統合失調症チェック!統合失調症の初期症状から自己診断

もしあなたが日々の生活の中で、

幻覚や妄想に悩まされているとしたら!?

抗うつ薬に精神安定剤、

睡眠薬(睡眠導入剤)、

向精神薬が原因です。

 

「白い粉」と同じ成分。

 

問題が起こってストレスで疲れた。

その状態で見る広告や宣伝。

弱った状態で甘いささやき。

 

 

陽性症状や陰性症状、妄想型といったものは

薬害で発症することです。

 

こうした場合は精神科・心療内科の治療で

先生にしてもらおうと考えがちです。

そこに大きな間違いがあります。

うつ病、統合失調症、精神病はつくられた病気です。

 

統合失調症・うつ病と思っていたら

子供が向精神薬・抗精神病薬をすれば

脳に障害を負う危険もあります。

知的障害と精神病の併発は

実は故意に作られた障害です。

脳が破壊されるのですから。

 

また統合失調症、うつ病だと思い込まされ

抗うつ薬に睡眠薬、精神安定剤

向精神薬は、脳にダメージを与えるので

認知機能障害にもなってしまうので

危ないのです。

 

「自分の中で、何か悪いことが起きているのでは?病気なのでは?」

と不安になりますよね。

自分の症状を心配して、

メンタルヘルスのサイトなどを検索してヒットする病名。

それが「統合失調症」です。

 

安易で簡易な自己診断は、とても危険です。

 

統合失調症のチェックをしてしまうと

病気になる。

 

統合失調症の初期症状は

粉の使用者の軽度の状態。

 

その他にも、統合失調症に関して知っておきたい

基本的な情報をご紹介しています。

ぜひご覧ください。

 

 

統合失調症とはどんな精神病?統合失調症の原因は?

 

 

精神病の一種である「統合失調症」。

ちょっとわかりにくい病名で、なじみがありませんね。

しかし、精神的不調を感じたとき

「自分はどんな種類の精神病の可能性があるのだろう?」

と、病気に関する知識を得たくなるかもしれません。

ここでは、普通の生活をしているとあまり身近ではない

「統合失調症」という病気について、説明していきます。

 

統合失調症、うつ病、精神病

になる前にあるのは

ストレスで脳が疲れた状態です。

 

このあとに抗うつ薬、精神安定剤、向精神薬で

発症となります。

妄想型というのもですが

ニュースになる事件も

向精神薬で頭がおかしいので起こることです。

 

「白い粉」と同じ成分。

 

「白い粉」を飲んでいるのです。

 

「白い粉」すればニュースになる

悲惨な事件、凶悪事件、

殺人事件、交通事故、

 

こうなるのは誰もが知っていることです。

 

同じものをして同じ状態です。

 

統合失調症とは、思考や行動、感情を

1つの目的に沿ってまとめていく能力 (統合する能力) が

長期間にわたって低下し、

その経過中に幻覚、妄想、

ひどくまとまりのない行動が見られる。

 

日常生活を送る能力が低下し、

社会生活が難しくなるという症状 (認知機能障害)。

 

普通に生活していて「幻覚、幻聴、妄想」という症状を

頭がおかしい危ない人と思うのは

ごくごく当たり前のことです。

 

「何かしているのだろう。」と考えるものです。

 

精神病患者への差別。

差別はいけないと訴える団体。

 

実はそう思っているのは

粉の服用でおかしくなっているからです。

 

ひとつの利権になっているのです。

 

精神病の患者という人たちは

わからないままにそういうものだと

間違いを正しいことだと思い込まされています。

 

「私は異常なのかもしれない。私は病気なのかもしれない」

と不安になりますよね。

 

精神科の先生に相談した結果「統合失調症」であると

幻覚・幻聴・妄想になります。

 

統合失調症やうつ病と診断される方が増えています。

 

実はこうした裏の事情があります。

 

そこには宣伝にキャンペーンもあって

公的なところに相談に行くと

担当者もわからないので

とりあえずわからないままに

精神科・心療内科をすすめられてしまう。

 

では、統合失調症にかかる原因は、

いったい何なのでしょうか?

研究によるとなどと話もありますが

よく思い出してください。

 

「正確な原因は不明」

「よくわかっておりません。」

 

そうなのです。

なにかそういうものだといった

雰囲気があるから

そういうものだと思ってしまうのです。

 

自分も思い出すと

あの場所は絵になっているのです。

思い込まされてしまう。

 

そして

ストレスだけが原因で発症する

病気ではないということです。

 

緊張をしてしまう。

あがり症。

人前で話せない。

 

こういったのは

病気ではないです。

 

あがり症だったら

克服をするのは

ある程度の練習が必要です。

慣れの問題です。

 

クスリをするのは関係がありません。

 

内気、引っ込み思案、シャイ

これは性格で個性です。

 

例えばそういう人たちが

外交的な性格を求められる環境にいれば

ストレスになります。

自分の能力の発揮もできません。

 

ストレスもですが

あわない環境もです。

 

こうしたのは社会にも問題があります。

変えようとしない。

子供も

これで被害にあうのです。

 

 

他にもありますのが

 

自分自身に問題があります。

 

例えば自己中。

だらしがない。

甘えている。

すべての責任を他のせいにする。

 

乱れた生活を送れば

病気になります。

 

癌、糖尿病、くも膜下出血、脳卒中などにもなります。

 

この悪い環境に子供がいれば

子供も同じく病気になる可能性が高まります。

 

しかし現状、私たちの周囲には、

かなり多くの統合失調症患者が存在しています。

「統合失調症」ではないのに「統合失調症」だと誤って

診断されてしまった患者が。

 

 

あなたは統合失調症?統合失調症の初期症状とは?

