うつ病は依存症。対応の仕方は別にある!救出を!

麻薬と同じ成分の抗うつ薬で依存症にする。

 

うつ病は精神科・心療内科でなります。

 

初めての受診するまでにあるのは

 

別に理由があります。

 

 

僕もこれで体調が悪くなるのが続いた。

 

 

あなたも、

 

または家族も同じ状態です。

 

 

うつ病とは詐欺です。

 

完治をするには別の方法が必要です。

 

 

家族のうつ病への対応方法

 

うつ病への対応方法は

 

精神科医も臨床心理士もクズと

 

自覚することです。

 

 

これがないと

 

うつ病を治す行動に移りません。

 

 

うつ病は自称のつくられた病気。

 

 

対応も当然変わります。

 

 

家族でいえば

 

妻や夫

 

高校生・大学生など学生の

 

子供など。

 

 

治療でうつ病の発症をすると

 

説明をすることです。

 

 

仲間たちも

 

僕が別人になったのをみて

 

 

すぐに事態の深刻さを理解して

 

治る方法をしました。

 

 

 

本人が自力で治すのが基本です。

 

 

周囲ができるのは

 

 

支えや応援するぐらいです。

 

 

僕らが彼らに説明をしても

 

 

もう手遅れでした。

 

 

鬱病への対応の仕方。会社・職場はどうする?

 

精神科医や臨床心理士の鬱病への対応の仕方は

 

あきらかに

 

騙すためです。

 

 

やっかいなのが

 

わからないままで

 

していることが多いです。

 

 

 

会社・職場で部下や同僚。

 

社員がうつ病。

 

上司がうつ病。

 

 

立場の違いはあれ

 

対応の仕方は同じです。

 

 

 

労働環境を改善するのもいいのですが。

 

 

しかし一方で

 

しても改善することがない場合があります。

 

 

おかしいと思うのが正しいです。

 

 

 

自分は長時間働いても

 

元気。

 

 

職場もいい環境で待遇もいい。

 

 

それでも

 

うつ病があるなんて。

 

 

こうした疑問は

 

薬害だからです。

 

 

元々あるのは別なのです。

 

 

 

友人・恋人への対応策も。「疲れた」はあるのが当たり前。

 

躁うつ病というのもそうで

 

精神病とは薬物依存症。

 

 

治らないのが常識です。

 

 

 

あなたの友人

 

または恋人が彼女が

 

うつ病というので途方に暮れた。

 

もう疲れた。

 

 

わかります。

 

いつまでも治らないので。

 

 

対応の仕方では

 

マニュアルを忘れてください。

 

 

それがうつ病の理由です。

 

 

 

あそこでは

 

僕らは

 

彼らに説明をしたが

 

 

うつ病と言う話を信じては

 

薬を飲み続けているだけだった。

 

 

 

臨床心理士も甘いことを言っては

 

甘えを助長させて

 

 

生活保護の受給者に故意にしていた。

 

 

 

結局は

彼らはボケて認知症になったり。

 

 

心臓が止まり

 

突然死をしたり

 

癌など病気になり。

 

 

早死にをした。

 

 

 

あなたはどうする?