「白い粉」でうつ病で退職。お金はどうする?立ち直るには?

薬害でうつ病そして退職。

抗うつ薬は「白い粉」。
治す方法は別にありますが
現実問題お金のことがあります。
会社は法律は守らないもの。
自分も実際にはよくある話はないのだなと痛感をしました。
今回はうつ病を治す、お金のことに触れます。

 

休職中に退職勧奨。しかし薬害だったとは・・・

休職中に追い込まれることになるか
退職勧奨になるのか。

現実では会社は法律を守らないことが多いです。

 

酷い落ち込みの連続によってうつ病のような状態になった時、

休職によって体調を回復させることも可能です。

しかし精神科・心療内科の治療であるのは

抗うつ薬など向精神薬は「白い粉」

うつ病はこれでは治ることはありません。

治し方が間違っておりさらに体調を悪化させることになります。

こういった業界の裏事情も考えてするのが

治るには必要です。

精神科・心療内科のブログが多くありますが

書いてある内容はすべて同じです。

これらは広告です。

うつ病や統合失調症など精神病、病気というのがあると

広めるためです。

そしてそれを見た人たちがそうかもしれないと思って

行ってしまうわけです。

そしてもともとあるうつ病や統合失調症など精神病

そこに新たに「依存症」の併発もなってしまいます。

うつ病が治るとおもったらうつ病になっていた。

業者が作成しております。

 

退職理由の書き方を参考にして退職届をだして復活に取り組む。

現実では話と違います。
自分は早々にあきらめたと頭に浮かびました。
退職理由の書き方はネットのサイトにありますので
参考にして退職届をだすことにしました。

そして治療に取り組むことにしました。

ですがここで自分がした間違いは

精神科・心療内科を信じてしまったことです。

うつ病の原因は抗うつ薬、向精神薬です。

最初はクスリで気分の改善をすると間違えて自覚をするのですが

成分は「白い粉」。

依存症になるのです。

人間関係がクスリでよくなることはないです。

 

診断書を使い書類を通して

割り切って傷病手当金を受給するのもいいでしょう。

雇用保険、離職票のことも考えておく。

タイミングがあえば

失業保険があったほうがいいです。

精神科医も心理カウンセラーも

お金はくれません。

請求をするだけです。

保険を使い窓口での負担を減らし

精神科医への伝え方は病気という話にしておく。

やり方は制度がこうなっている以上は。

 

うつ病が治るには?

 

うつ病で退職をするのなら割り切って有給をすべて消化する。

うつ病で退職するのでハローワークで仕事探しも始める。

うつ病で退職させたい会社に居てもいいことはありません。

うつ病での退職理由は例文を使って次に行きましょう。

転職時には履歴書にうつ病と書く必要はありません。

うつ病と書くとそれだけで不利です。

面接もですが書類選考で受からないこともあります。

よさげな話をてきとうにされるでしょうが

現実はまったく違います。

精神科・心療内科で騙されてしまったこともいわないでおきましょう。

起業をするのも選択肢にいれておくのもありです。

うつ病で退職を余儀なくされてもここは我慢です。

 

退職挨拶もてきとうに。退職手当が大事。

生活費が必要です。

退職挨拶は形式上でてきとうにしておけばいいです。
どうせもう二度と会わないのです。
なによりも退職手当です。

精神科医や臨床心理士は詐欺師で
調子のいいことを言っては薬を売るだけです。
お金をくれることはないです。

 

お金が得られるようにしましょう。

 

クスリをしてもお金ははいってきません。

うつ病で退職では国民年金の免除もするのはありです。

区役所で免除の手続きをしましょう。

生活保護の受給者になることもありです。

このときも話の上ではうつ病、統合失調症、精神病なので

治療を受けていますとしておく。

精神科・心療内科に最低限だけ行き

嘘を言っておく。

がんばってうつ病が治るために治療をうけますと。

しかしクスリは飲まないで捨てる。

 

しかしいくら休んでも回復の兆しが見えないという時、

そんな時には退職を検討することもあるでしょう。

うつ病の原因のひとつは悪い場所。

退職したら治ったという例もあります。

違う場合は

うつ病が治るのに他に原因があり

行動をしてうつ病が治った。

仕事でも好きな仕事ではうつ病にならないです。

 

しかし退職するといっても、

うつ病で退職する時には

どのような辞め方をしたら良いのかわからない、

夫や妻が?家族が?