 

 

「統合失調症」という病気は、

 

自分は「統合失調症」だろうと

自己診断するのはとても危険なことです。

 

統合失調症になり

「幻覚、妄想」に悩まされている人は

「自分は深刻な重度の統合失調症かもしれない。」

と、藁にもすがる思いでしょう。

 

初期症状とは

白い粉の使用者が使い出してから

まだそれほどでもない状態。

 

そして粉の量がふえていきます。

使う頻度も増えていきます。

 

そうです。

服用する向精神薬が追加、増える。

一日に3回飲んでも足りない。

頓服薬も追加。

 

そして粉の使用者は注射をします。

 

薬を注射、点滴をする。

 

同じことをしているのです。

 

自律神経もおかしくなります。

脳に障害を負う。

頭痛に偏頭痛も。

アルツハイマー。

認知症。

ボケる。

腎臓病。

肝臓病。

食欲が増える。

糖尿病。

食欲が減る。

栄養失調。

 

てんかんの薬を処方される場合もあります。

これも同じものです。

 

 

他人や家族から統合失調症じゃない?といわれたら病院に行く前にまずチェック!

 

 

もしあなたが「幻覚、妄想」で悩まされているのなら、

他人や家族も

「あれ?この人は様子がおかしいな?

意味不明な独り言ばかり言っている。

もしかしたら統合失調症ではないか?」

と疑っているかもしれません。

 

家族がする支援、サポートは

精神科・心療内科・デイケア

心理カウンセラーのカウンセリング

には行かないことです。

 

向精神薬で発症するのが統合失調症、うつ病、精神病です。

 

まず、ストレスが少ない環境に身を置けるよう、

家族に協力してもらいましょう (会社を休職、学校を欠席)。

 

家族は間違えて

「統合失調症かもしれないから、精神科の先生に診てもらって、

ちゃんと病気だと診断してもらったほうがいいね。

そして薬を処方してもらったほうがいいね」

と思ってしまうのですが。

 

でも、ちょっと待ってください。

精神科の病院に行く前にチェックすべき、

大切なことがあります。

 

精神科・心療内科での「統合失調症」の治療方法は

「服薬治療」です。

この治療方法には大きな問題があります。

 

「統合失調症」の治療に使われる薬は

あの粉の「向精神薬」です。

 

精神科の病院に行かない。

心理カウンセラーのカウンセリングにも行かない。

 

心理カウンセラーのカウンセリングでするのは

治療をしているふりをしては

向精神薬の服用への誘導です。

 

統合失調症を治したいですよね?

 

そのためには、何をすればいいのでしょうか?

以下で説明していきます。

 

 

 

自分が統合失調症だと自覚した場合、私があなたにまずどうしてほしいのかという事。

 

 

精神的不調を感じたとき

「まあ、なんとか我慢して受け流そう」

と耐えられる場合もあります。

 

しかしこうしていても限度を超えると

ぐったりとしてしまいます。

 

ここで向精神薬を服用すると大変なことになります。

 

 

うつ病や統合失調症、精神病は治る。

 

面倒だから、楽にすぐによくしたいと思い

「いっそのこと、精神科の病院に行って、薬を処方してもらおうか」

と思うかもしれません。

 

でも、本当にそれで良いのでしょうか?

 

私があなたに言いたいのは、

家族の協力を得られるのなら

協力を得ましょう。

 

薬に頼らずに病気に立ち向かって欲しいということです。

薬を飲んでしまうと、

統合失調症もうつ病も精神病の完治は望めないのですから。

 

会社や学校に行き続けることは無理です。

会社は休職し、学校は休むようにしましょう。

 

家族の協力があったほうがいいのですが

無理な場合もあります。

その場合は

無理にわかってもらおうとは考えないことです。

 

これはあらゆることであることです。

人生において特別なことではありません。

 

きれいごとで

偽善で

家族ならわかってくれる。

家族にわかってもらう必要がある。

 

こういった話があります。

 

そうでしょうか?

 

上っ面の話はもういいかげんにやめましょう。

 

現実問題どうなっているのか?

 

原因は何か?

 

現実的に状況を客観的に見るのです。

 

 

統合失調症の症状・被害。

 

家族は「怠け者だ」などと思わず、

理解してあげましょう。

 

統合失調症の原因

 

ストレスなどの環境要因

 

ストレスのない環境に身を置くこと。

 

十分な休息をとる。

 

本人も家族も問題になる原因をなくしていく。

 

家庭内に問題の原因があれば

見たくないこともありますが。

 

 

家族は

本人が努力をしているのを支援、サポートです。

 

統合失調症やうつ病、精神病の看護というのは。

 

家族が支えているとわかれば

本人も心強いので

やる気になりやすいです。

 

学校の転校の検討をする。

通信制の学校の検討をする。

仕事の転職先を探す。

人材紹介会社などに連絡を取る。

手作りの料理で食卓を囲み

一緒に過ごし食べて

コミュニケーションをとり、環境をよくする。

 

 

あなたに知っておいて欲しいこと。

 

それは

 

あきらめないこと。