うつ病で点滴で依存。完治は精神科をやめることから。

うつ病になるのは抗うつ薬で。
成分はあれと同じ。
そしてそれを点滴する。
恐ろしいことです。
依存もするのが当たり前。
精神科の治療で精神に異常をきたす。

 

心療内科の点滴で人生が終わりへ。

ある彼女は精神科医が治すものと

 

誤解をしていた。

 

そのまま症状が重くなっていった。

 

僕も当時は知らなかったので治療で

 

精神科・心療内科で

 

うつ病になるとは思ってもいなかった。

 

 

彼女はよいものと信じて

 

点滴にまで手を出していた。

 

 

今では当時のことを彼女も忘れているが。

 

 

うつ病の点滴。

 

アナフラニール点滴といったものがある。

 

名前の種類はあっても同じもの。

 

しかしこの中身がなにかわかると

 

依存になるのが常識なのは

 

あきらか。

 

 

たしかに有名アーティストたちが

 

使用をしては

 

亡くなるものだから。

 

 

うつ病といったのはこれのこと。

 

 

病院に行く前は

ただのネガティブな感情。

 

重度のうつ病で寝たきりに。強さが変わっても。

嫌なことをアレを使って?

 

それはまさにあの状態。

 

 

彼女も危なかった。

 

 

重度のうつ病という薬害になり

 

寝たきりにもなり。

 

 

 

うつ病とはつくられたもの。

 

 

点滴をするということは

 

これはあれの使用者が

 

注射をすると強さが強くなる。

 

最初は鼻から吸っていたのが

 

それではいけなくなり

 

点滴をするのは

 

あの状態に陥り

 

注射をするのと同じこと。

 

 

かなり状態が危険である。

 

うつ病が重症に。入院で。

遮光という話があるのも

 

使っていればそうなる。

 

うつ病が重症になるのは

 

詐欺師たちの治すという話を

 

信じてしまってから。

 

 

しまいには点滴で改善すると

 

思わされてしまう。

 

 

けっこう多い被害のひとつに

 

食事の拒否がある。

 

これもそういうことだった。

 

 

しまいには入院をした彼女だった。

 

 

僕が仲間たちと面会に行き

 

幸いながら解放病棟だったから。

 

 

説明をした。

 

 

彼女は点滴の跡もなくなり。

 

完治をして

 

良かったと思う。