がない職場だから。

どの仕事でもいいわけではないと思います。
あわない仕事では辛いので
よく言われている3年という話も
続かないのだったらそもそも自身にとっては
意味が見いだせない職場です。
こうしてせっかく復職しても
体調がまたわるくなってしまうことになりえます。

 

どうせするのなら
自分があった仕事をしたほうが
後々に転職するのも考えて
経験を積むのにもいいですから。

 

たしかにその場だけのことを考えると
そのまま仕事を続ける考えもあります。
収入のことがありますので。

その場合は転職活動を会社には言わずにするのがおすすめです。
次が決まってからやめるのもありです。

 

今は会社もわからないです。
会社自体が倒産する。
仕事がなくなる。
リストラされる。

 

まじめにするのもいいのですが
気を付けないといけないのは
まじめなのを会社に利用されてしまうことです。

 

サービス残業もその典型的な例です。
会社にあなたの人生をささげる必要はありません。

 

あなたの人生は私もですが
自分と家族や友人、知り合いなど
そういったかたのために生きましょう。

ブランクがあると向いていないことがあるので仕事を3年続ける意味はない。

さらに病気で休職をしたあとで大変なことは
ブランクがあることです。
まったく別の職種に就くことがあります。
そうすると未経験ですので向いていないことがよくあります。
この場合も仕事を3年続けるのに意味が見いだせないことになります。

 

何度か転職をするのはそういうものです。
履歴書には全部の会社を書く必要はありません。
そもそも在籍した会社の数が少ないほうがいいのもおかしい話です。
景気がよかった1980年代だけです。
会社が人材を確保するために待遇をよくしていたからです。

 

それ以前は、
みんな転職は多くしていました。

 

実は常識と思われていることは
非常識なのです。