うつ病で退職をしてその後は?

という方もいるはずです。

そんな方のために、

うつ病で仕事を辞める時にはどう辞めたら良いのか、

そして辞めた時に不安になるお金に関する事をご紹介します。

 

 

退職したいのは正しい心の声。転職をしよう!

退職したい気持ちは心の声です。
この感情に従い転職をすることで嫌な人間関係から離れることです。

多くは人間関係です。

いい環境に身を置くのがうつ病の完治後にいいのです。

 

完治をする方法はあります。

 

うつ病からの方法は詳しくはこちらでお伝えしています。

 

 

まずうつ病で退職する時の流れに関してですが、

基本的には一般的な退職手続きと

 

 

 

 

同じような流れで進めていきます。

退職理由に関しては会社都合ではなく、

自己都合での退職となる点が注意を払うべき点となりますが、

その理由に関しては後述します。

退職時の仕事の引き継ぎに関してですが、

退職までに休職をしているのであれば

既に他の方があなたの仕事を引き継いでいるため、

不要となる可能性が高いです。

もし退職までに普通に仕事をしていたのであれば、

後任者に対しての引き継ぎをしっかりと行うよう、

注意をしましょう。

 

さて、退職の手続きを済ませて

無事に退職が完了した後ですが、

その後は離職票を持って

失業保険を受け取る手続きを行いにいきましょう。

失業保険は退職後に最長で半年間、

最低でも3ヶ月ほど受け取れるお金で、

これまでの給与から6割ほどのお金を受け取れます。

そしてこの失業保険を受け取る際に重要となるのが、

退職理由が「会社都合か自己都合か」という点になります。

会社都合の退職はリストラや倒産といった

会社の経営が成り立たなくなる状態での解雇に適応される退職理由で、

こちらの場合は失業保険が翌月から受取可能となります。

それに対して自己都合の場合、

失業保険の受け取りが3ヶ月後からとなります。

したがって、

退職後はある程度貯金を切り崩しつつ

3ヶ月ほど凌ぐことになる場合があるため、

注意が必要です。

 

失業保険を受け取りつつうつ病の改善を行い、

改善していくと次に行うのは再就職です。

再就職の方法は多種多様で、

ハローワークの求人を探すという方法もあれば、

求人サイトから探す方法などもあります。

自分にとってよりベストな方法を選択し、

仕事を探していくようにしましょう。

また、退職まではいかなくとも

長期間うつ病で仕事を休む際には

「傷病手当金」というものを受け取れます。

これは仕事長期間休み、

給与を受け取れない状態にある時に

健康保険組合などから受け取れるお金になります。

退職の前にはこの傷病手当金を受け取った上で

症状の回復ができるかどうかを判断した上で、

退職するかどうかを考えてみるのも良いでしょう。

 

IT系のSE、銀行員、美容師、介護職、

会社員以外にも

看護師、警察官、地方公務員、自衛隊、教師、保育士、フリーランスなど

大きな問題です。

 

疲れてしまい無断欠勤、引きこもり

仕事でうつ病で退職。退職を勧められた。

会社からの圧力そして退職強要。

うつ病で退職を勧められたということにしておいて

事実上の強制。

うつ病で退職すべきかと追い込まれる。

 

 

退職金があっても。「退職前のほうが体調がまだよかった。」

退職金を手にして嫌な人間関係から離れる。
そして良かれと思った精神科・心療内科で薬害にあい。
うつ病の発症。

 

「退職前のほうが体調がまだよかった。」

 

これが生還者たちの共通の声です

完治後にみんな気づくことになります。

詐欺にあっている最中は気づきにくいことです。

失敗の後悔。

 

立場に関係はなく管理職も。

 

年代も10代、20代、30代、40代、50代

他にも60代、70代以上も。

 

試用期間でのうつ病、そして退職もあります。

単身赴任で慣れない環境でうつ病、退職。

 

ここでひとつ大きなことがあります。

 

うつ病で退職したい。そんな時の退職理由は?

