うつ病を隠して転職はできない。様子がおかしいからばれる。

うつ病は依存症、
うつ病を隠して転職は道徳に反しています。

誰でもが覚せい剤・麻薬をしている人と
一緒に働きたくないです。

自分も仲間たちもうつ病を完治して
抜け出したのは

ここで間違いを認めて
問題を片づけて
きっぱりとしてはいけないのをやめた。
精神科医や臨床心理士もやめた。

 

ここが治るか治らないかの
分かれ目です

 

入社・転職してもばれる。休職も薬害で。

それでもしてしまう場合は

会社への入社は

あきらめることです。

 

「うつ病を隠して転職をするには?」

 

この考え自体をやめることが必要でした。

 

当時はうつ病とばれると頭がおかしくと扱われて

自分も仲間たちも辛い日々だった。

 

真実は麻薬と同じ成分の
抗うつ薬など向精神薬漬け、睡眠薬、安定剤で
頭がおかしくなるのです。

 

治るという治療でうつ病になった。

精神科・心療内科の詐欺が原因で
休職をするはめになり。

 

内定取り消しに、転職できたらすぐに辞めさせられる。

あそこでは学生で新卒で就職できた人も

次には内定取り消しになった。

 

就活をしても当然相手にされない。

うつ病を隠して入社をしても辞めさせられる。

 

寛解すると治ったと勘違いをしてしまい

転職できたと喜んだ被害者たちもいた。

しかしすぐにばれる。

 

解雇をされた彼らたちだった。

 

うつ病を隠して仕事するというのは
無責任で自己中心的だった

面があったからだ。

 

傷病手当も一時的。不利な状況。健康診断でも異常が見つかり。

あそこで多かったのが
健康診断をしたら腎臓、肝臓の数値が高い。

 

そしてそのまま

病院から出られないで

死んでいく。

 

彼らや彼女たちはもう人生のやり直しはできない。

手遅れだった。

 

当時は大変だった。

今思えばうつ病が就職に不利なのは当たり前。

差別や偏見という話ではなく。

 

誰でもが怖いと思う。

 

精神科医も臨床心理士も

理解があるようにみえて
結局は薬を売るだけ。
高いカウンセリングの請求。

傷病手当にしても一時的。

予約料に初診料。

 

そして一人がこう言っていた。

 

「うつ病を隠して結婚をしなくてよかった。」

 

彼は完治をしたからわかること。

 

彼は踏みとどまって

 

うつ病という薬害を治る方法で治した。

 

人生のやり直しはできる。

もちろん彼らも這いつくばって

必死だったからできたことで。

 

あのままもしもうつ病を隠して結婚をしていたら

家庭崩壊に離婚もだが

家族に手をかけてしまう危険性もあった。