うつ病から立ち直るには?覚せい剤の抗うつ薬では悪くなるだけ。

うつ病から立ち直るには問題をなくし障害をなくす。
そして前へ進む。
しかし覚せい剤の抗うつ薬(抗うつ剤)をしてどうなるのでしょうか?

うつ病になるのもですがその後の体調の悪化の数々。
立ち直るどころではなくなります。

 

そうです精神科医のしている治るという治療は
うつ病から立ち直るのを妨害する治療です。

うつ病といったらいいのか?
薬物依存症を治らないままにしておき
定期的に患者がそうとは知らずに来るのを
作り出しているのです。
だから治った人が誰もいないのです。
治るといっては改善すると言っては毒を盛るだけです。
毒で治すことはできません。

 

うつ病から立ち直るには?自分の抱えている問題から逃げずに取り組む。

自分もおかしいと思っていたのが
いつまでたっても治らない。
全員がクスリを飲み続けている。

臨床心理士にも

おクスリは一生飲み続けるものです。

こういわれて治らない?
医療なのに?
治すわけではないのだったら医療とは違いクズなのでは?
こう疑っていました。

 

診断前はうつ病から立ち直るきっかけは得やすいです。
しかし病気ということで抗うつ薬など
向精神薬漬けでなるのは
薬物依存症です。

そしてヤクがきれる。
ダウン。
うつ病の発症する原因。
その後は依存症のままなので悪くなり続ける。

 

うつ病が立ち直るきっかけは
自分が間違いをしていることの自覚。
自分が精神科医や臨床心理士、精神科・心療内科の職員たちの
騙されて毒を盛られている。

そして自分の抱えている問題から逃げずに取り組む。
辛いですが戦う。

 

うつ病から立ち直るには?自分次第。

こうして次にはそれこそうつ病から立ち直る方法をする。

うつ病から立ち直るにはこうした失敗、詐欺の自覚。
そして実際に実行に移すことです。

ここででも~だからといっていてはクスリをしていれば
それこそ依存症です。

 

うつから脱出するきっかけは自分次第といえます。

 

そのまま気づいたとしても先送りをしていると

うつ病でしんどい時があるどころではありません。

死亡をします。
早死にします。

自分次第です。

必死ですればしただけ結果もあとでついてきます。

うつ病の完治からその後の人生も
当然まったくかわります。

 

このうつ病が治るきっかけは他の人たちが
変わりにくれたり代わりにしてくれることはできません。

 

うつ病から立ち直るには?先送りはクスリに溺れている。

周囲はうつ病の行動パターンにはおかしいと思うでしょう。
しかし
ここで実際に行動をする人には支援ができます。

 

一方で文句を言っては自分は悪くない。
この場合は甘えています。
支援はできません。
多くはそのまま精神科医を信じて
薬物の過剰摂取で死亡します。
クスリに溺れている、あきらめたのです。

 

うつ病の人が仕事の職場でいる場合もあるでしょう。

例えばうつ病という人は忘れ物が多いこともありますし
うつ病だから?顔つきが悪い。
うつ病の行動パターンがおかしい。
うつ病の人がとる行動が異常で怖い。
危険で危ない。

これは薬物依存症の症状です。
脳がダメージをうけています。

 

まとめ うつ病から立ち直るには?

うつ病からの復活をするには

周囲の支援があると心強いです。

うつでは誰かに助けてほしいと思うものです。

うつからの脱出方法はあります。

 

うつ病の負のスパイラルから抜け出すには?