 

うつ病で退職したい時、夫のうつ病がひどくて退職させたい、

そんな時に知るべきなのが「退職理由の書き方」です。

うつ病の退職理由ですが、

こちらの書き方というのは少々注意が必要となります。

というのも、

一般的に退職理由は「辞める理由」を書くのですが、

うつ病のように精神的な負担であったり

極度の落ち込みが原因となった場合、

「そういった状態になった理由」

退職理由として書く必要があります。

したがって、

うつ病の原因が上司のパワハラなのであれば

「〇〇(上司の名前など)のパワハラ」

といった書き方を退職理由として書くのが

非常に効果的です。

こういった書き方をした退職届ですが、

場合によっては手渡しによる受け取りが

拒否されてしまう場合があります。

そういった時には郵送で送る、

もしくは退職の意志を代理で伝えてくれる

専門業者によるサービスを受けると良いでしょう。

 

上記のような退職理由の書き方をする

理由に関してですが、

もっとも大きな理由としては

退職後に訴訟を起こせる場合があるからです。

こういった一般的な働き方を阻害するような状態で

心身を病んだ場合、

立派な訴訟理由となりますので、

検討してみると良いでしょう。

 

さて、一般的な仕事を行っている方の

うつ病で退職をするケースについてご紹介してきましたが、

教師や保育士であったり、

公務員や地方公務員といった

少々特殊な仕事に就いている方の退職は、

うつ病での退職が可能なのかについてご紹介します。

これらの仕事についてですが、

同様に退職が可能です。

退職理由に関しての書き方も

同様のもので問題ありませんが、

理由に関する部分での制限がより強く

感じる場合などもあるかもしれません。

そういったときにも、

郵送や代行サービスの利用を検討してみると良いでしょう。

 

うつ病は退職をしたら治った?クスリで人間関係が改善することはない。

 

うつ病は薬害と自覚をする。

治るには問題もなくす。

そこには人間関係からのストレスもありますよね?

うつ病は退職をしたら治ったという話があるのは

運がよかったからです。

クスリで人間関係が改善することはないです。

 

仕事でうつ病になった方の中には、

退職をしてからしばらくすると

「あれ?」

と自分でも疑問に思うほどに

うつ病が改善・良くなった、うつ病が治ったという方がいます。

こういった退職した直後に

うつ病の症状が改善していくというのは、

職場環境そのものが非常に悪かった可能性があります。

日本社会というのは怖いもので、

上の言うことは絶対という

精神がしっかりと染み込んでおり、

誰も疑問を持たないままに

劣悪な環境が正であると思い込まされる場合があります。

したがって、

そういった環境による精神状態の悪化が起こった場合、

退職によって環境が大きく改善されると

一気に症状が良くなる場合もあります。

 

さて、うつ病での退職をした後にすべきことといえば、

再就職です。

退職による失業保険も

いつかは受け取れなくなってしまうため、

いつかは再就職し

お金を稼げるようにならないといけません。

そんな時、一人で仕事を探していくのも良い方法ですが、

もし不安があるのなら転職エージェントなど、

専門家の力を借りてみるのもよいでしょう。

うつ病など何かしらの理由によって

退職した方を専門に転職や再就職を

サポートしてくれる方もいますが精神の障碍者雇用となってしまいます。

再就職をするにはうつ病は治るので

普通に就職活動をするのがよいでしょう。

転職エージェントを使うのもいいでしょう。

そのときには「白い粉」のことは話さないようにしましょう。

 

 

最後に、うつ病で退職する際に絶対覚えておくべきこととして

「うつ病が理由で退職勧告をするのは違法行為である」

というものがあります。

うつ病などの病気が理由となって退職をするのは、

自分自身の意志です。

したがって、

そういった病気になったからといって

退職を強制する、勧告するというのは、

法律によって禁止されており、

もし勧告された際には違法行為として

訴訟を起こすことも可能となります。

職場でそういった話が出た際には、

一度このような法律面の話をしてみるのも良いでしょう。

 

うつ病による退職に関する事をご紹介してきましたが、

いかがでしょうか。

 

退職について考える事というのは

普段あまり無いと思いますが、

精神状態が悪化してくると、

どうしても頭の中に退職がちらつくようになります。

こういった時に焦って退職について考えていくと、

どうしても焦りが先行して

最良の選択が取りにくくなってしまいます。

したがって、

今後のことを考えて

「予め調べておく」

というのを意識しておきましょう。

そうすればいざという時にも焦ることなく、

スムーズに最良の選択が取れること間違いありません!