うつ病も睡眠も薬を飲んでも眠れない罠。

うつ病になり睡眠にも悪くなるのは薬が原因。
この事実を抑えることが完治をするには必要です。

成分は抗うつ薬も睡眠薬、睡眠導入剤も
「白い粉」

ニュースで所持の容疑で捕まる有名人、芸能人
と同じもので、同様の状態です。

うつ病もそうだった。
睡眠薬を飲んでも眠れないのもそう。

薬害だった。

 

うつ病に睡眠障害の治療では改善しない。

うつ病になるのも睡眠障害になるのも詐欺だった。

これでは回復どころかかえって

改善もせずに悪くなる。

 

睡眠薬を使用しても

 

一時的にあれで

 

気絶をしているだけ。

 

眠ってはいない。

 

眠れないと精神に異常をきたすようになる。

 

脳が疲れが溜まる一方だから。

 

そして

薬でうつ病に睡眠障害になる。

 

早朝覚醒もしたし中途覚醒もあった。

 

助けるといっては補助どころか追い込んでいくのが

 

精神科・心療内科のしていること。

 

うつ病や睡眠は

キャンペーンでつくられる。

 

「うつ病は心のかぜ」

 

よくできた話だった。

 

うつ病になり睡眠の時間が増えても特徴はひどくなるだけ。

うつ病も睡眠薬も副作用しかない。

 

あのまま信じていて

僕もそうだった、

仲間たちも

うつ病にさせられてしまい

 

睡眠の時間も

 

長い状態になった。

 

しかし翌日はだるいし

 

倦怠感がひどい。

 

どう考えても

 

うつ病も睡眠も

 

回復の逆をいっているだけだった。

 

睡眠過多になり辛い日々。

 

うつ病も睡眠改善も可能!

うつ病は薬害。

そして睡眠改善もできる。

 

こういった精神の疾患とはないといえる。

 

そうではなくて

 

自分の抱えている問題をどうするのか?

 

修行をしないと無理なのはあきらかだった。

 

幸い僕も仲間たちも今では元気だが。

 

詳しくはこちらでうつ病や睡眠改善を。

 

しかし僕らは少数派だった。

 

 

ほとんどの彼らたちは

精神科医を信じ切っていた。

 

そして終わった。

 

 

 

みんなは

こうしてもう忘れているが。

 

しかしそれは彼らもあきらめずにやり切ったからだった。