うつ病で疲れた。実はその治療・劇薬が原因です。

うつ病で疲れた。

でもその向精神薬は麻薬です。

そうなのです、まったく逆のうつ病の発症の原因となるのが

精神科・心療内科の治療です。

そして依存症に陥るのでうつ病になります。

最初に一時的に気分を抗うつ薬など向精神薬で上げるのは

次には逆効果となるのです。

気分が逆に下がる、逮捕された人たちと同じに。

または躁うつ病・双極性障害になる。

不安症、不安障害、パニック障害の併発。

幻覚に幻聴に妄想症。

うつ病にさせられているのです。

 

これとは別にもとから抱えている問題も当然あります。

ストレスになる原因。

健康面での問題、不健康な生活。

疲れ、疲労。悪い環境。

だらしがない。など。

うつ病の時は疲れたら休む。

これも必要ですが休めばいいわけではないです。

 

妻や母親に夫、旦那。

家族も。

それに彼女さんでしたら恋人がうつ病で困った。疲れた。

うつ病がいつまでも治らないので

困り果てて疲れた。

 

現実問題では金銭面のこともあります。

しかしここで大事なのは

こうした裏事情があるのです。

うつ病も疲れた状態も詐欺で薬害です。

 

そしてみんな薬物の過剰摂取で死亡をしていきました。

 

 

うつ病で疲れた。詐欺の被害者。

両親が高齢化しても

子供が働かない。

本人もうつ病にさせられてしまい
疲れた状態です。

動けないのです。

 

家族同士で恋人同士で

もめたりしてしまう。

いつまでも働かないで。

 

しかしこうした裏事情があるのです。

 

ここではそうした精神医療と決別をして

完治、治るにはどうしたらいいのか?

そのためのサイトです。

 

うつ病で疲れた。詐欺だったと自覚をしたら

 

よくあるうつ病の治し方。

治す方法というのは忘れてください。

依存症にさせられているのです。

これで疲れた状態に追い込まれているのです。

 

元々ある問題を直す(治す)のに

うつ病だからとでたらめな診断をされておクスリで治すと言われて

らりって依存症にさせられて疲れた状態にされているのです。

 

精神科・心療内科はクズです。

心理カウンセラーのカウンセリングでも甘いことを言われて

癒されたと思ったら

クスリへの誘導をされてしまっているのです。

 

 

うつ病で疲れた。まだ間に合う。

「うつ病でもう疲れた。」

被害者の本人も家族や周囲の人たちも口癖になる。

でもこうしたうつ病で疲れた時があるのは

なくすことができます。

治る方法が間違っているからです。

 

精神科医も心理カウンセラーもクズでお金の無駄遣いです。

治す詐欺なのです。

治らないので寛解を目指すといった話になります。

 

「病気とうまく付き合いましょう。」

「おクスリは一生飲み続けるものです。」

「安全なおクスリです。」

 

これは

最初に薬物依存症になります。

そしてそのまま依存症のままにしておく。

らりっている状態のままで過ごすことです。

 

当然ながら社会復帰をして就職や転職をしても

長く続かないのです。

 

精神の障害者枠で働くというのは

麻薬中毒者で働くということです。

周囲の職場の人たちにしても

とても危ないことです。

危険物を飲んでいるのですから。

 

 

まとめ うつ病で疲れた。

うつ病の原因は精神科・心療内科です。

疲れた気持ちはわかります。

大変ですから。

しかしまだ間に合うのです。

 

自分も人生をやり直したのでわかるのは

死んでしまったら無理です。

 

多くの人たちが

うつ病ということで向精神薬漬けになり
過剰摂取で死亡しました。

 

ここで覚悟を決めて

死ぬ気がするのです。

 

うつ病で疲れた。詐欺だったと自覚をしたら